ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をかけている。

 スターバックスは、中国を最大の成長機会と位置づけ、中国展開を強化している。同社はブランドに対する意識が高く、米本社の意向が絶対という会社である。だが中国市場については別格で、中国対応で大幅な組織改変を行い、中国法人に大幅な権限委譲を行った。

 中国および中華圏では、スターバックス・オリジナル月餅など、他では見られないユニークな商品が並ぶ。

 現在、中国には約50都市に600店舗近く出店しているが、今後はそのペースを加速し、2015年までに店舗数を1500店舗以上にする計画だ。

 中国市場はボリュームが他とはケタ違いだ。スターバックスに限らず、自分達のやり方を押し付けるのが好きな米国人も、中国だけは別扱いというケースは多い。中国だけはダブルスタンダードがまかり通ってしまうのである。

 ビジネスでそのような状況となっているならば、当然それは外交問題にも適用されることになる。不条理な話だが、それが現実である。
 米国は、表向きは中立あるいは日本を支援するスタンスを示しつつ、ウラでは日中対立を煽る工作を積極的に行っているフシがある。

 日本人はこういったことに鈍感だ。中国やロシアを相手にしていると思っていたら、いつの間にか米国との戦争になってしまったが、かつての太平洋戦争である。
 単純な嫌中/媚中、嫌米/親米では、国際社会で生き延びることはできないのだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

MAC
マクドナルドが7年ぶり減益。だが原田マジック消滅との報道は過剰反応

 日本マクドナルドホールディングスは3月19日、株主総会を開催した。同社の201 …

renzi
イタリア政局混迷再び。新首相候補レンツィ氏は爽やか系チョイ悪オヤジ

 イタリアの政局が再び混迷の度合いを高める可能性が高まってきた。1年ほど大連立政 …

trump201603
指名獲得に近づいたトランプ候補。驚くべきことに、政策をよく見るとオバマ政権にそっくり

 米大統領選における序盤のヤマ場といわれるスーパーチューズデーで、共和党のトラン …

jutakugai
低所得者層でなぜか持ち家比率が急増。そのカラクリはつまらない話だった

 持ち家を購入する世帯が増加していることが総務省の家計調査で明らかになった。20 …

Ronald Reagan02
横須賀に後継空母の配備が正式決定。日本から空母がいなくなる事態は何とか回避

 米海軍は、神奈川県横須賀基地に配備している第七艦隊の主力空母「ジョージ・ワシン …

asakusa02
訪日外国人観光客は海外旅行に出かける日本人の1.3倍も消費している

 政府は2015年6月5日、観光立国推進閣僚会議を開催し、訪日外国人を2000万 …

no image
企業の倒産件数が激減。だがそれは、銀行のあたらな時限爆弾に過ぎない

 銀行の過剰な国債保有が懸念されている中、銀行のあたらたな時限爆弾の存在が明らか …

trumpchina
米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡 …

icijpanama
パナマ文書が公開。三木谷氏の名前もあるが、大した話ではない可能性が高い

 ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)は2016年5月16日、タックスヘイ …

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …