ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

OECDが付加価値ベースで見た自国産出割合を発表。日本は世界1位なのだが・・・

 

 経済協力開発機構(OECD)は5月28日、世界貿易機関(WTO)と共同で、貿易総額ではなく付加価値に着目し、その価値がどこで創出されたのかを分析した報告書を発表した。それによると、日本は国内で消費する製品やサービスの付加価値のうち、88%が国内で創出されていることが分かった。この割合は40カ国中、第1位である。

 OECDは2013年1月、付加価値に着目した貿易統計の結果を発表している。
 それによると、2009年における日本の輸出総額は米国向けよりも中国向けの方が多いが(現在は中国が低迷し拮抗している)、付加価値ベースでは米国と中国は逆転する。

 また日本が得ている付加価値ベースの貿易黒字は、ほとんどが米国向けであり、中国向けはほぼゼロとなる。それは中国に輸出した製品が、中国で組み立てられ最終的には米国に輸出されているからである。

 今回の報告書はこの付加価値ベースの貿易統計をもとに、国内で消費される製品やサービスの付加価値のうち、どの程度が国内で創出されているのかを分析している。
 日本は国内で創出される割合が88%と最も高く、次いでブラジル、米国、中国、インドネシアが続いている。逆に国内で創出される付加価値の割合がもっとも低かったのは欧州の金融国家ルクセンブルグであった。

 国内で生み出される付加価値の割合が高いという状況は2通りの解釈ができる。国内での製品やサービスの開発能力が高く国内の産業ですべての付加価値をカバーできるという解釈と、市場が閉鎖的、硬直的で消費者は国産の製品やサービスの購入を強いられているという解釈である。
 上位5カ国のうち、ブラジル、中国、インドネシアは、発展途上国であり、市場の機能が不完全である可能性が高い。これらは後者の解釈が妥当であろう。一方米国は、間違いなく前者になる。米国は中国などから莫大な量の輸入を行っているが、米国が輸入するのは付加価値が低い製品ばかりである。米国は付加価値の高いものを生産しており、付加価値ベースでの自国生産比率は高い。

 日本の解釈は微妙である。確かにブラジル、中国、インドネシアと比べれば日本の産業は圧倒的な厚みがある。だが日本は米国と比較すると、付加価値の低い産業が多い。それにも関わらず、付加価値ベースの自国生産比率が高いということは、日本は米国よりも市場が硬直した状態にあることが推察される。

 日本は付加価値の低いものは思い切って輸入に切り替え、付加価値がより高い産業にシフトすることが求められているといえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

apple02
チャイナモバイル効果が出てきたアップル。利益率が急速に改善

 米アップルは2014年1月23日、2014年1~3月期決算を発表した。売上高は …

runesasu002
日本のモノ作りがダメになった本当の理由は、「新しもの好き」を止めてしまったから

 製造業は衰退したとのイメージが強い米国だが、半導体の分野ではその存在感がますま …

yahoojapan vs us
ヤフージャパンが絶好調。だが日本型ガラパゴス企業への道を着々と歩んでいる

 ヤフージャパンは29日、2013年3月期(通期)の業績を上方修正すると発表した …

abe20160802
総額28兆円の経済対策。実質的な金額は6兆円にとどまり、効果は限定的

 政府は2016年8月2日、総額28兆円を上回る経済対策を閣議決定した。金額だけ …

kankokuginkou
日本としてはラッキー?失効した日韓通貨スワップ協定を中国が肩代わり

 韓国の中央銀行にあたる韓国銀行6月27日、中国との間で、緊急時に通貨を融通し合 …

imd
世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27 …

singapol
習近平氏はシンガポール型経済システムに着目。だが実現は絶望的?

 新しく中国共産党総書記に就任した習近平氏が、問題山積の中国の現状に対してどのよ …

beijing
中国経済の実態を表す「本物」の経済統計が発表。格差は世界最悪の水準

 中国経済の本当の姿を示す調査結果が市場で話題となっている。四川省の大学が失業率 …

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …