ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBの量的緩和縮小はいつか?インフレ退治の鬼ボルカー元議長は早期縮小を主張

 

 FRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略をめぐって米国市場が困惑している。遠くない時期にFRBが量的緩和策の縮小に動くことはほぼ確実な状況となっているが、それがいつになるのかはまだ不明だ。市場では出口戦略の解釈をめぐって株価が複雑な動きを見せている。

 5月30日のニューヨーク株式市場のダウ平均株価は、前日比21ドル73セント高の15324ドル53セントで引けた。
 だが 同日に発表された米労働省による新規失業保険週間申請件数は1万件増の35万4000件となり、予想外の増加となった。
 本来であれば、株価に過熱感もあるところから、売りの材料となるところだが、30日の相場は逆に上昇した。市場関係者の多くが、労働指標が思ったほど改善していないので、FRBが量的緩和策の縮小を遅らせるのではないかと考えたのである。

 米国の足下の景気は良好だ。2013年1~3月期の実質GDP成長率は2.4%で速報値から多少下方修正されたものの、依然として世界経済の機関車役となっている。長期金利も米国経済の先行きを楽観視して上昇が続いている。一方で、失業率が良好な経済指標に比してあまり改善していないという指摘があり、これが逆に大きな不安材料となっている。

 景気の先行きが明るい状況を考えれば、FRBはすぐにでも量的緩和の縮小を決定したいところだが、量的緩和の縮小を決めれば、株価は一時的に下落する可能性が高く、これが結果的に景気の腰を折らないかバーナンキ議長は心配している。要するに議論が堂々巡りになっているのだ。

 30日の矛盾した株式市場の反応は、この心理を反映した結果といえる。だが悪い経済指標が出ると、緩和延長が期待され、株価がさらに上昇するというチキンレースはいつまでも続くわけがない。決断の時期が迫っていることは間違いない。

 FRBの元議長でインフレ退治の鬼ともいわれたボルカー氏は29日の講演で「緩和解除が後手に回ることはあってはならない」と早期の緩和解除を促す発言を行った。ボルカー氏はガチガチの原理主義者として知られている人物であり、その点は割り引いて考える必要があるが、量的緩和を放置するとインフレの弊害が増大するという指摘は当たっている(ちなみにボルカー氏はFRB議長に就任した1980年代、インフレ抑制を目的に政策金利を20%まで引き上げるという強攻策を実施したことで有名)。

 市場では、FRBが年内をメドに緩和策の解除に動くとの見方が固まりつつあるが、状況は流動的だ。ただ来年以降も量的緩和策が継続すると見る投資家は少なく、年内というタイミングを軸に株価をめぐる神経戦がしばらく続くことになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
QE3実施の見込みといわれているが本当か?

 米FOMC(連邦公開市場委員会)が22日に公表した議事録で、QE3(量的緩和第 …

abesingapore
本心?それとも外国人向けポーズ?安倍首相がシンガポールで既得権益層との対決を宣言

 安倍首相は7月26日、シンガポールを訪問し、リー・シェンロン首相との会談を行っ …

tanker
ウォール・ストリート・ジャーナルが日銀に原油を買えと大胆提案!

 米経済紙のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が日銀に対して面白い提言を …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …

goan
欧州で自動車メーカーが軒並みリストラ。欧州危機は一段落だが、実需はボロボロ

  フ ランスの自動車大手ルノーは、2016年までに仏国内の従業員の約17%にあ …

retttamerukeru
イタリアのレッタ新首相が就任早々独仏を訪問。とりあえずはイタリアの立場を説明

  イタリアのレッタ新首相は、就任早々ドイツとフランスを訪問し、従来の緊縮財政か …

ecb02
欧州中央銀行がとうとう量的緩和を示唆。一気にドル高が進む?

 ECB(欧州中央銀行)がとうとう量的緩和の実施に踏み切る可能性が出てきた。20 …

yamasita
CDはボロボロ、ダウンロード販売も激減。音楽業界はもはやシニア向けビジネス?

 CDの販売不振で苦しめられてきた音楽業界がさらに苦境に立たされている。頼みの綱 …

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …