ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の李首相がドイツでメルケル首相と会談。気をよくしたのか対日批判「舌」好調

 

 中国の李克強首相は5月26日、ドイツを訪問しベルリンでメルケル首相と会談した。現在、中国とEUにおける懸念材料となっている太陽光パネルの関税問題について双方が対話による解決を目指すことで一致した。

 中国とドイツの関係は現在非常に良好な状態にある。中国にとって欧州は米国と並ぶ最大の貿易相手国だが、とりわけドイツとの関係は深い。
 メルケル首相はこれまで財界人を連れて何度も中国を訪問しているが、ドイツは中国が抱えるチベットの人権弾圧問題を完全に封印しており、中国側から高く評価されている。
 今回の李氏の訪独にあたってもドイツ国内では、チベット問題を批判する動きが一部に見られたものの、国際問題にする雰囲気はほとんどなく、話題は中国との経済関係に終始した。

 EUは現在、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸出しているとして、中国製の太陽光パネル製品に関税を課すよう加盟国に提案している(本誌記事「EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も」参照)。
 中国はなんとしてもこれを回避したい方針で、友好関係にあるドイツを通じてEUに影響力を行使しようと考えている。自由貿易の推進論者が多いドイツでは、EUの課税措置に対する反対意見も根強く、中国に対して協力的といわれる。ドイツとしては中国に貸しを作ることで、ドイツ製品の輸出でさらに有利な条件を引き出すことを狙っている。

 李氏はドイツ訪問に際して、「EU加盟国の中で最初にドイツを訪問したことは、中国政府がドイツとの関係を強く重視していることの表れである」との談話を発表しているが、これは額面通りに受け取って良いだろう。
 良好なドイツとの関係に気をよくしたのか、李氏はポツダム市において1945年のポツダム宣言を引き合いに、日本に対する批判を繰り返した。一連の日本批判の中では尖閣諸島は日本から奪われたものという発言まで飛び出している。

 ドイツでは、メルケル首相との会談に続いて、地方指導者と会談や中独関係のイベント出席、産業界との交流などの日程を消化し、帰国の途につく予定。
 今回、李氏はドイツ訪問の前に、インド、パキスタン、スイスの3カ国を訪問している。インドでは国境紛争を解決し両国の関係性を深めることで合意したほか、スイスでは金融分野における対話メカニズムを構築することで合意した。今回の訪問は、首相に就任してから初めての外遊となるが、李氏は十分な成果を手に帰国することができたといえるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

kouki9
トルコによる中国製装備の調達問題で浮上した、軍事技術汎用化という課題

 NATO(北大西洋条約機構)のラスムセン事務総長は10月7日、NATO加盟国の …

nodae02
ここまでプライドを捨てられればご立派!。野田首相が選挙に自信がなく比例重複立候補

 民主党代表の野田佳彦首相は12月の総選挙において、比例代表に重複立候補する意向 …

higasikokubaru
東京人はマジメ?東国原氏が関西に撤退したのは猪瀬氏有利との調査結果がきっかけ

 日本維新の会は、次期衆院選挙において前宮崎県知事の東国原英夫氏を比例単独で近畿 …

hasimoto2
橋下氏が公務員批判のボルテージをアップ。そろそろ基本的な論点整理が必要なのでは?

 日本維新の会共同代表で大阪市長の橋下徹氏が公務員批判のボルテージを上げている。 …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

no image
朴槿恵(パククネ)次期大統領候補が死刑廃止に反対を表明。性犯罪者への厳罰を想定

 韓国の次期大統領候補者である朴槿恵氏が、死刑制度廃止に反対する意向を明らかにし …

jitensha
自転車の輸入業者に1億8900万円の賠償判決。そこからある光景を邪推すると?

 自転車の欠陥が原因で転倒し重傷を負ったとして、茨城県の男性らが自転車の輸入業者 …

hoikuen
都が子どもの声を騒音条例から除外との報道。正論だが手続きに問題はないのか?

 このところ保育園などにおける子供の声をめぐる議論が活発になっているが、東京都は …

kenpoukaisei
憲法改正の動きが本格化?だが本当にまともな憲法が自主制定できるのか疑問との声も

 憲法改正をめぐり、まずは「総議員の3分の2以上の賛成」を必要とする現憲法96条 …

kusuri02
混合診療拡大へ。金持ち優遇かどうかという単純論争は本質を見誤らせる可能性あり

 政府は規制改革の一貫として混合診療の拡大に乗り出す。現在、日本では公的保険を適 …