ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

訪中した金正恩氏の特使が帰国ギリギリで習近平主席と会談。垣間見える中国側の苛立ち

 

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問している朝鮮人民軍総政治局長の崔竜海氏は5月24日、北京の人民大会堂で習近平国家主席と会談し、金正恩氏の新書を手渡した。
 習氏との会談は崔氏の帰国ギリギリになって実現したもので、このところの北朝鮮の行動に対する苛立ちが見て取れる。

 崔氏はまず5月22日に、中国共産党の王家瑞中央対外連絡部長と会談した。中国共産党の対外連絡部は、党としての外交政策を担当する部署。一方、諸外国に対する諜報活動を実施するというウラの顔も持ち合わせている。

 王部長は北朝鮮との外交を担当してきた人物で、北朝鮮側とのパイプが豊富。金第1書記と会談した経験もある。会談があったこと自体は政府系メディアが報じているが、その内容は明らかになっていない。

 続いて23日、崔氏は劉雲山中国共産党政治局常務委員(党内序列5位)と会談した。崔氏は「朝鮮半島問題を対話と協議への軌道へ戻すことに向 けた中国側の多大な努力を高く称賛する。中国側の提案を受け入れ、関係各国と対話を繰り広げたい」と述べ、中国側から北朝鮮に対して対話路線に戻るよう提案があり、北朝鮮もこれを了承したことを明らかにした。

 習氏との会談は崔氏が帰国するギリギリのタイミングである24日午後5時に行われた。金第1書記の親書を持つ崔氏が習氏に会えずに帰国した場合、今回の訪中は失敗に終わるところであった。中国側はあえて習氏との会談を最後の最後まで引き延ばした可能性が高い。
 会談で習氏は「朝鮮半島の非核化と安定は重要なテーマである」として、朝鮮半島の非核化と6カ国協議の再開について言及した。これに対して崔氏は、非核化については明確な返答を避けたものの「6カ国協議を含め、対話の道を模索したい」として、北朝鮮が6カ国協議の再開に前向きであることを強調した。

 中国側は北朝鮮による度重なる挑発行為や日本との独自外交について表面的には静観していたが、実際にはかなりの苛立ちを募らせていたと考えられる。その最大の理由は、北朝鮮の独自の動きを放置すれば、米国と北朝鮮が直接交渉を行い、中国が蚊帳の外に置かれる可能性があったからである。
 中国は6月に習氏の米国訪問を控えており、北朝鮮がこれ以上、挑発行為を行ったり、独自の外交を展開することは容認できない状況であった。

 中国と北朝鮮との間の実務的な交渉は、22日の王氏との会談で実施された可能性が高い。会談内容は公表されていないが、中国が北朝鮮に対して、挑発行為や米国との単独交渉を自制するようクギを刺し、北朝鮮側がこれに応じたと考えられる。北朝鮮が中国側の要求を受け入れたことで、劉氏との会談や最終的には習氏との会談が実現した。

 今回の会談によって、中国側が北朝鮮に対して6カ国協議への参加を促し、北朝鮮がこれを受け入れるという図式が成立した。中国は6月に予定されている米中首脳会談において、朝鮮半島問題の直接的な当事者として米国と交渉することが可能となった。とりあえず中国は、米国と北朝鮮が独自に話を進めてしまうという状況に対してはストップをかけることができたといってよいだろう。

 - 政治 ,

  関連記事

abe201405
集団的自衛権見直しの報告書提出へ。ただ公明への配慮から閣議決定時期は流動的

 集団的自衛権の行使に関する憲法解釈見直しを議論している安倍首相の私的懇談会は、 …

roujin02
生活保護世帯が過去最多を更新。制度のもっとも大きな問題点は何か?

 厚生労働省は2013年12月11日、9月に生活保護を受けた世帯が159万911 …

hasimoto2
維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞 …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

kokkaigijido02
選挙権の年齢が18歳以上に引き下げ。しかし成人年齢は20歳のまま

 選挙権の年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が2015 …

no image
韓国ソウルの放射能アルファルト問題。結局住民は大量被曝していた

 昨年11月に韓国ソウル市内のアスファルトから高い放射能が検出された問題で、ソウ …

danboukigu
日本の温室効果ガス削減は家庭の省エネ頼み。断熱ゼロで寒い日本の家がさらに寒くなる

 地球温暖化対策の国連会議COP21において、パリ協定が締結されたことで、温暖化 …

sanpeter
中国がバチカンに台湾との断交をあらためて要求。なぜ両者は対立しているのか?

 ローマ法王庁(バチカン)と断交状態にある中国政府は、新しくローマ法王に就任した …

cameron
英国のEU離脱論に米国が懸念を表明。キャメロン首相は苦しい立場に

 EUからの離脱論が高まっている英国に対して、EUと米国が懸念を表明している。  …

kerrykishida
岸田外相がケリー国務長官と会談。米国が日本の自制を強く望んでいることが明らかに

 安倍首相と共に訪米した岸田文雄外相は22日、ホワイトハウスで行われた日米首脳会 …