ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、ヘルスケア産業の強化、FTA(自由貿易協定)の比率引き上げ、インフラ輸出などが主な柱となっている。市場の期待に反して目新しさに欠ける内容となっており、場合によっては失望を誘う可能性も出てきた。

 政府の産業競争力会議ではこれまで成長戦略に関する議論が続けられてきたが、会議は当初から分裂ぎみの状態であった。
 事務局(経済産業省が中心)の意向に近い民間議員による従来型の産業支援策を主張するグループと、規制緩和を軸とする競争政策を主張するグループで提言内容がバラバラになっていたからだ(本誌記事「産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に収支する可能性大」)。

 5月29日の会合では成長戦略に対する基本的な考え方について議論されたが、基本的には官僚サイドの主張を軸に部分的に競争政策推進派の意見が取り入れられた形となっている。一時は競争政策派が巻き返しを図る動きが見られたが、大胆な規制緩和は成長戦略には盛り込まれない可能性が高くなってきた(本誌記事「安倍首相が竹中氏の「特区」プランを採用。外資誘致、カジノなど刺激的なプランが並ぶ」参照)。

 成長戦略は①日本産業再興プラン、②戦略市場創造プラン、③国際展開戦略という3つの項目で構成されている。
 日本産業再興プランの柱となるのは、設備投資の支援策である。内容は税制措置によって古くなった設備の更新を促したり、導入した先端設備が急激に値下がりするリスクの一部を国が負担する新しいリース制度の導入など、どちかというと後ろ向きな内容となっている。雇用制度改革や特区の設置といった競争政策を軸としたプランは副次的な位置付けだ。

 戦略市場創造プランは、ヘルスケア産業の育成や適正なエネルギー需給、民間資金を活用した老朽インフラの更新といった項目が並ぶ。ただエネルギー需給の項目では筆頭に石炭火力の環境規制緩和が出てくるなど、電力不足に対する緊急対策という印象が強く、戦略的プランとは言い難い。
 国際展開戦略は、従来から議論されてきた通り、FTAの拡大とインフラ輸出の強化をうたっている。FTAについては貿易の70%をFTA対象とすることを念頭に置く。

 6月の正式発表までの間には、さらに議論が重ねられることが予想され、この骨子がそのまま成長戦略となるののかは分からない。ただ、市場は大胆な競争政策を望んでおり、現在の株高を主導している外国人投資家は特にその傾向が強い。仮に最終的な成長戦略がこの内容から大きく変更されなかった場合、市場からはアベノミクスが「後退」したとみなされる可能性もある。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

jobuzu
ジョブズ氏に関する新しい伝記が話題に。どっちのジョブズ氏がホンモノか?

 米国で発売されたアップル創業者スティーブ・ジョブズ氏の伝記が話題となっている。 …

newvaio
ソニーのVAIO分社化が完了。パソコンの手離れで市場の関心はいよいよTV事業へ

 ソニー経営再建の焦点となっていたパソコン事業分社化がひとつの節目を迎えた。投資 …

abeusa
日本を米国並みのベンチャー大国にするという首相の驚愕発言がもたらすリスク

 訪米中の安倍首相が米国人を前に大胆な発言を連発している。9月25日、ニューヨー …

ecb02
欧州中央銀行がとうとう量的緩和を示唆。一気にドル高が進む?

 ECB(欧州中央銀行)がとうとう量的緩和の実施に踏み切る可能性が出てきた。20 …

dentsu
労働時間を一気に2割削減するという電通の働き方改革は実現可能か?

 新入社員の過労自殺事件を受け、労働基準法違反で起訴された電通が、労働環境改善に …

jetstar
国内主要LCC3社がようやく黒字化。だが日本における空のガラパゴスは変わらず

 国内主要LCC(格安航空会社)の2015年度決算が出揃い、3社がすべて黒字化し …

inrakku02
タイのインラック首相がとうとう失職。7月の総選挙に向けて混迷の度合いが深まる

 タイの政局がますます混迷の度合いを深めてきた。タイの憲法裁判所はインラック首相 …

huawei
米議会が華為技術(Huawei)に対する正式な調査報告書を公表。ソフトバンクはどうする?

 中国の通信機器大手、華為技術(Huawei-ファーウェイ)と中興通訊(ZTE) …

japandisprei
事実上のジャパンディスプレイ救済策。今度は有機EL事業を統合

 国策ディスプレイ・メーカーであるジャパンディスプレイ(JDI)は2016年12 …

caterpilar
世界経済の映し鏡である米キャタピラーの決算。中国景気失速の影響で売上は大幅減

 米建設機械大手のキャタピラーは10月23日、7~9月期の決算を発表した。キャタ …