ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をかけている。

 スターバックスは、中国を最大の成長機会と位置づけ、中国展開を強化している。同社はブランドに対する意識が高く、米本社の意向が絶対という会社である。だが中国市場については別格で、中国対応で大幅な組織改変を行い、中国法人に大幅な権限委譲を行った。

 中国および中華圏では、スターバックス・オリジナル月餅など、他では見られないユニークな商品が並ぶ。

 現在、中国には約50都市に600店舗近く出店しているが、今後はそのペースを加速し、2015年までに店舗数を1500店舗以上にする計画だ。

 中国市場はボリュームが他とはケタ違いだ。スターバックスに限らず、自分達のやり方を押し付けるのが好きな米国人も、中国だけは別扱いというケースは多い。中国だけはダブルスタンダードがまかり通ってしまうのである。

 ビジネスでそのような状況となっているならば、当然それは外交問題にも適用されることになる。不条理な話だが、それが現実である。
 米国は、表向きは中立あるいは日本を支援するスタンスを示しつつ、ウラでは日中対立を煽る工作を積極的に行っているフシがある。

 日本人はこういったことに鈍感だ。中国やロシアを相手にしていると思っていたら、いつの間にか米国との戦争になってしまったが、かつての太平洋戦争である。
 単純な嫌中/媚中、嫌米/親米では、国際社会で生き延びることはできないのだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

2+2kaiken02
日米2+2閣僚会合は、ポスト戦後時代が現実にスタートしたことの象徴

 日米両政府は10月3日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2 …

sonyhirai
ソニーが最悪のタイミングで増資を発表。もはやグローバル企業ではなくなった?

 ソニーが突然、公募増資などによる最大4400億円の資金調達を発表した。業績回復 …

no image
イタリアで地震予知の専門家に実刑というトンデモ判決。だがこれは別の見方もできる

 イタリアで22日、大地震の予知ができなかったとして、同国の地震予知の専門家ら7 …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

hagel04
米国防長官が史上最大規模の軍縮プランを発表。背景には米国の変質と兵器ハイテク化

 ヘーゲル米国防長官は2014年2月24日、米軍の戦力を第2次世界大戦以前の規模 …

hakushokubunri
インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立て …

factoryline
新興国の失業率が増加傾向。世界経済の枠組みは大きく変わりつつある

 ILO(国際労働機関)は2014年1月21日、雇用情勢に関する年次報告書を発表 …

nichigin
12月はマネーストックの伸びが鈍化。一方で物価は上昇が続いている

 日銀は2014年1月15日、2013年12月のマネーストック(マネーサプライ) …

nihonen
マイナス金利なのに海外投資家が日本国債を積極的に買う理由

 このところ日本国債を積極的に購入する海外投資家が増加している。だが、それは日本 …