ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

PFIが成長戦略の中核として急浮上。だがその実態はハコモノ行政の維持

 

 政府の成長戦略における中核的プランとして、民間資金を活用したインフラ整備(PFI)が急浮上してきている。PFIについては、政府の経済財政諮問会議や産業競争力会議でもたびたび取り上げられてきており、空港運営権の民間への売却や高速道路の空中権の活用、羽田・成田間の地下鉄建設などが具体策として議論されてきた(本誌記事「首都高改修の空中権活用。良案だが日本のインフラ問題を根本解決できるわけではない」参照)。
 これらについて、10年間のアクションプランとしてとりまとめ、より実現性を高めていく。

 PFIとは、プライベート・ファイナンス・イニシアティブの略で、公共施設の建設や維持管理、運営などについて、民間の資金や経営能力を活用する手法のことを指す。
 行政組織による非効率な建設、運営から脱却できる可能性があるが、一方で様々な問題を引き起こすリスクもある。

 PFIにおける最大の懸念材料は、事業運営の期間の長さである。民間の資金提供者(銀行、生保、ファンドなど)は、マーケットで資金を調達し、プロジェクトに投融資して利益を上げる。資金提供者の状況によって、プロジェクトの適切な長さは変わってくる。

 銀行は資金調達の多くを普通預金に頼っており、あまり長いプロジェクトには融資できない。普通預金は比較的短期で入れ替わるため、長く資金が固定されてしまうプロジェクトに対する融資には限度があるのだ。
 これに対して生保は銀行よりも運用期間が長い。生命保険は原則として加入者が死亡するまで保険金を支払う必要がない。加入者が死亡するまでの平均的な期間に合わせて運用先を選定することになるため、銀行よりは長期のプロジェクトに投融資することができる。一般に生保は15年程度の期間が適切といわれている。

 この点において、PFIが想定している期間はかなり長い。空港や鉄道などは20年から30年程度の償却期間が想定されており、一般的な民間の資金提供者の時間サイクルと合わないのだ。

 政府ではPFIへの年金基金の投入も検討している。年金は加入期間が長いので問題なさそうに見えるが実はそうでもない。日本の年金は積み立て方式ではなく、世代間負担方式なので、新しく加入した人の保険料は本人が受給年齢に達する前に使われてしまうのだ。
 また加入者の減少が進んでいる現状では、基金を取り崩す必要に迫られる可能性が高く、換金性が低いPFIへの出資は運営に弊害をもたらす可能性もある。

 実はPFI法はすでに15年近く前から施行されている。にも関わらず、こうした大型案件がこれまでほとんど存在してこなかったのは、制度面の問題もあるが、根本的には民間資金にとってリスクが高く、魅力がなかったからである。
 今ごろになって政府がPFIを積極的に取り上げるのは、これまでの過剰な公共事業が原因で日本の財政が危機的状況になり、公共事業をやり続ける財源がなくなったからである。ハコモノ行政を続けたい各省庁が白羽の矢を立てたのが、民間資金の導入というわけである。

 本来は道路や空港といった基本的インフラは、短期の採算にこだわらなくてもよい政府が責任を持って整備すべきものである。一方、民間資金はこのようなインフラ投資にではなく、革新的な技術開発に振り向けられることが望ましい。
 かつての日本は市場メカニズムが機能しており、黙っていても、民間資金は新しい技術開発に振り向けられてきた。だがその流れは止まり、途上国型のインフラ整備に政府が音頭を取って資金を誘導する状況となっている。
 成長戦略の中核がこのような後ろ向きな内容になってしまうのは、痛みを伴う改革を拒否し続けてきた日本の必然的な姿といえるだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

abetoben
成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、 …

no image
仏の経済危機突入で、欧州最後の公務員天国にもいよいよメスが

 欧州債務危機の本丸として、フランスに市場がターゲットを定めつつある。先日は英国 …

lassen ddg82
米駆逐艦の南シナ海航行。妥協点を模索するも、英国が攪乱要因に?

 米海軍の駆逐艦が、中国が埋め立てを行う南シナ海の南沙諸島付近を航行したことで、 …

facebookcom
フェイスブックが予想外の好決算。インスタグラムが貢献か?

 SNS最大手の米フェイスブックは2016年1月27日、2015年10~12月期 …

no image
美人記者を取材対象にはべらせる大手マスコミの呆れた実態

 近年、政治家や企業トップなどを囲む記者に「美人な女性」を配置するケースが増えて …

gpif201306
公的年金の運用方針見直し。ホンネは国債価格下落への対処

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は9月26日、11月の最終報告に向 …

cop21paris
COP21、途上国も参加する初の協定を採択したが、削減目標は各国まかせ

 パリで開かれていた地球温暖化対策の国連会議COP21は、2015年12月13日 …

kourousho
「呪われた法案」との声も。心機一転、再提出した派遣法改正案が再び先送り?

 今国会の目玉法案のひとつで、派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣 …

no image
世界で進む、保守思想と進歩思想の両極化。日本人はどちらを選ぶのか?

 もっとも厳格なシャリア法(イスラム法)を適用しているサウジアラビアにおいて、I …

toshibaenki
東芝が決算発表を再延期。原子力子会社非連結化を打ち出すもスキームは不明

 米国の原子力事業で巨額の損失を抱える東芝は2017年3月14日、2016年4~ …