ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

OECDの世界経済見通し。日本は好調だが10兆円の景気対策による影響が大きいと指摘

 

 経済協力開発機構(OECD)は5月29日、2013年の世界経済見通しを発表した。全世界のGDP成長率は3.1%となり、前回(2012年11月)見通しの3.4%から下方修正となった。欧州と中国の見通しが大きく落ち込んだほか、米国もわずかだが引き下げとなった。一方、大型の景気対策を実行している日本は上方修正となっている。
 好調な米経済と下方修正となりながらも相対的に高い成長率を維持している中国が世界全体をリードし、欧州が足を引っ張る構図が明確になりつつある。

 米国の成長率見通しは1.9%で前回の2.0%からわずかに下方修正となった。中国は7.8%で前回の8.5%からは大きく減少しているが、相対的には極めて高い成長率を維持している。

 日本は前回の見通しでは0.7%だったが今回は1.6%に上方修正となった。日銀による量的緩和策と、今年1月に成立した2012年度補正予算(総事業費20兆円、政府支出10兆円の緊急経済対策)の影響が考慮された。

 一方、欧州の景気は失速していることが明確になった。欧州の失速は、EUやIMFの見通しがすでに発表されていることから予想の範囲内であったが、前回見通しのマイナス0.1%からマイナス0.6%に大幅な下方修正となっている(本誌記事「EUが経済成長見通しを下方修正。緊縮財政は事実上棚上げか?」参照)。
 イタリアはマイナス1.0%からマイナス1.8%に、スペインはマイナス1.4%からマイナス1.7%に、ギリシャはマイナス4.5%からマイナス4.8%にそれぞれ引き下げられた。これまでは比較的好調だったドイツも欧州全体に足を引っ張られ0.6%から0.4%に下方修正となっている。フランスはマイナス0.3%になり、とうとうマイナス成長に転じた(前回は0.3%)。
 OECDは欧州に対して、若年層の失業が構造的な問題にならないうちに、労働市場改革を実施する必要があると指摘している。一方、EUは加盟国に対する財政赤字削減目標の緩和を決定しており、ドイツが主導してきた緊縮路線からの転換を表明している(本誌記事「EUが加盟6カ国の財政目標を阪和。とうとう緊縮財政からの転換を表明」参照)。痛みを伴う労働市場の改革に欧州諸国がどれだけ本気で取り組むのかは不透明だ。

 2014年以降については、全体的に景気は持ち直すとしており、特に米国については2.8%という高い成長率を予測している。ただ、景気下降リスクは縮小しているものの、まだ予断を許さない状況だと報告書は指摘している。

 - 経済 ,

  関連記事

yahoo
ヤフーがメール「覗き見」広告をスタート。インテリジェンス関係者の間で密かな話題に!

 ヤフージャパンがいよいよ電子メールの内容解析を使った広告戦略を本格展開する。こ …

myanmer
ミャンマーの携帯電話事業で日本は落選。中東の通信会社を選定したしたたかな戦略

 ミャンマー政府は6月27日、同国における携帯電話事業への新規参入選定において、 …

newyork02
それほど悪くなった米国の7~9月期GDP。利上げは可能との判断が増える

 米商務省は2015年10月29日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速 …

saguradafamilia
欧州の国債入札が好調。日本に避難した資金が欧州に回帰して円安になった?

 欧州での国債入札が好調だ。22日に行われたスペイン国債の入札では、予想を上回る …

izumigaden
エイベックスによるJASRAC離脱。独占が崩れるきっかけになるか?

 長年にわたって日本の音楽著作権管理を行ってきた日本音楽著作権協会(JASRAC …

amiteji
アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官と …

ierensamazu
FRB議長の後任人事。市場はサマーズ氏ではなくイエレン副議長を望んでいるが・・・

 米国における量的緩和策の出口戦略が明確になりつつある中、来年早々にも退任すると …

tosho03
東証1部の時価総額がバブル越え。だが上場社数が増えているので当然といえば当然

 東証1部の時価総額が終値ベースで過去最高を更新し、バブル期の水準を超えた。ただ …

nihonen
円高が止まらない。政策の手詰まり状態を市場は見透かしている?

 為替市場で急速な円高が進んでいる。欧州で英国のEU(欧州連合)離脱への警戒感が …

abe20130901
安倍政権が消費増税を前提にした動きを加速。増税決定はすでに暗黙の了解?

 安倍政権が消費税増税を前提にした動きを加速している。増税の最終判断は10月1日 …