ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

サムスン電子副会長の息子が裏口入学?韓国では検察も出動する大騒ぎに

 

 韓国のサムスン電子副会長であるイ・ジェヨン氏(写真)の息子がインターナショナル・スクールに裏口入学したことが発覚し、自主退学するという騒ぎになっている。

 問題となった学校はヨンフン国際中学というインターナショナル・スクール。
 韓国の国際中学とは日本のインターナショナル・スクールとは異なり、韓国人を対象とした超エリート私立学校のことを指す。授業のほとんどが英語で行われ、卒業生の多くが韓国内のエリート高校へ進学する。最終的には米国の著名大学などに進学する人も多いという。日本でいうところの麻布中学や開成中学が英語で授業をするような学校である。

 この国際中学校の入試には規定があり、3つの入学枠が設定されている。ひとつが一般入学枠、もうひとつが国際入学枠(帰国子女など)、最後が社会的弱者枠である。
 副会長の息子は、父子家庭という理由で社会的弱者枠を使って入学していた。しかも、社会的弱者枠の入学志望者155人中、本人の成績は72番で、合格圏である16番には遠く及ばなかったが、推薦書など試験以外の項目で満点を得て15番で入学したという。
 ソウル市教育庁の監査では、試験以外の項目で点数の水増しがあったほか、他の生徒の点数を意図的に引き下げる操作があったという。当初、副会長は不正はないと主張していたが、詳細な事実が明るみに出たことで世論の批判が高まり、自主退学を決意した。

 韓国ではこのところインターナショナル・スクールをめぐる不正入試事件が事件が相次いでいる。その背景には、韓国が日本と同様、激しい学歴社会であるという現実がある。日本や韓国では学歴社会に対する根強い批判があるが、一向にそれが是正される気配はない。
 自由に競争して勝ち残った人が結果的にエリートになるという、いわゆる自由競争社会を多くの日本人や韓国人が嫌っているからだ。受験成績が優秀な人物がエリートになるべきという発想が両国には根強くあり、出身の学校で人生のほとんどが決まってしまう。このため、コネや賄賂などを使っていわゆる一流校に入ろうとする事例が後を絶たない。

 同校の不正入学疑惑問題はかなりエスカレートしており、検察が捜査に乗り出す事態にまで進展している。検察は29日に同校と学校関係者の自宅に強制捜査を行い、関連書類を押収したという。

 - 社会 ,

  関連記事

singlemother
働いても働かなくてもシングルマザーの貧困率が変わらないという衝撃

 安倍政権では成長戦略の一環として女性の活用を掲げているが、一方で、働く女性の貧 …

monka
文部科学省が特定大学に研究費を重点助成。旧帝大がさらに有利に

 文部科学省は来年度から大学に対する新しい研究助成の制度を開始する。研究内容ごと …

kyuyomeisai02
今年の春闘も昨年に引き続き高い伸び。全体への波及効果はどのくらいか?

 経団連は2015年4月16日、2015年の春闘について1次集計を取りまとめた。 …

putin02
プーチン大統領が離婚をカミングアウト。世界的に進む権力者の透明化

 ロシアのプーチン大統領がリュドミラ夫人と離婚したことを明らかにし、大きな話題と …

gpif201306
公的年金の運用方針見直し。ホンネは国債価格下落への対処

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は9月26日、11月の最終報告に向 …

kazoku004
骨太の方針に具体的な人口目標を明記。だが本当に実現可能なのか?

 政府の経済財政諮問会議は2014年6月13日、「経済財政運営と改革の基本方針」 …

kaisha
親の世代と若い世代の企業人気ランキングに異変。日本の大企業はとうとうオワコンか?

 保守的傾向が強く世代間であまり変化のなかった日本人の企業人気ランキングに異変が …

linemorikawa
LINEの情報が韓国政府に筒抜けという報道。上場を前にLINEが大波乱

 無料通話チャット・アプリLINEの情報が韓国政府に筒抜けになっているという報道 …

wakamonohakusho
日本の若者は突出してネガティブという調査結果をどう見るか?

 内閣府は2014年6月3日、2014年版「子ども・若者白書」を公表した。日本の …

kasumigaseki
キャリア官僚制度に地殻変動?霞が関こそ雇用流動化が必要だ!

 明治以来、日本の公務員制度の根幹をなしてきた人事システムに地殻変動が起きつつあ …