ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

1~3月期の設備投資は予想通りマイナス。注目は今後発表される最新統計の状況

 

 財務省は6月3日、2012年1~3月期の法人企業統計の調査結果を発表した。それによると、金融機関を除く全産業の売上高は326兆8,637億円と前年同期比5.8%のマイナスに、一方経常利益は6.0%のプラスとなった。減収増益ということであり、依然として全体の規模を縮小し、コスト削減で利益を上げる状況が続いていることが明らかとなった。今後の景気動向の先行指標となる設備投資も前年同期比3.9%減で、マイナスは2四半期連続となった。

 業種別で見ると、製造業の売上げはマイナス6.6%、非製造業はマイナス5.4%と製造業の方が落ち込みが激しい。一方経常利益は製造業が28.3%と大幅なプラス、非製造業は3.2%のマイナスであった。
 製造業は生産の海外移転やリストラを進め、コスト削減を実施することで利益率をアップさせていることが分かる。一方非製造業は価格を値引きして売上げ減少を何とか食い止め、その代わりに利益を犠牲にしている様子がうかがえる。
 賃金は前年同期と比較して0.7%増加しているが、従業員数は逆に減少している。会社に残ることができた人は、多少の賃金アップになっているが、働いていない人は増えたことになる。

 法人企業統計の結果は、すでに公表されている2013年1~3月期のGDPの結果からほぼ予想されていた。国内ではデフレが依然として進んでおり、設備投資の意欲は改善していない(本誌記事「1~3月期のGDPは個人消費が好調で年率3.5%に。ただし設備投資は低調なまま」参照)。
 1~3月期は、まだアベノミクスがスタートしたばかりで大きな効果が出ていないことは容易に想像できる。問題は次の四半期の数字ということになる。

 最新の各種経済統計では、円安の影響で、衣類や光熱費などの値上がりが進むという悪い兆候も見られるが、一方で設備投資が回復する兆しも見られている(本誌記事「これは悪いインフレの兆候?4月の消費者物価指数は庶民にとってトホホな内容」参照)。
 内閣府が5月17日に発表した3月の機械受注統計は、民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)が前月比14.2%と 大幅増となった。増加率は2005年4月以来最大となっており、この傾向が継続していることが確認されれば、設備投資も回復に向かっていると判断されるかもしれない。

 夏には参院選が控えているが、その頃には、アベノミクスの効果の実態もかなり明らかになってきているだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

usakoyoutoukei201702
良好な米雇用統計で、3月利上げの確率がさらに高まる。資産縮小論の可能性も

 米労働省は2017年3月10日、2月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非 …

wakamono
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

 若者の意識は社会の変化を敏感に反映するといわれている。最新の厚生労働白書を見る …

nyse03
絶好調な経済を背景に米国株への関心が高まる。だが本当に落とし穴はないのか?

 投資家の間で、米国株に対する関心が急速に高まっている。米FRB(連邦準備制度理 …

spiritair
海外ではLCCを超えるスーパーLCCが大躍進。利用者の選択肢が広がる

 米国でLCC(格安航空会社)のさらに上をいく、超格安航空会社が躍進している。フ …

yanai00
柳井社長が前言撤回?息子が役員に就任したユニクロはホンダの二の舞になるのか?

 ユニクロを展開するファーストテイリリングは2日、柳井正会長兼社長の長男で、子会 …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

ginzafudosan
土地価格はとうとう上昇に転じたが、二極分化の傾向がより鮮明に

 国土交通省は2016年3月22日、2016年の地価公示を発表した。商業地ではと …

nichigin
マネーストックの伸びが5カ月連続で減少。だが追加緩和の議論は下火に

 日銀は2014年7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)を発表した。主 …

ichiganrefu
日本企業の世界シェア調査。トップ品目も多いが、縮小市場・低付加価値が目立つ

 日本経済新聞社は2015年7月5日、2014年における主要商品・サービスシェア …

tenanmon
中国のジニ係数は依然として高水準。政府統計と実態の乖離も継続中

 中国の所得格差が依然として高い水準にあることが、北京大学やミシガン大学を中心と …