ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領が次々と独自色の強い人事案を発表。共和党との対決に自信

 

 オバマ米大統領は独自色を強く打ち出した人事を相次いで発表している。6月5日、退任するドニロン大統領補佐官(国家安全保障担当)の後任に、スーザン・ライス国連大使を任命すると発表した。またライス氏の後任には元ジャーナリストで国家安全保障会議の上級部長を務めたサマンサ・パワー氏を指名した(写真左がパワー氏、右がライス氏)。

 ライス国連大使はもともとは国務長官に指名される予定だったが、リビア大使館襲撃事件をめぐる発言に共和党が猛反発、オバマ大統領は国務長官への指名を断念したという経緯がある。あえてライス氏を補佐官に起用するという人事は、議会共和党に対するオバマ大統領からの挑戦状と受け止められている。

 またサマンサ・パワー氏はオバマ大統領との付き合いが長く、大統領選挙ではオバマ陣営の外交政策顧問に就任していた。
 ジャーナリスト時代からゴリゴリの人権派として知られ、平和維持活動に関する著作でピューリッツァー賞を受賞した経歴もある。選挙戦中にはヒラリー・クリントン前国務長官を「化け物」と呼んで批判を浴び、選挙チームを辞任している。

 パワー氏を国連大使に指名した理由は明らかではないが、パワー氏が人権派であることから、シリア問題への対処が念頭にあるという噂が出ている。
 現在、オバマ政権はシリアの反政府勢力に武器支援をするよう内外からの圧力を受けているが、基本的にオバマ大統領はシリア問題への介入を望んでいない。パワー氏を国連大使にすることで、アサド政権側だけでなく、反政府勢力側の非人道的行為も国際問題として取り上げ、武力介入を回避するための材料にする狙いがあるという。

 このほかオバマ大統領はFBI長官人事でも独自色を出している。退任するモラー現長官の後任に、ブッシュ政権で司法副長官を務めたジェームズ・コミー氏を指名する方針を固めつつある。
 ブッシュ政権当時の幹部をFBI長官に指名するのは、一見共和党への融和と見られるが、必ずしもそうではないようだ。コミー氏は司法副長官当時、ブッシュ政権から令状なしの盗聴権限の更新を求められた際、人権上問題があるとしてこれを拒否した過去があるからだ。
 オバマ大統領は市民運動出身であり、大統領就任前は人権問題にも熱心に取り組んでいた。だが就任後は無人機による暗殺をブッシュ政権時代よりも増やしているなど、人権問題に配慮が足りないという批判が民主党内部からも出ている。これら一連の人事はこういった批判を和らげたいとの意向があると考えられる。

 オバマ大統領は、ライス氏の国務長官起用は断念したものの、民主党の重鎮で個人的にも親しいケリー氏を国務長官に指名するとともに、国防長官人事でも共和党の猛反対を押し切り、ヘーゲル氏を長官に据えた(本誌記事「ヘーゲル国防長官がようやく就任。新しい米国の世界戦略で在日米軍がいなくなる?」参照)。人権問題への配慮という事情があったにせよ、今回の一連の人事によって、2期目のオバマ政権は、より独自色の強い体制になったことは間違いない。
 オバマ大統領は、中東問題を最優先する従来の外交安全保障政策を変革したいという強い意思を持っているといわれる。今回の人事によって、その目的はさらに実現しやすくなったといえるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

no image
中国政府が日本国債を売却してきたら、市場はどうなるか?

 尖閣諸島問題で日中関係が険悪化する中、中国政府が保有する日本国債に注目が集まっ …

baeikyu
台湾の馬英九総統が兼務していた党主席を辞任。中国との接近政策は見直し?

 台湾の馬英九総統は、11月29日に行われた統一地方選挙で、国民党が大敗した責任 …

kaigoshokuin
介護職員が38万人不足との推計。抜本的な解決策は見当たらず・・・

 厚生労働省は2015年6月24日、全国で介護職員が約38人足りなくなるという推 …

fortnox (1)
ドイツでNY連銀に保管されている金塊について疑念の声が高まる。金は存在しない?

 ドイツの中央銀行であるドイツ連邦銀行が保有する金塊について、本当にその量が存在 …

nenkin
年金の長期見通し。生涯現役、女性参加、高リスク運用でようやく現役世代の50%

 厚生労働省は2014年6月4日、公的年金の長期的な財政見通しを発表した。政府が …

kyouiku
教育再生会議が英語教育の拡充を提言。だが特定校重点支援という概念には疑問の声も

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は5月28日、大学教育などの …

fcatokai
日本がとうとう核物質の米国返還を決定。日米関係は根本的に変わった

 日米両政府は2014年3月24日、核物質の最小化に関する日米の共同声明を発表し …

shoushika2014
50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

contena
韓国大統領選はFTAをめぐって政策が真っ二つ。日本のTPP論争にも影響か?

 12月に行われる韓国大統領選挙において、2大候補者の経済政策が真っ二つに割れて …