ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、ヘルスケア産業の強化、FTA(自由貿易協定)の比率引き上げ、インフラ輸出などが主な柱となっている。市場の期待に反して目新しさに欠ける内容となっており、場合によっては失望を誘う可能性も出てきた。

 政府の産業競争力会議ではこれまで成長戦略に関する議論が続けられてきたが、会議は当初から分裂ぎみの状態であった。
 事務局(経済産業省が中心)の意向に近い民間議員による従来型の産業支援策を主張するグループと、規制緩和を軸とする競争政策を主張するグループで提言内容がバラバラになっていたからだ(本誌記事「産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に収支する可能性大」)。

 5月29日の会合では成長戦略に対する基本的な考え方について議論されたが、基本的には官僚サイドの主張を軸に部分的に競争政策推進派の意見が取り入れられた形となっている。一時は競争政策派が巻き返しを図る動きが見られたが、大胆な規制緩和は成長戦略には盛り込まれない可能性が高くなってきた(本誌記事「安倍首相が竹中氏の「特区」プランを採用。外資誘致、カジノなど刺激的なプランが並ぶ」参照)。

 成長戦略は①日本産業再興プラン、②戦略市場創造プラン、③国際展開戦略という3つの項目で構成されている。
 日本産業再興プランの柱となるのは、設備投資の支援策である。内容は税制措置によって古くなった設備の更新を促したり、導入した先端設備が急激に値下がりするリスクの一部を国が負担する新しいリース制度の導入など、どちかというと後ろ向きな内容となっている。雇用制度改革や特区の設置といった競争政策を軸としたプランは副次的な位置付けだ。

 戦略市場創造プランは、ヘルスケア産業の育成や適正なエネルギー需給、民間資金を活用した老朽インフラの更新といった項目が並ぶ。ただエネルギー需給の項目では筆頭に石炭火力の環境規制緩和が出てくるなど、電力不足に対する緊急対策という印象が強く、戦略的プランとは言い難い。
 国際展開戦略は、従来から議論されてきた通り、FTAの拡大とインフラ輸出の強化をうたっている。FTAについては貿易の70%をFTA対象とすることを念頭に置く。

 6月の正式発表までの間には、さらに議論が重ねられることが予想され、この骨子がそのまま成長戦略となるののかは分からない。ただ、市場は大胆な競争政策を望んでおり、現在の株高を主導している外国人投資家は特にその傾向が強い。仮に最終的な成長戦略がこの内容から大きく変更されなかった場合、市場からはアベノミクスが「後退」したとみなされる可能性もある。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

putingunjiryoku
プーチン大統領が雇用対策から武器輸出強化を表明。苦しいロシアの台所事情

  ロシアのプーチン大統領は2014年7月7日、国内の雇用を創出するため武器輸出 …

g20german
G20の声明文から反保護主義の文言が消滅。今後は露骨なパワーゲームの時代へ

 ドイツのバーデンバーデンで開催されていたG20(主要20カ国の財務相・中央銀行 …

kisho
気象庁が津波警報の発表方法を変更。初期段階では高さではなく「巨大」な津波と表現

 政府は3月8日、気象庁が発令する注意報と警報の上に「特別警報」を新設することを …

shakaihoshouseidokaikaku
社会保障制度改革の具体策を議論する会議がスタート。サービス水準低下は不可避

 政府は2014年7月17日、社会保障制度改革推進会議の第1回会合を開催した。こ …

kasutoro
カストロ議長が死去。キューバに厳しいトランプ大統領の誕生で両国関係はどうなる?

 キューバ革命を起こし、反米的な社会主義政権を50年以上にわたって率いてきたフィ …

chinajojohaisi
中国で中央政府直系の国有企業初が初の上場廃止

 中国の上海証券取引所に上場していた中国の国有企業「中国長江航運集団南京油運」が …

wall
米司法当局が金融機関を次々に提訴。民主党系のNY州司法長官はヤル気マンマン

 米国の司法当局が、サブプライム・ローンに絡んで、相次いで金融機関を提訴している …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

nec
NECのスマホ事業撤退は、日本型ガラパゴス産業の象徴?

 これまでNTTドコモと二人三脚で携帯電話事業を展開してきたNECが、スマホから …

toshibakessan
東芝が監査法人の適正意見なしで決算発表を強硬。日本市場はとうとうレッドラインを越えた

 経営危機に陥っている東芝は2017年4月11日、2度にわたって延期していた20 …