ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

萎む成長戦略。最高裁判断まで出ている薬のネット販売解禁が規制緩和の目玉だって?

 

 アベノミクスの要として市場から多くの期待を集めていた成長戦略の雲行きが怪しくなってきた。大胆な規制緩和を含め、日本の産業構造を大きく変える内容が期待されていたが、細かい各論に終始する可能性が高くなってきた。

 成長戦略には大きく分けて2つの種類がある。ひとつは過剰な政府の規制を緩和し、市場を活性化させるという競争政策的なもの。もうひとつは特定産業企業を補助金で支援したり政府が買い入れを行うという産業支援的な施策である。
 産業の競争力が弱い発展途上国の場合には、特定産業支援型の施策はうまくいくことが多いが、市場の硬直化や産業構造の制度疲労といった問題に直面している先進国型経済では、競争政策の方が圧倒的に効果が高い。アベノミクスに対しても、市場は当然、競争政策型のプランを期待していた。

 だが成長戦略における規制緩和の目玉は、薬のネット販売や石炭火力の環境アセスメント緩和、PFI(民間資金を活用したインフラ整備)など、かなり後ろ向きなものにとどまる可能性が高くなってきた。

 薬のネット販売解禁は、それ自体は評価すべきものであるが、最高裁においてネット販売を禁止した厚生労働省令が違法との判決が出ており、事業者はとっくの昔に薬のネット販売を再開している。むしろ国(厚生労働省)は司法判断を無視して規制にこだわっていたわけであり、これが官邸主導による規制緩和の目玉というのではあまりにも後ろ向きだ(本誌記事「薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した」参照)。

 石炭火力発電のアセス緩和やPFIも同様である。石炭火力は原発の停止と円安でエネルギー価格が急騰していることから、やむにやまれず決定した措置であり、PFIは何としても公共事業を続けたい国交省やゼネコンの意向を反映したものにすぎない。両者ともむしろ特定産業の保護政策に近い(本誌記事「PFIが成長戦略の中核として急浮上。だがその実態はハコモノの維持」参照)。

 残るは規制緩和特区ということになるが、そもそも特区の設立というプラン自体が多くの問題を内包している。本来であれば、正々堂々と日本全体で規制緩和を行えばよいものを、わざわざ特区という形で地区を限定するのは、抵抗勢力の政治的圧力が大きいからである。また特区を導入しても、結局外資を儲けさせるだけに終わる可能性もある。

 一時は1万6000円台に接近した日経平均は現在1万3000円台まで急落している。今のところは一時的な調整と見なされているが、市場の判断など適当なものである。成長戦略が市場の失望を買えば、日経平均の下落は、成長戦略の失敗を見越したものと後解釈されてしまう可能性がある。そうなってしまうと、その後の株価は手の付けようがなくなってしまうだろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

yudachi02
中国軍幹部がレーダー照射を認める。軟化のサインか心理戦か?

 中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射した問題で、中国軍の高級幹部 …

airasiasuchi
今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとし …

factory
日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?

 米国において安価な新型天然ガスであるシェール・ガスの生産が急拡大していることか …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

usagdp20150730
まずまずだった米4~6月期GDP。実質的に利上げは始まっている

 米商務省は2015年7月30日、4~6月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

no image
復興予算の流用・便乗問題。それは間接的に国民が望んだこと

 東日本大震災の復興予算が、復興と関係の薄い事業に使われていたり、他の予算に振り …

home02
米国ではなぜ自宅の不動産が超優良な資産になるのか?

 米政府の管理下で経営再建中だった米国の住宅公社2社(ファニーメイとフレディマッ …

beichusenryakutaiwa2015
米中は戦略経済対話を開催。表面的には南シナ海問題で激しいバトルになっているが・・・

 米中は2015年6月23日、両国間の懸案事項について話し合う第7回米中戦略・経 …

sharpqalcomm
これではタダの受託開発!クアルコムとシャープが交わした驚愕の契約内容

 経営再建中のシャープは4日、米クアルコムとの提携を正式に発表した。市場ではシャ …