ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国と米国で相次いで製造業指数が悪化。すべては米国頼みの構造に

 

 中国と米国で製造業に関する良くない指標が続いている。米供給管理協会(ISM)が発表した5月の製造業景気指数 は49.0と4月の50.7から1.7ポイント低下した。指数が前月を下回るのはこれで3カ月連続となった。

 一方、HSBC(香港上海銀行)が発表する中国の製造業購買担当者指数は49.2とこちらも前月を下回った。下落は2カ月連続。
 中国には国家統計局が発表する指標もあるが、こちらはギリギリで持ち直して前月よりも0.2ポイントの上昇となっている。
 ただし、国家統計局の指標は国営企業が中心だが、HSBCは規模が比較的小さい民間企業も含まれている。HSBCの指標の下落幅が大きいことを考えると、全般によくない状況であると判断した方がよいだろう。

 米国経済は第1四半期には比較的好調な伸びを見せていたが、歳出削減などの影響により第2四半期は低迷することがすでに予想されている。指数の内訳を見ると新規受注が落ち込んでおり、歳出削減の影響が出ていることがうかがえる。
 中国は日本を含め各国から輸入を行っているが、中国が最終消費地というわけではない。中国が輸入した部品は中国で組み立てられ、最終製品として米国や欧州に再輸出されるケースが多い。欧州経済は完全に失速状態にあり、米国は歳出削減の影響で第2四半期はあまり多くを期待できない。この状態で中国の製造業指数が低迷するのは、当然といえば当然である。

 昨年までであれば、中国は国内のインフラ建設に多額の資金を投じていたため、製造業には輸出以外の需要も存在していた。だが近年、インフラ建設主導の無理な成長による弊害が目立つようになってきており、中国政府は安定成長路線へと舵を切り始めている。結果的に中国の製造業は米国経済の動向に大きく左右される体質になってしまっている。

 この流れは当然、日本にも影響を与えることになる。日本の中国向け輸出の多くは、実際には中国向けではなく米国向けであり、米国の景気が踊り場に差し掛かると、結局は日本の輸出も減少してしまう。米国は通年で1.9%の成長が予想されており、歳出削減の影響が一段落する年後半には再び成長軌道に乗るとの見方が大半だ。

 ただ、欧州の状況がさらに悪化していることなどを考えると、しばらくは全世界的に製造業が冴えない展開が続く可能性が高い。日本ではアベノミクスの成果として、輸出の増加に期待がかかっているが、少なくとも秋までは過剰な期待はしない方がよいだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

sangiinabe01
総額5.5兆円の補正予算が可決成立。だが昨年より規模が小さく、効果は限定的

 参議院は2014年2月6日、消費税増税をにらんだ経済対策を柱とする2013年度 …

frb
FRBが正式に量的緩和策の終了を決定。米国経済は新しい局面を迎えた

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年10月29日のFOMC(連邦公開市場委 …

building
アベノミクスの本質は資産バブル。多くの国民がそう理解している?

 「アベノミクスの効果は不動産に顕著に反映される」-多くの国民がそう考えているこ …

asakusa02
訪日外国人観光客は海外旅行に出かける日本人の1.3倍も消費している

 政府は2015年6月5日、観光立国推進閣僚会議を開催し、訪日外国人を2000万 …

tunisia
アラブの春においてチュニジアだけがうまくいく理由は?

 チュニジア制憲議会は1月26日、基本的人権の尊重、表現や信教の自由、男女平等を …

tokyotower
消費と生産の低迷がより鮮明に。1~3月期のGDPは連続のマイナス成長か?

 年明け後の各種経済指標が冴えない。消費・生産ともに低迷しており、このままの状態 …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

Cambodia
最近のアジアへの移住ブーム。以前とはだいぶ様子が違ってきている

 アベノミクスが効果を上げてきていることから、日本の将来を楽観視する声も聞こえ始 …

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

bankofhina
中国当局が国営放送を使って中国銀行の海外送金サービスを糾弾している背景

 中国の国営放送局である中国中央テレビ(CCTV)が、中国有数の銀行である中国銀 …