ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

高速道路無料化は事実上廃止?。基本インフラさえ無料で利用できない日本の貧しさ

 

 国土交通省の審議会である国土幹線道路部会は、6月7日に開いた会合で、高速道路料金の徴収期間を延長することを盛り込んだ中間答申案を提示した。従来高速道路は償却期間が終了すれば無料化する方針だったが、老朽化した道路の修繕費用捻出のため、無料化を先送りする。

 高速道路の無料化が困難であることは高速道路3社からの発表で明らかになっていた。

 現在、3社が管理する高速道路の総延長は約8700キロ。このうち開通後30年を経過した古い道路は4割(3200キロ)に達する。さらに2050年には50年を経過した道路が8割になる見込み。
 これらの古い道路を更新(建て替え)もしくは大規模修繕するためには、最大で10.6兆円の費用が必要になるとしている。国土幹線道路部会の答申案はこの現状を追認したものといる(本誌記事「高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円が必要との試算」参照)。

 ある程度予想されていたこととはいえ、無料化という当初の前提を事実上破棄する内容の答申が出たことについては、疑問の声が上がっている。

 高速道路を現在の状態で維持しようとした場合、発表されている程度の費用がかかることは事実である。だが、施設の維持に一定の費用がかかることは建設当初から分かっていたことであり、今になって無料化の方針を撤回するというのは、維持費を考えずに際限なく新しい道路を作り続けてきた証拠でもある。同省は2014年の国会に関連法案を提出したい意向といわれるが、従来の整備計画に対する検証や総括がないまま、なし崩し的に料金徴収を継続するのでは国民の理解を得ることは難しいだろう。

 また料金徴収の延長が必要と主張している答申案の内容そのものについても、首をかしげざるを得ないような文言が並んでいる。答申案では、道路などの経年劣化が進んでいるとして「日本を荒廃するアメリカとしないためにも、持続可能なメンテナンスサイクルを早急に構築することが必要である」としている。つまりアメリカのような貧しい状況にならないように、料金徴収を延長する必要があるという主張だ。

 何をもってして「荒廃するアメリカ」としているのか、そもそも定義が不明確なのだが、おそらく想像するに、1980年代に米国の公共インフラの劣化が問題になったことを指しているものと思われる。だが当時も今もアメリカの純資本ストックは増加を続けており、年々米国のインフラは立派になっている。減少に転じている日本とは比較にならない状況だ。
 むしろ荒廃しているのは圧倒的に日本の方であり、その原因は修繕費用すら捻出できないほど、際限なく新規建設を続けるという無計画さにあったことは明らかである。しかも米国の高速道路は原則としてすべて無料であることを考えると、日本のインフラ計画の杜撰さは際立っている。

 答申でも指摘している通り、道路は国の基本インフラである。その基本インフラがいつまで経っても無料で利用することができないということは、今後も半永久的に日本の経済成長にボディーブローのようにマイナスの影響を与え続けるということを意味している。
 国民はこのことを決して忘れてはならないだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

bukkajoushou
物価は4カ月連続で上昇。値上げは全品目に波及しつつあるが、これをどう評価すべきか?

 総務省は10月25日、9月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮 …

shalegas
米国が安価なシェールガスの日本輸出を解禁。だが長期的円安で効果は相殺か?

 東京電力は6日、米国産の安価なシェールガスを年間200万トン確保したと発表した …

kenpoukaisei
憲法改正の動きが本格化?だが本当にまともな憲法が自主制定できるのか疑問との声も

 憲法改正をめぐり、まずは「総議員の3分の2以上の賛成」を必要とする現憲法96条 …

osupurei
森本防衛相が自衛隊のオスプレイ導入に含み。外務省が米側の意向を代弁か?

 森本敏防衛相が米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの自衛隊導入について …

mof05
2015年度予算は過去最大だが、歳出抑制に向けて舵を切り始めた内容

 政府は2015年1月14日、2015年度予算案を閣議決定した。予算総額は過去最 …

businessman
日本経済に暗雲。1月の消費はさらにダウンし、生産見通しも悪化

 日本経済に暗雲が垂れ込めている。2015年10~12月期のGDP(国内総生産) …

abe20141118
志が低すぎ?与党が衆院選の勝敗ラインをめぐって混乱

 衆院選の勝敗ラインをめぐる与党内での意見の食い違いが表面化している。過半数を勝 …

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

shukinoeisai
訪中した金正恩氏の特使が帰国ギリギリで習近平主席と会談。垣間見える中国側の苛立ち

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問している朝鮮人民軍総政治局長の崔竜 …

pakukune02
韓国の新政権が、民間から有能なトップを招へいできないワケ。

 韓国で民間から招へいした政権幹部が相次いで、就任を辞退するという状況になってい …