ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

年金運用のポートフォリオが大幅変更に。だが実際には現状を追認しただけ

 

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は6月7日、年金積立金の基本ポートフォリオを見直すと発表した。国内債券の比率を67% から60%に大幅に引き下げ、株式の割合を増やす。これまで10年間変更されていなかった運用方針が大きく変わり、リスク資産へのシフトが進むことになる。
 だが実際には、従来の基本ポートフォリオ(運用方針)とかなり乖離していた現実のポートフォリオに対して、基本ポートフォリオの方を合わせただけであり、現状追認という解釈の方が正しい(図はGPIFが公表している2012年12月末のポートフォリオ)。

 GPIFは2012年10月、会計検査院から運用ポートフォリオについて定期的に検証する必要があるとの指摘を受け、金融・経済の専門家で構成される運用委員会において審議を行っていた。その結果、基本ポートフォリオの変更が必要との結論を得たことから今回の見直しを実施することになった。

 新しいポートフォリオでは、国内債券の比率が67%から60%に引き下げられる一方、国内株式が11%から12%に、外国株式が9%から12%に、外国債券が8%から11%にそれぞれ引き上げられることになった。
 国債は安全資産といわれてきたが、超低金利が続いていることから運用成績が悪化しているほか、日本の財政悪化から国債に偏った運用のリスクも指摘されるようになってきていた。株式は債券よりも期待リターンが大きいが、その分リスクも高い。また外国債は国内債よりも利回りが高いものが多いが、為替リスクを負うことになる。

 年金のような巨額の資金を運用するファンドが、これほどのポートフォリオ変更を一気に行うのは異例である。国債の比率をここまで大胆に引き下げれば、国債市場に大きな混乱が生じさせる可能性がある。だが実際にはその心配はほとんどない。
 新しく設定された基本ポートフォリオは、現実のポートフォリオを追認しただけのものだからである。逆にいうとこれまでGPIFは、基本ポートフォリオから大きく乖離した運用を行っていたことになる。

 ただ、これまで運用方針の見直しをほとんど行っていなかったことを考えると、今後はある程度機動的にポートフォリオの変更が行われることになるかもしれない。ただ当面は、この見直しによる影響はほとんどないと思ってよいだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

ibmrometti
苦戦続くIBM。人工知能に市場は反応せず、ドル高がダメ押し

 米IBMは2015年4月20日、2015年1~3月期の決算を発表した。売上高は …

bukkajoushou
11月の消費者物価指数はいよいよ1%台に突入。インフレ転換はほぼ確実

 総務省は2013年12月27日、11月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標 …

abe20141110
永田町で再び解散説が急浮上。ターゲットは11月17日のGDP発表直後?

 永田町に再び衆議院の解散風が吹き始めた。安倍首相は「解散はまったく考えていない …

bukkajoushou
とうとう物価上昇がストップ。そろそろ構造的な要因に関する議論が必要?

 総務省は2015年3月37日、2015年2月の消費者物価指数を発表した。代表的 …

gnpgni
安倍首相がGNI(国民総所得)増加を表明。なぜ今GNIと騒いでいるのか?

 安倍首相が自らの経済政策であるアベノミクスによって、10年後に国民総所得(GN …

kokkaigijido02
日本の議員資産公開法は穴だらけ。だがそれは国民の側にも原因がある

 参議院は2014年1月6日、昨年7月の参院選で当選した参議院議員の資産を公開し …

ciafurin
さらに混乱するCIA不倫問題。政治謀略か?軍人に群がる肉食系女子の争いか?

 米国CIA長官の不倫疑惑がワケの分からない展開になってきた。ペトレアスCIA長 …

abeyosaninkai201402
首相が公的年金の運用を多様化する方針を表明。具体的な投資対象は未確定

 安倍首相は2014年2月24日の衆院予算委員会で、公的年金の運用方針を見直す考 …

shukinpeidoniron
6月7日に習近平国家主席が訪米。サイバー攻撃問題は表面上の主要議題に過ぎない

 中国の習近平国家主席は米国を訪問し、オバマ大統領と首脳会談を行う。日程は6月7 …

oecdguria
政府の意向を代弁したOECD事務局長。だが主張する内容は極めて客観的

 政府がOECD(経済協力開発機構)を活用した政策のアナウンスに乗りだしている。 …