ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

貸し出し増加はやはり無理?積み上がった当座預金残高に銀行は手を付けず

 

 日銀による異次元の量的緩和から3カ月が経過した。日銀が長期国債を一気に買い占めることで、銀行の運用をあえて困難にし、市中に資金を流通させる。当初想定されたこのようなシナリオは、目が覚めるような株式市場の高騰によって現実のものになるかに見えた。だが実際に市中に資金を出回らせるのはそう簡単なことではないようだ。

 3月に末に約58兆円だった日銀の当座預金残高は4月末には66兆円に、5月末には72兆円まで増えた。2カ月で14兆円も増加しており、年間60兆円から70兆円の資金を供給するという日銀の計画は順調に実行されつつある。
 だが日銀の量的緩和策が実際にマネーサプライ(マネーストック)に効いてくるためには、積み上がった当座預金残高を銀行がどのように処理するのかにかかっている。
 この点について3カ月経った現在でも、銀行には大きな変化は見られない。

 銀行の融資額は4月から5月にかけてほとんど増加しておらず横ばいの状態が続いている。また株式投資についても、銀行の4月と5月における売買動向はそれぞれ400億円から500億円という大幅な売り越しとなっている。株高を反映して株を買い進めるどことか、逆に利益確定を行っている可能性が高い。
 単純化すると、銀行はここ2カ月の間で国債を日銀に売却して得た現金を、そのまま口座に積み上げていることになる。業界用語ではこれを「ブタ積み」と呼んでいる。

 もちろん銀行にしてみれば、量的緩和策が始まり、国債が日銀に買い占められたからといってすぐに企業向け融資を増やすことはできない。安易な貸し出し増加は杜撰な審査と表裏一体だからである。
 当面はREITなど商業用不動産ローンを強化するとともに、消費税増税を前にした住宅の駆け込み需要を狙い個人向け住宅ローンを増やす方針であると考えられる。不動産関連の融資で最低限の収益を維持しながら、企業の設備投資意欲が本格的に改善するのを待つ戦略である。

 ただ、株高と円安が一服してしまったことで、商業用不動産ローンが順調に伸びるのか不透明な状況になってきた。また6月5日に発表した成長戦略の第3弾が市場の失望を買う内容であったことから、先行きに対するムードも萎んでしまっている。状況によっては、銀行は有効な運用先を見つけられず、このまま現金を積み上げてしまう可能性もある(本誌記事「安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容」参照)。

 アベノミクスはこれまでのところムードや期待感でうまく歯車が回っていたが、そのフェーズは終了したと考えられる。今後は、企業向けの貸し出しがどの程度伸びるのか、マネーストックがどの程度増加するのかといった、現実の指標に注目が集まってくることになるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …

no image
韓国から通貨スワップ延長の申請未だなし。協定が終了した場合の影響は?

 日本と韓国で締結されている通貨スワップ協定が延長されない可能性が高くなってきた …

iphone6s
グーグルに対する挑戦状?新型iPhone広告ブロック機能の影響度

 米アップルは2015年9月9日、iPhoneの新製品を発表する。詳細は明らかに …

imf201601
IMFの世界経済見通し。中国のくしゃみでロシアとブラジルが高熱ダウン

 IMF(国際通貨基金)は2016年1月19日、世界経済見通しの改定値を発表した …

no image
英国でスタバ、Amazon、Googleの税金逃れが政治問題に。英国も劣化しているのか?

 米国に本社のあるグローバル企業、Amazon、スターバックス、Googleの3 …

kiuchi
黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?

 日銀による異次元の量的緩和策を決めた4月4日の政策決定会合では、黒田総裁の提唱 …

chinajojohaisi
中国で中央政府直系の国有企業初が初の上場廃止

 中国の上海証券取引所に上場していた中国の国有企業「中国長江航運集団南京油運」が …

ierensamazu
次期FRB議長最有力候補サマーズ氏が無念の辞退。理由はズバリ、傲慢不遜な性格

 米FRB(連邦準備制度理事会)次期議長の最有力候補であったサマーズ元財務長官が …

no image
維新の会の経済政策が徐々に明らかに。大阪はこうなる!

 次期衆院選の準備を進める大阪維新の会の経済政策がその姿を見せつつある。  Ne …

linederima
LINEが料理の出前サービスに参入。これからは家で食べるのが主流に?

 LINEが飲食店のデリバリーサービスに参入した。外資系のウーバーイーツや楽天が …