ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領が次々と独自色の強い人事案を発表。共和党との対決に自信

 

 オバマ米大統領は独自色を強く打ち出した人事を相次いで発表している。6月5日、退任するドニロン大統領補佐官(国家安全保障担当)の後任に、スーザン・ライス国連大使を任命すると発表した。またライス氏の後任には元ジャーナリストで国家安全保障会議の上級部長を務めたサマンサ・パワー氏を指名した(写真左がパワー氏、右がライス氏)。

 ライス国連大使はもともとは国務長官に指名される予定だったが、リビア大使館襲撃事件をめぐる発言に共和党が猛反発、オバマ大統領は国務長官への指名を断念したという経緯がある。あえてライス氏を補佐官に起用するという人事は、議会共和党に対するオバマ大統領からの挑戦状と受け止められている。

 またサマンサ・パワー氏はオバマ大統領との付き合いが長く、大統領選挙ではオバマ陣営の外交政策顧問に就任していた。
 ジャーナリスト時代からゴリゴリの人権派として知られ、平和維持活動に関する著作でピューリッツァー賞を受賞した経歴もある。選挙戦中にはヒラリー・クリントン前国務長官を「化け物」と呼んで批判を浴び、選挙チームを辞任している。

 パワー氏を国連大使に指名した理由は明らかではないが、パワー氏が人権派であることから、シリア問題への対処が念頭にあるという噂が出ている。
 現在、オバマ政権はシリアの反政府勢力に武器支援をするよう内外からの圧力を受けているが、基本的にオバマ大統領はシリア問題への介入を望んでいない。パワー氏を国連大使にすることで、アサド政権側だけでなく、反政府勢力側の非人道的行為も国際問題として取り上げ、武力介入を回避するための材料にする狙いがあるという。

 このほかオバマ大統領はFBI長官人事でも独自色を出している。退任するモラー現長官の後任に、ブッシュ政権で司法副長官を務めたジェームズ・コミー氏を指名する方針を固めつつある。
 ブッシュ政権当時の幹部をFBI長官に指名するのは、一見共和党への融和と見られるが、必ずしもそうではないようだ。コミー氏は司法副長官当時、ブッシュ政権から令状なしの盗聴権限の更新を求められた際、人権上問題があるとしてこれを拒否した過去があるからだ。
 オバマ大統領は市民運動出身であり、大統領就任前は人権問題にも熱心に取り組んでいた。だが就任後は無人機による暗殺をブッシュ政権時代よりも増やしているなど、人権問題に配慮が足りないという批判が民主党内部からも出ている。これら一連の人事はこういった批判を和らげたいとの意向があると考えられる。

 オバマ大統領は、ライス氏の国務長官起用は断念したものの、民主党の重鎮で個人的にも親しいケリー氏を国務長官に指名するとともに、国防長官人事でも共和党の猛反対を押し切り、ヘーゲル氏を長官に据えた(本誌記事「ヘーゲル国防長官がようやく就任。新しい米国の世界戦略で在日米軍がいなくなる?」参照)。人権問題への配慮という事情があったにせよ、今回の一連の人事によって、2期目のオバマ政権は、より独自色の強い体制になったことは間違いない。
 オバマ大統領は、中東問題を最優先する従来の外交安全保障政策を変革したいという強い意思を持っているといわれる。今回の人事によって、その目的はさらに実現しやすくなったといえるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

mof03
特定業種だけを優遇する租税特別措置は、法人税減税の効果を半減させてしまう

 財務省は2014年2月、特定業種の税金を優遇する「租税特別措置」の適用件数が2 …

ohkizan
米中間の貿易交渉に垣間見る、中国が抱える意外な弱点とは?

 米国ワシントンで開催されていた第23回米中合同商業貿易委員会 (JCCT)が1 …

kitachousenkakujikken
北朝鮮が3回目の核実験を強行。ただ朝鮮半島が一気に緊迫化するのかは不透明

 北朝鮮は12日午前11時57分頃、北朝鮮北部の核関連施設において3回目の核実験 …

no image
中国の歴史教育は非常に安直。だが一方で市民の知恵も高まってきている

 中国が反日的で安直な歴史教育をしていることはよく知られている。だが一方では、な …

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …

kourousho
ようやく最低賃金が大幅に引き上げられるが、恩恵の多くは中間層に?

 諸外国に比べて低く抑えられていた日本の最低賃金がようやく引き上げられる。最低賃 …

uschinadialog2014
6回目の米中戦略・経済対話が北京で開催。ケリー国務長官とルー財務長官が揃って参加

 米中両国が、安全保障問題や経済問題について話し合う第6回米中戦略・経済対話が2 …

abe20141017
日中首脳会談に向けて調整始まる。一方ロシアは天然ガスで日本に秋波

 11月に北京で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)において、日中首脳 …

super02
家計の消費支出は3カ月連続でマイナス。安倍政権は10%増税をどう判断するのか?

 総務省は2014年7月29日、6月の家計調査を発表した。2人以上の世帯の消費支 …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …