ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国と米国で相次いで製造業指数が悪化。すべては米国頼みの構造に

 

 中国と米国で製造業に関する良くない指標が続いている。米供給管理協会(ISM)が発表した5月の製造業景気指数 は49.0と4月の50.7から1.7ポイント低下した。指数が前月を下回るのはこれで3カ月連続となった。

 一方、HSBC(香港上海銀行)が発表する中国の製造業購買担当者指数は49.2とこちらも前月を下回った。下落は2カ月連続。
 中国には国家統計局が発表する指標もあるが、こちらはギリギリで持ち直して前月よりも0.2ポイントの上昇となっている。
 ただし、国家統計局の指標は国営企業が中心だが、HSBCは規模が比較的小さい民間企業も含まれている。HSBCの指標の下落幅が大きいことを考えると、全般によくない状況であると判断した方がよいだろう。

 米国経済は第1四半期には比較的好調な伸びを見せていたが、歳出削減などの影響により第2四半期は低迷することがすでに予想されている。指数の内訳を見ると新規受注が落ち込んでおり、歳出削減の影響が出ていることがうかがえる。
 中国は日本を含め各国から輸入を行っているが、中国が最終消費地というわけではない。中国が輸入した部品は中国で組み立てられ、最終製品として米国や欧州に再輸出されるケースが多い。欧州経済は完全に失速状態にあり、米国は歳出削減の影響で第2四半期はあまり多くを期待できない。この状態で中国の製造業指数が低迷するのは、当然といえば当然である。

 昨年までであれば、中国は国内のインフラ建設に多額の資金を投じていたため、製造業には輸出以外の需要も存在していた。だが近年、インフラ建設主導の無理な成長による弊害が目立つようになってきており、中国政府は安定成長路線へと舵を切り始めている。結果的に中国の製造業は米国経済の動向に大きく左右される体質になってしまっている。

 この流れは当然、日本にも影響を与えることになる。日本の中国向け輸出の多くは、実際には中国向けではなく米国向けであり、米国の景気が踊り場に差し掛かると、結局は日本の輸出も減少してしまう。米国は通年で1.9%の成長が予想されており、歳出削減の影響が一段落する年後半には再び成長軌道に乗るとの見方が大半だ。

 ただ、欧州の状況がさらに悪化していることなどを考えると、しばらくは全世界的に製造業が冴えない展開が続く可能性が高い。日本ではアベノミクスの成果として、輸出の増加に期待がかかっているが、少なくとも秋までは過剰な期待はしない方がよいだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

economistataranai
民需主導による成長がようやく見えてきた1~3月期のGDP速報値

 内閣府は2015年5月20日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …

bishonbu
通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、 …

nichigin
資金循環統計を見れば、アベノミクスでお金がどう動いたのかが分かる

 日銀は2014年3月25日、2013年10~12月期の資金循環統計を発表した。 …

mof05
国債なんてもう要らない。プライマリーディーラー返上で三菱UFJが財務省に宣戦布告?

 三菱東京UFJ銀行が、有利な条件で国債の入札に参加できる「国債市場特別参加者」 …

tokyowan
企業の設備投資予定額が大幅増。だが公共事業の影響も大きく継続性があるかは不明

 日本政策投資銀行は8月5日、2013年度の設備投資計画に関する調査結果を発表し …

nissan
自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろ …

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …