ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

サムスン電子副会長の息子が裏口入学?韓国では検察も出動する大騒ぎに

 

 韓国のサムスン電子副会長であるイ・ジェヨン氏(写真)の息子がインターナショナル・スクールに裏口入学したことが発覚し、自主退学するという騒ぎになっている。

 問題となった学校はヨンフン国際中学というインターナショナル・スクール。
 韓国の国際中学とは日本のインターナショナル・スクールとは異なり、韓国人を対象とした超エリート私立学校のことを指す。授業のほとんどが英語で行われ、卒業生の多くが韓国内のエリート高校へ進学する。最終的には米国の著名大学などに進学する人も多いという。日本でいうところの麻布中学や開成中学が英語で授業をするような学校である。

 この国際中学校の入試には規定があり、3つの入学枠が設定されている。ひとつが一般入学枠、もうひとつが国際入学枠(帰国子女など)、最後が社会的弱者枠である。
 副会長の息子は、父子家庭という理由で社会的弱者枠を使って入学していた。しかも、社会的弱者枠の入学志望者155人中、本人の成績は72番で、合格圏である16番には遠く及ばなかったが、推薦書など試験以外の項目で満点を得て15番で入学したという。
 ソウル市教育庁の監査では、試験以外の項目で点数の水増しがあったほか、他の生徒の点数を意図的に引き下げる操作があったという。当初、副会長は不正はないと主張していたが、詳細な事実が明るみに出たことで世論の批判が高まり、自主退学を決意した。

 韓国ではこのところインターナショナル・スクールをめぐる不正入試事件が事件が相次いでいる。その背景には、韓国が日本と同様、激しい学歴社会であるという現実がある。日本や韓国では学歴社会に対する根強い批判があるが、一向にそれが是正される気配はない。
 自由に競争して勝ち残った人が結果的にエリートになるという、いわゆる自由競争社会を多くの日本人や韓国人が嫌っているからだ。受験成績が優秀な人物がエリートになるべきという発想が両国には根強くあり、出身の学校で人生のほとんどが決まってしまう。このため、コネや賄賂などを使っていわゆる一流校に入ろうとする事例が後を絶たない。

 同校の不正入学疑惑問題はかなりエスカレートしており、検察が捜査に乗り出す事態にまで進展している。検察は29日に同校と学校関係者の自宅に強制捜査を行い、関連書類を押収したという。

 - 社会 ,

  関連記事

gun
3Dプリンタの普及で銃の自宅製造が可能に?日本で懸念されるヒステリックな過剰規制

 3次元データをもとに、立体的なオブジェクトを手軽に作ることができる3Dプリンタ …

american02
アメリカン航空のトラブルは労働組合の自作自演の可能性が濃厚

 飛行機の座席が外れるトラブルが続出しているアメリカン航空だが、緊急着陸でフライ …

touchou
うつによる休職や他社への転職、さらには出世候補までシステムが予測する時代に!

 「営業部の佐藤さんはうつで会社を休む可能性が高くなっています」「開発部の高橋さ …

obamacaretrump
トランプ大統領が目玉政策「オバマケア代替法案」の成立を断念。今後の政権運営に暗雲

 トランプ政権は、目玉政策のひとつであったオバマケアの代替法案について議会での成 …

pekindaigaku
中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に …

souzouteki
日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求 …

kakusazini
所得格差を示すジニ係数は過去最大。しかし累進課税などで最終的な格差は縮小

 厚生労働省は2016年9月15日、2014年度における所得再分配調査の結果を発 …

nichia
従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業 …

nihontv
日テレ内定取り消し騒動。あらためて分かる日本における雇用の「重さ」

 日本テレビに内定していた女子大生が内定取り消しの撤回を求めた裁判が2014年1 …

wakamono
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

 若者の意識は社会の変化を敏感に反映するといわれている。最新の厚生労働白書を見る …