ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

エアアジアが合弁解消。日本でLCCがうまくいかない理由とは?

 

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアとANAホールディングスは、日本国内のLCC合弁事業を解消する。エアアジア本体が保有するエアアジア・ジャパンの株式をANAが買い取り、ANAの100%子会社にする。

 エアアジアジャパンの経営行き詰まりは以前から指摘されており、このような結果になるのは時間の問題であった。同社は当初80%の搭乗率を目標としていたが開業当初から苦戦、60%台という低い搭乗率が続いていた。昨年12月には、開業わずか4カ月で岩片和行社長が辞任し、小田切義憲取締役が新社長に就く人事があったばかり。

 同社の経営不振の原因としては、ネット予約システムの不便さや、旅行代理店ではなく直接販売にこだわった営業戦略のミスなどが指摘されている。
 もちろん個別には様々な要因があるが、それは本質的な問題とはいえない。エアアジアが失敗したのは、国内LCCをどのように位置付けるのかというANAの基本戦略が定まっていないことに最大の原因がある。

 ANAはエアアジアジャパンのほかにも、ピーチアビエーションという別のLCCも保有している。日本ではここ1~2年のあいだに、エアアジア、ピーチ、ジェットスターと格安航空会社が相次いで登場した。だがそれらは戦略的な決定に基づくものではなく、近年、米国、欧州、アジアにおいて格安航空会社が急成長したことに脅威を感じ、慌てて子会社を設立して参入したというのが実態である。
  海外LCCの多くはベンチャー企業であり、大手と競合するビジネスモデルなので何の問題もないが、日本のLCCは、自身が業績を伸ばすと親会社の経営を圧迫するという根本的な矛盾を抱えている。このため、日本のLCCの展開については、多くの市場関係者が当初から懐疑的な目を向けていた。

 エアアジアの業績不振は、この懸念がまさに現実化したものといえる。成田-韓国が980円といった派手なキャンペーン価格が目を引いたが、実際の運賃はそれほど安いわけではない。大手でも格安チケットを探せば同じような水準の運賃はいくらでも見つけることができた。大手よりも不便でサービスが悪いLCCは、びっくりするような低価格でなければ顧客が選択するはずがなく、直販にこだわった同社の搭乗率が悪かったのはむしろ当然といえるだろう。

 また日本は、空港などの施設が官庁の巨大利権となっており、利用料が極めて高いという特徴がある。航空会社はどんなにコスト削減を行っても顧客に安い料金を提示できない構造になっており、大手航空会社で比較しても、日本の航空運賃は国際的に見て異常に高い。
 エアアジアでは情報を開示していないが、諸外国のLCCと比較すると、同社の運行コストは1.5倍以上高かったと推定される。そもそも「破格の安値」を設定すること自体が不可能なのである。

 本来であれば、アベノミクスの成長戦略において、こういった分野の大胆な規制緩和が望まれるところだが、現在の日本にその気配はまったくない。日本の航空市場、航空行政はまさにガラパゴスの典型といえる。
 ANAではピーチとのブランド一本化を検討しているといわれるが、結局のところ親会社の経営を圧迫しない範囲で、相対的に安めの料金を提示するという、曖昧なビジネスモデルしか、日本版LCCが生き残る道はないと考えられる。
 ANAとしては迷走の末、このような戦略に一本化することになると思われるが、消費者にとってそれはよいニュースとはいえない。日本でLCCがうまくいかない最大の理由は航空行政であり、最終的に犠牲になるのは、諸外国に比べてバカ高い運賃を強要される日本の消費者だからである。

 - 経済 , ,

  関連記事

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

amazondrone
米国で無人機と旅客機がニアミス。無人機の認可方針にも影響か?

 米フロリダ州の空港近くで、旅客機に無人機が異常接近(ニアミス)するという事態が …

tosho03
目立ってきた為替と日経平均の乖離。どちらが実体経済を表している?

 日経平均と為替相場の乖離が大きくなっている。量的緩和策の実施以降、基本的に日経 …

putingunjiryoku
ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に …

bitcoin
ビットコイン消失事件をきっかけに、規制強化の動きが高まっているが・・・

 仮想通貨ビットコインが大量消失した事件に関し、取引所運営会社社長が逮捕されたこ …

brics
BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフ …

kousakukiki
設備投資は製造業主導で大幅な伸び。期末要因なのか設備投資復活なのか?

 内閣府は2014年5月19日、3月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

titanic2
タイタニック号が2016年に復活。だが建造を受注したのは無名の中国企業

 オーストラリアで複数の鉱山会社を所有する大富豪クライブ・バーマー氏が、豪華客船 …

kosakukiki
7~9月期GDPを占う7月の機械受注統計。結果はやはりいまひとつ

 内閣府は2014年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

abe
安倍総裁が国債の日銀引き受けに言及。市場は完全に「円安」を織り込み始めた

 自民党の安倍晋三総裁が、とうとう日銀による国債直接引き受けに言及した。安倍氏は …