ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

サムスン電子副会長の息子が裏口入学?韓国では検察も出動する大騒ぎに

 

 韓国のサムスン電子副会長であるイ・ジェヨン氏(写真)の息子がインターナショナル・スクールに裏口入学したことが発覚し、自主退学するという騒ぎになっている。

 問題となった学校はヨンフン国際中学というインターナショナル・スクール。
 韓国の国際中学とは日本のインターナショナル・スクールとは異なり、韓国人を対象とした超エリート私立学校のことを指す。授業のほとんどが英語で行われ、卒業生の多くが韓国内のエリート高校へ進学する。最終的には米国の著名大学などに進学する人も多いという。日本でいうところの麻布中学や開成中学が英語で授業をするような学校である。

 この国際中学校の入試には規定があり、3つの入学枠が設定されている。ひとつが一般入学枠、もうひとつが国際入学枠(帰国子女など)、最後が社会的弱者枠である。
 副会長の息子は、父子家庭という理由で社会的弱者枠を使って入学していた。しかも、社会的弱者枠の入学志望者155人中、本人の成績は72番で、合格圏である16番には遠く及ばなかったが、推薦書など試験以外の項目で満点を得て15番で入学したという。
 ソウル市教育庁の監査では、試験以外の項目で点数の水増しがあったほか、他の生徒の点数を意図的に引き下げる操作があったという。当初、副会長は不正はないと主張していたが、詳細な事実が明るみに出たことで世論の批判が高まり、自主退学を決意した。

 韓国ではこのところインターナショナル・スクールをめぐる不正入試事件が事件が相次いでいる。その背景には、韓国が日本と同様、激しい学歴社会であるという現実がある。日本や韓国では学歴社会に対する根強い批判があるが、一向にそれが是正される気配はない。
 自由に競争して勝ち残った人が結果的にエリートになるという、いわゆる自由競争社会を多くの日本人や韓国人が嫌っているからだ。受験成績が優秀な人物がエリートになるべきという発想が両国には根強くあり、出身の学校で人生のほとんどが決まってしまう。このため、コネや賄賂などを使っていわゆる一流校に入ろうとする事例が後を絶たない。

 同校の不正入学疑惑問題はかなりエスカレートしており、検察が捜査に乗り出す事態にまで進展している。検察は29日に同校と学校関係者の自宅に強制捜査を行い、関連書類を押収したという。

 - 社会 ,

  関連記事

minatoku
地域の所得格差がじわじわと拡大。株価が上昇するとさらに格差が広がる

 地域による所得格差が拡大している。もっとも所得が高い自治体と低い自治体では平均 …

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …

tansuyokin
マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍 …

amazondrone
米国で無人機と旅客機がニアミス。無人機の認可方針にも影響か?

 米フロリダ州の空港近くで、旅客機に無人機が異常接近(ニアミス)するという事態が …

gaikokujin
訪日外国人1000万人時代が到来。だが日本は本当に観光立国を目指しているのか?

 政府観光局は2014年1月17日、2013年の訪日外国人数が1036万人だった …

nandflash
東芝の半導体技術漏洩事件。罰則強化では根本的解決にならない

 東芝の半導体技術が韓国企業に漏洩した問題で、情報提供者に対する厳罰化を求める声 …

senryomap
福島原発80キロ圏内外の放射線量マップ。1年で40%の減少は多いのか少ないのか?

 文部科学省は3月1日、東京電力福島第1原発から半径80キロ圏内外で測定した昨年 …

masuzoe
舛添知事の豪華旅行に批判殺到。だが公務員の厚遇は国民が求めてきた結果ともいえる

 舛添要一東京都知事の高すぎる海外出張経費が問題視されている。ファーストクラス利 …

nihontv
日テレ内定取り消し騒動。あらためて分かる日本における雇用の「重さ」

 日本テレビに内定していた女子大生が内定取り消しの撤回を求めた裁判が2014年1 …

ge
米国の製造業回帰が効果を上げ始めた。だが一方でその波に乗れない人も

 中国から製造拠点を米国に戻す試みが成果を上げ始めている。米ゼネラル・エレクトリ …