ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

株高と円安は終わったのか?カギを握るのは購買力平価による為替レート

 

 日銀による異次元の緩和策以降、順調に進んできた円安と株高にブレーキがかかり始めた。5月23日に1万6000円目前まで迫った日経平均はその後急落、6月6日には12904円で引けた。10営業日で3000円も下げたことになる。為替も株価をトレースした動きになっている。日経平均の急落に合わせて円高が進み、一時は103円を突破していた円は一時95円台まで急騰した。

 6月5日に発表された成長戦略の第3弾は目新しさに欠け、一部の投資家の失望を買っている。
 規制緩和など大胆な改革に期待した外国人投資家が一斉に売りに転じたという説明もなされているが、それは今回の株価下落のひとつの側面にすぎない。
 市場関係者の多くは、アベノミクスへの期待先行で高騰していた株価が、現実の経済情勢に合わせて調整を開始したと理解している。

 これまでの株高を支えてきた要因のひとつは間違いなく円安だが、一方的な円安はそろそろ一服するとの見方が大半だ。米FRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略が後退していることもひとつの要因だが、もっとも影響が大きいのは購買力平価による理論的な為替レートに現実の為替レートが追いついてしまったという事実である。

 購買力平価による為替レートは、二国間の物価の違いによって計算される理論的な為替レートである。ドル円相場が変動相場制に移行して以来、現実の為替レートが購買力平価の理論的なレートを超えたことはほとんどない。80年代、米国が意図的に強いドル政策を実施していた時期以外は、すべて理論レートに現実のレートが追いつくと、そのレベルで円高に押し返されてしまっている(図参照)。購買力平価によるレートと現実レートに差があったことが、行き過ぎた円高の根拠とされていたことを考えると、それが縮小してしまった今、円安への圧力は減少することになる。

 もっとも、長期的な円高ドル安が終了し、今後は長期的な円安ドル高トレンドになるというのは多くの市場関係者の一致した見方だ。円安が一服したからといって、今度は極端な円高に振れると見る向きは少ない。だが本格的な円安トレンドがはっきりしてくるのは、日本の物価が現実に上昇を開始し、購買力平価の為替レートが上向きに転換してからになるのかもしれない。

 そのタイミングがいつになるのかは分からないが、日本の物価によりはっきりとした上昇の兆しが出てくれば、先行して為替が円安に動き、株価も歩調を合わせて上昇していく可能性が高い。少なくともしばらくの間は、これ以上の株価下落がなかったとしても、一進一退の状況が続くことになるだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

naiburyuuho
希望の党のトンデモ公約で、再び企業の内部留保が注目の的に

 企業の内部留保の問題に再び焦点が当たっている。日本企業が多くの現預金を活用でき …

trumpabe01
日米首脳会談は無難に終了。貿易や為替に関する議論は今後の経済対話に持ち越し

 安倍首相は2017年2月10日、ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と …

factory03
欧州と米国で製造業の好調な指標が相次ぐ。世界経済が大きく変化する兆候か?

 欧州と米国の製造業に関する良好な指標が相次いでいる。調査会社マークイットが8月 …

nihondensan
シャープ元社長の片山氏が日本電産副会長へ。永守氏の後継者問題はどうなる?

 日本電産が、シャープの片山幹雄元社長を副会長執行役員として迎え入れる。日本電産 …

kokuritsukyogijo
新国立競技場の建設費用は何と2500億円。昔の東京オリンピックと比較すると?

 東京オリンピックの会場となる新国立競技場の建設費が2500億円を突破する見通し …

kousai20130513
日米で金利が急上昇。米国は景気拡大を反映しているが、日本はどう解釈すべきか?

 日米で長期金利が上昇傾向を見せ始めている。米国の金利上昇についは、市場関係者の …

seoulapart
不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こ …

rikejo
ITの分野は米国でもなぜか女性が少ない。リケジョはどこでも引く手あまた?

 米国ではコンピュータ関連のエンジニアは高収入で知られているが、この分野を専攻す …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

krugman
アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」 …