ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

OECDの世界経済見通し。日本は好調だが10兆円の景気対策による影響が大きいと指摘

 

 経済協力開発機構(OECD)は5月29日、2013年の世界経済見通しを発表した。全世界のGDP成長率は3.1%となり、前回(2012年11月)見通しの3.4%から下方修正となった。欧州と中国の見通しが大きく落ち込んだほか、米国もわずかだが引き下げとなった。一方、大型の景気対策を実行している日本は上方修正となっている。
 好調な米経済と下方修正となりながらも相対的に高い成長率を維持している中国が世界全体をリードし、欧州が足を引っ張る構図が明確になりつつある。

 米国の成長率見通しは1.9%で前回の2.0%からわずかに下方修正となった。中国は7.8%で前回の8.5%からは大きく減少しているが、相対的には極めて高い成長率を維持している。

 日本は前回の見通しでは0.7%だったが今回は1.6%に上方修正となった。日銀による量的緩和策と、今年1月に成立した2012年度補正予算(総事業費20兆円、政府支出10兆円の緊急経済対策)の影響が考慮された。

 一方、欧州の景気は失速していることが明確になった。欧州の失速は、EUやIMFの見通しがすでに発表されていることから予想の範囲内であったが、前回見通しのマイナス0.1%からマイナス0.6%に大幅な下方修正となっている(本誌記事「EUが経済成長見通しを下方修正。緊縮財政は事実上棚上げか?」参照)。
 イタリアはマイナス1.0%からマイナス1.8%に、スペインはマイナス1.4%からマイナス1.7%に、ギリシャはマイナス4.5%からマイナス4.8%にそれぞれ引き下げられた。これまでは比較的好調だったドイツも欧州全体に足を引っ張られ0.6%から0.4%に下方修正となっている。フランスはマイナス0.3%になり、とうとうマイナス成長に転じた(前回は0.3%)。
 OECDは欧州に対して、若年層の失業が構造的な問題にならないうちに、労働市場改革を実施する必要があると指摘している。一方、EUは加盟国に対する財政赤字削減目標の緩和を決定しており、ドイツが主導してきた緊縮路線からの転換を表明している(本誌記事「EUが加盟6カ国の財政目標を阪和。とうとう緊縮財政からの転換を表明」参照)。痛みを伴う労働市場の改革に欧州諸国がどれだけ本気で取り組むのかは不透明だ。

 2014年以降については、全体的に景気は持ち直すとしており、特に米国については2.8%という高い成長率を予測している。ただ、景気下降リスクは縮小しているものの、まだ予断を許さない状況だと報告書は指摘している。

 - 経済 ,

  関連記事

abetoben
首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが・・

 安倍首相は5月7日の参院予算委員会の集中審議に出席し、貿易赤字やインフレなど、 …

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …

zipcar
米レンタカー大手がカーシェア企業を買収。自動車社会は地殻変動を起こしつつある

 米国のレンタカー大手エイビス・バジェット・グループは2日、カーシェアリング大手 …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

girishagikai
ギリシャが事実上、旧通貨発行と同じ効果を持つ約束手形の発行に追い込まれる?

 ドイツのショイブレ財務相は、欧州メディアのインタビュー記事において、ギリシャが …

bitcoinkessai
ビックカメラ、リクルートが中国人観光客をターゲットに相次いでビットコイン決済を導入

 決済通貨としてビットコインに対応する動きが活発化している。背景にあるのは訪日外 …

abccook
携帯電話登場から約30年。ドコモとソフトバンクの立場は180度変わってしまった

 NTTドコモとソフトバンクの戦略の違いが鮮明になってきている。2013年9月の …

zangyou
米国人は仕事中毒?休暇中もノートパソコンを叩く人が増加中

 米国では休暇先にパソコンを持ち込み、仕事をする人が増えているという。日本では残 …

kosakukiki
製造業の設備投資がようやく回復基調に。だが実態は米国景気に依存した綱渡り

 内閣府は11月13日、9月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電 …

tokyowan
10~12月期GDPはマイナス成長。打つ手がなく、日本経済はいよいよ袋小路に

 内閣府は2016年2月15日、2015年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …