ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米中首脳会談が行われるリゾート施設サニーランドとはどのような場所なのか?

 

 6月7日~8日の日程で、いよいよ米中首脳会談が開催される。今回の首脳会談は首都ワシントンではなく、カリフォルニア州にあるサニーランドと呼ばれるリゾート施設で行われる。
 米国がわざわざこのような場所を会場として選んだということは、今回の首脳会談に対して米国が大きな期待を寄せていることをうかがわせる。リゾート施設を会場にすれば、くつろいだ雰囲気を演出することができるだけでなく、情報の統制が容易になり、場合によっては微妙な状況となるテーマについても、突っ込んだ交渉を行うことができるからだ(本誌記事「習主席の米国訪問日程が近付く。ささやかれる首脳会談の本当のテーマ」参照)。

 ところでカリフォルニアにあるこのサニーランドとはどのような場所なのだろうか?
 この施設は米国の実業家でニクソン政権下で駐英大使を務めたこともある故ウォルター・アネンバーグ氏が多額の資金を投じ、各国要人の交流の場として作った施設である。大統領の公式な別荘であるキャンプデービットの民間版ともいわれている(写真)。
 ちなみにアレンバーグ氏の事業の中核はメディア関係で、雑誌「セブンティーン」や「テレビガイド」などが有名だ。

 アネンバーグ氏は、レーガン政権当時、気前よくこの施設を開放しており、レーガン大統領夫妻を中心に、英国のエリザベス女王やサッチャー首相、イランのパーレビ国王など当時の世界的著名人がこの施設に迎えられた。
 施設内部の建物は建築家のクインシー・ジョーンズ氏(音楽家とは別人)によって手がけられ、モダニズム様式で統一されている。建物の外部や内部の写真を見ると、確かにオーソドックスなモダニズム様式に沿ってデザインされていることが分かる。美しく配置された庭園も見事だ。
 現在は一般に開放されており、誰でも施設内部の建築物や庭園を見学することができる(首脳会談中はもちろん一般公開は停止されている)。
 またアネンバーグ氏は中国の美術品の収集家としても知られており、サニーランドには清朝時代の美術品が多数展示されている。米中首脳会談の場所に選定されたのもこのあたりに理由がありそうだ。

 ワシントンで首脳会談が開催される場合と異なり、このような場所では非公式の会談も比較的自由に設定することが可能となる。今回の首脳会談では北朝鮮問題やサイバー攻撃問題が話し合われる予定となっているが、それは表面的なテーマに過ぎないともいわれる。米中間の軍事バランスをどのようにしていくかという微妙な問題については、このリゾート施設の特性を生かし、目立たない形で会談が進められることになるのかもしれない。

 - 政治 , ,

  関連記事

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …

abe20140220
政府内部で法人税減税の議論が始まる。問題の本質は課税ベースの拡大にあり

 政府内部で法人減税に関する具体的検討が始まった。経済財政諮問会議2014年2月 …

cameron2
英議会がシリア軍事介入を否決。介入に消極的なオバマ大統領には追い風だが

 シリアへの軍事介入をめぐる状況に変化が生じ始めている。これまでは、英仏が介入を …

putin201412
ルーブル下落が止まらず、ロシア国民の生活を直撃。住宅ローン破産者も続出

 ロシアのルーブルが急落している。2014年12月15日の外国為替市場では、ルー …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

seiyujo
経済産業省が石油業界に合理化を要望。「上からの改革」はうまくいくのか?

 経済産業省は石油元売り各社に設備の統合を促す方針を固めた。日経新聞の報道による …

sinjuku
実質賃金は下がっているのに、社会的満足度が過去最高の理由

 内閣府は2017年4月3日、「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。現在 …

obamasyria02
オバマ政権の目論見通り?シリアの化学兵器廃棄で攻撃回避の可能性が高まる

 シリアが保有する化学兵器を国際管理下に置くというロシア提案をシリア政府が受け入 …

naikakukaizou201409
内閣改造、人事のポイントは派閥力学。政策面ではTPPと株価維持

 安倍首相は2014年9月3日、内閣改造と党役員人事を行った。直前に石破氏が幹事 …

jinminginkou
まさに同床異夢。人民元変動幅の拡大で中国は元安、米国は元高を狙う

 人民元の対ドル・レートの下落が続いている。きっかけは、中国人民銀行が発表した、 …