ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

OECDが付加価値ベースで見た自国産出割合を発表。日本は世界1位なのだが・・・

 

 経済協力開発機構(OECD)は5月28日、世界貿易機関(WTO)と共同で、貿易総額ではなく付加価値に着目し、その価値がどこで創出されたのかを分析した報告書を発表した。それによると、日本は国内で消費する製品やサービスの付加価値のうち、88%が国内で創出されていることが分かった。この割合は40カ国中、第1位である。

 OECDは2013年1月、付加価値に着目した貿易統計の結果を発表している。
 それによると、2009年における日本の輸出総額は米国向けよりも中国向けの方が多いが(現在は中国が低迷し拮抗している)、付加価値ベースでは米国と中国は逆転する。

 また日本が得ている付加価値ベースの貿易黒字は、ほとんどが米国向けであり、中国向けはほぼゼロとなる。それは中国に輸出した製品が、中国で組み立てられ最終的には米国に輸出されているからである。

 今回の報告書はこの付加価値ベースの貿易統計をもとに、国内で消費される製品やサービスの付加価値のうち、どの程度が国内で創出されているのかを分析している。
 日本は国内で創出される割合が88%と最も高く、次いでブラジル、米国、中国、インドネシアが続いている。逆に国内で創出される付加価値の割合がもっとも低かったのは欧州の金融国家ルクセンブルグであった。

 国内で生み出される付加価値の割合が高いという状況は2通りの解釈ができる。国内での製品やサービスの開発能力が高く国内の産業ですべての付加価値をカバーできるという解釈と、市場が閉鎖的、硬直的で消費者は国産の製品やサービスの購入を強いられているという解釈である。
 上位5カ国のうち、ブラジル、中国、インドネシアは、発展途上国であり、市場の機能が不完全である可能性が高い。これらは後者の解釈が妥当であろう。一方米国は、間違いなく前者になる。米国は中国などから莫大な量の輸入を行っているが、米国が輸入するのは付加価値が低い製品ばかりである。米国は付加価値の高いものを生産しており、付加価値ベースでの自国生産比率は高い。

 日本の解釈は微妙である。確かにブラジル、中国、インドネシアと比べれば日本の産業は圧倒的な厚みがある。だが日本は米国と比較すると、付加価値の低い産業が多い。それにも関わらず、付加価値ベースの自国生産比率が高いということは、日本は米国よりも市場が硬直した状態にあることが推察される。

 日本は付加価値の低いものは思い切って輸入に切り替え、付加価値がより高い産業にシフトすることが求められているといえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

boeing777x
東レが現地工場を建設しボーイングに炭素繊維を長期供給。製造業のモデルケースに

 東レは2014年11月17日、米ボーイング社から航空機向け炭素繊維複合材を長期 …

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …

laferrari
景気低迷でもフェラーリやランボルギーニの限定モデルが飛ぶように売れるワケ

 世界経済の回復を先取りしているのか、欧州で超高級車が飛ぶように売れている。イタ …

souzouteki
日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求 …

enpirestate
摩天楼の象徴エンパイアステートビルが上場。米国の不動産市場は絶好調

 ニューヨークの摩天楼を象徴といわれる超高層ビル「エンパイアステートビル」が10 …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

doragi02
欧州の長期金利上昇が日本にも波及。日銀に残された時間は少ない

 欧州の長期金利が上昇している。ECB(欧州中央銀行)が量的緩和策の縮小を検討し …

chiamujinki
日本を尻目に中国が着々と無人機を開発。ガラパゴスの影響はこんなところにも

 航空業界の国際見本市「北京国際航空展」が9月25日から中国・北京で開催されてい …

mothers
従来の説はほとんどウソだった。日本でベンチャー企業が発達しない本当の理由。

 日本でベンチャー振興が叫ばれてから久しいが、一向にベンチャー企業が盛り上がる気 …