ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

これは悪いインフレの兆候?4月の消費者物価指数は庶民にとってトホホな内容

 

 総務省は5月31日、4月の全国消費者物価指数を発表した。生鮮食料品を除く総合指数は前年同月比で0.4%のマイナスとなり、いまだにデフレが継続していることが明らかとなった。一方で先行指標といわれる東京の物価は上昇に転じており、物価が下げ止まる可能性も出てきた。
 だがその内容を詳しく見てみると、値上がりして欲しくないものだけが値上がりする、いわゆる「悪いインフレ」の気配も見え隠れしている。

 生成食料品を除く総合指数(2010年を100とする)は前年比0.4%のマイナスだが、前月比では0.3%のプラスとなった。だが価格変動が大きいエネルギーを除いた総合指数は前月比で見ても横ばい、前年同期比ではマイナス0.6%と下落幅が大きくなっている。全体的にはまだデフレが継続しているとみてよい。

 一方、全体の先行指標といわれる5月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、前年同月比0.1%の上昇となり、4年2カ月ぶりにプラスに転じた。
 ただエネルギーを除く総合指数では前年同月比マイナス0.3%と下落が続いている。

 要するにエネルギー関連費が物価を押し上げているものの、それ以外のほとんどの分野はデフレというのが実態ということになる。先行指標がプラスに転じていることをもってデフレから脱却しつつあると考える専門家もいるようだが、生活実感を考えるとその解釈には無理がある。
 エネルギー関連費用の多くは電気代であることを考えると、電力会社による一方的な値上げで見かけ上デフレから脱却しつつあるように見えるだけと解釈する方が自然だ。

 光熱費以外でも、値上がりした項目を見ると、前向きに解釈できるものは少ない。自動車関係費の増加が目立っているが、これは自動車保険料の値上がりが主な原因である。若年層を中心に自動車を購入する人が減っていることに対応した値上げであり、国内市場の縮小を反映したものといえる。また被服費の増加は、円安によってアジアからの輸入物価が上昇したことが、娯楽費用の増加は海外旅行代金の増加が主な原因だ。

 つまり、円安による輸入物価の上昇、電力会社という競争のない独占企業の一方的な値上げ、国内自動車市場の縮小という、悪い材料にしか見えない3つの項目が、4月の物価下落を抑制した原動力なのである。円安は今後も継続する可能性が高く、物価の上昇もそれに続くことになるだろう。仮に円安のメリットが出てくるにしても、国民の生活はそうそう簡単には改善しないと思った方がよい。

 - 社会, 経済 , , ,

  関連記事

sirakawajinin
日銀の白川総裁が任期を残して辞任表明。これ以上の譲歩を避ける狙いか

 日銀の白川総裁は2月5日、安倍首相と官邸で会談し、4月8日の任期を待たず、3月 …

no image
相次ぐ大手企業の経営危機によって、会社の所有権論争が事実上決着した

  東京電力による原発事故や、シャープやルネサスエレクトロニクスの巨額赤字など、 …

kodomonote
政府が子供の貧困対策を本格化。だが、支援は民間による基金

 政府が貧困家庭の子供に対する支援の強化を検討している。企業や個人に寄付を呼びか …

toudoshasuiheki
福島原発の汚染水対策に国が470億円を投入。だが抜本的な解決とはほど遠い状況

 安倍首相をトップとする政府の原子力災害対策本部は9月3日、東京電力福島第1原発 …

sharp
シャープは政府ファンドのリストラ案を嫌い、鴻海による買収で最終調整?

 経営再建中のシャープは、台湾の鴻海精密工業による買収案を受け入れる方向で調整を …

orbital
日本の宇宙開発は、中韓との消耗戦を強いられている電機業界と同じ運命を辿る?

 日本では新型固形燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げ成功が話題となったばかりだ …

amari
まるで大政翼賛会?閣僚が名指しで企業の賃上げに言及。賃上げは本当に正しいのか?

 甘利経済再生相は5日、コンビニエンスストア大手が相次いで賃上げを表明したことを …

setubitousi
企業の業績拡大が中小企業にも波及。ただ設備投資は公共事業の依存度が高い

 財務省は2014年6月2日、2014年1~3月期の法人企業統計を発表した。売上 …

tokyotower
デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

no image
貸し出し増加はやはり無理?積み上がった当座預金残高に銀行は手を付けず

 日銀による異次元の量的緩和から3カ月が経過した。日銀が長期国債を一気に買い占め …