ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

小野寺防衛相が国際会議において「右傾化は誤解」と異例の説明

 

 シンガポールで開催されているアジア安全保障会議に出席した小野寺防衛大臣は講演を行い、日本の右傾化は誤解であるとし、安倍政権は従来の歴史認識を引き継いでいると強調した。

 小野寺氏はまず、日本が防衛大綱の見直しに着手していることを説明、同時に意思決定の迅速化を目指して国家安全保障会議の設立を進めていることや、最終的には憲法改正を目指していることを明らかにした。
 これらの動きに対して、諸外国の一部から「右傾化」であるとの指摘が出ていることを認めた上で、それらの指摘は「完全に誤解である」と述べた。日本は、自由、民主主義、法の支配の基本的な価値観を追求していることも強調した。

 さらに小野寺氏は、野党と地方都市の市長という言葉を使って橋下徹日本維新の会共同代表の発言に言及、「安倍政権はそのような野党党首の発言や歴史認識にコミットすることはない」した。その上で、安倍内閣はアジアの人々に多大な損害と苦痛を与えたという歴史的事実を謙虚に受けとめ、深い反省とおわびの気持ちを表明しているとし、歴代内閣と同じ歴史認識を引き継いでいることを強調した。

 小野寺氏が、かなりの時間を割いて、日本の歴史認識や右傾化について言及したのは、橋下氏の発言が想像以上に国際社会で波紋を呼んでおり、このまま放置すると思わぬ事態を引き起こすとの懸念が安倍政権内部にあったからと考えられる。

 実際、中国や韓国などアジア諸国だけでなく、米国やロシアなどからも、日本の歴史認識に対する懸念が表明されている。下手をすると、太平洋戦争の敗戦国と戦勝国という理屈を通り越した図式が再燃する可能性もあり、そうなってしまうと、日本は論理で交渉することが不可能になってしまう。
 もっとも海外からの批判の直接的なきっかけになったのは橋下氏の発言だが、欧米を中心に安倍政権に対しては発足当初から、国粋主義的との指摘が出ていた。橋下氏の発言はきっかけのひとつに過ぎない。

 日本国内では、海外からの批判に対する反発の声も上がっているが、全面戦争に敗北し無条件降伏したという事実は消し去ることができない。しかも近年、日本経済は著しく弱体化しており、国際的なプレゼンスが低下している。現代の戦争は経済力ですべてが決まってしまうため、経済力の低下は、そのまま防衛力の低下と見なされてしまう。弱いと見なされた国は、あらゆる手段を使って抑圧されてしまうのが、国際社会の現実である。

 日本が相応のプレゼンスを確保するためには、たとえそれが不条理であっても、戦勝国側のロジックに沿った説明を丁寧に行うとともに、圧倒的な経済力を回復する以外に方法はない。竹槍でB-29には勝てないのである。

 - 政治 , ,

  関連記事

iijima
飯島参与の訪朝を受け入れた北朝鮮の窮状。朝鮮総連ビル落札問題も影響か?

 北朝鮮は5月18日から20日までの3日間で計6発の短距離ミサイルを発射した。い …

sinkaihou
中国当局による記者拘束にメディアが抗議。党中央が容認した出来レースとの見方も

 中国・広東省の日刊紙「新快報」の記者が公安当局の拘束されたことに抗議し、同紙は …

obama201301
安倍首相の早期訪米を米側が拒否。この流れは今に始まったことではない

 早期の訪米で日米安保体制の強化を図り、中国に対する牽制球にするという安倍首相の …

kazoku
出生率に関する内閣府の研究結果。伝統的価値観は出生率向上にあまり寄与せず?

 内閣府は8月30日、家族の価値観と出生率に関する研究結果を発表した。伝統的な家 …

schieffer
従軍慰安婦問題に警鐘を鳴らすシーファー前駐日大使の話には耳を傾けるべきか?

 歴代の駐日米国大使らによる日米関係シンポジウムが5月3日、米国ワシントンで開催 …

trump201611
トランプ大統領の登場で懸念される、日露急接近による地政学的リスク

 混乱の中で投票日を迎えた米大統領選挙は、土壇場でトランプ氏が逆転勝利するという …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …

no image
Wikiリークスのアサンジって誰?

 エクアドルに亡命を申請して大使館に逃げ込んだWikiリークスのアサンジ容疑者。 …

gwcvn73
握手と蹴り合い。防空識別圏をめぐる単純ではない米中交渉の行方

 米国のバイデン副大統領は日本訪問に引き続いて、12月4日から中国を訪問する。中 …