ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

空洞化は悪いことばかりではない。海外工場からの利益で4月の経常収支は大幅黒字

 

 財務省は6月10日、4月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は7500億円の黒字と前年同月比約2倍となった。貿易赤字は前年同月比で赤字が拡大したが、海外への投資から得られる利益が円安によって増加したことでトータルでは黒字となった。日本は製品の輸出ではなく、海外からの投資で利益を得る体質に転換したといえる。

 4月の貿易赤字額は1兆2593年と赤字幅が拡大した。一方で、海外への投資から得られる利子や配当(所得収支)は円安によって前年同月比52%と大幅な伸びを見せた。所得収支の金額は2兆1160億円となり、最終的な国の儲けである経常収支は7500億円の黒字となった。

 実は日本はかなり以前から、投資でメシを食う不労所得の国となっている。貿易による黒字を投資による利益が上回ったのは2004年であり、今から10年も前のことである。
 その後、日本の製造業の競争力が低下し、震災以降は慢性的な貿易赤字が定着している。貿易赤字が増えたことで経常収支も赤字に転じるかと思われたが、円安の効果によって経常収支はプラスを維持しているというのが現状の姿である。

 投資による利益の大半を占めるのが、米国債への投資から得られる利子である。だが最近目立って増加しているのは、工場の海外移転に伴う直接投資から得られる利益だ。国内の工場を閉鎖して海外に工場を作る場合、ほとんどが現地法人を設立することになるが、これは国際収支統計上、直接投資という分類になる。
 海外の現地法人が日本にある本社に支払う利子や配当が円安によって増加したことで、直接投資による利益が前年同月比で3倍以上も増えた。

 確かに工場を海外に移転すれば、工場で確保されていた雇用は失われることになる。だが海外に移転して価格競争力を維持することができれば、その儲けは利子や配当という形で日本に帰ってくる。競争力がないまま国内生産にこだわり、利益が上がらない状態と比べれば、日本が得られるトータルの利益は大きい。工場の海外移転は必ずしもマイナス面ばかりではないのだ。

 だが日本の場合、政府が規制緩和に消極的であることから、国内で新しい雇用が生まれないという問題がある。新しい産業を育成して、失われた雇用の受け皿を作ることが緊急の課題であることを、最新の国際収支統計は示している。

 - 経済 , ,

  関連記事

abetokku
日本の成長戦略はどう進めるべきなのか?フランスの失敗から学ぶことは多い

 経済活動に対して政府が強く関与するなど日本との共通点が多いフランスの経済政策が …

setsubitousi
4~6月期における企業の利益は大幅増。今後は円高とエネルギー価格の綱引きに

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …

cupnoodle
円安をきっかけに各業界で値上げ続々。輸入価格主導でもう一段の物価高に

 急速に進行した円安をきっかけに各業界で続々と値上げが発表されている。輸入物価の …

erupida
全国の倒産件数は過去20年で最低。政府の延命策と復興需要に完全に依存

 東京商工リサーチは2012年の全国企業倒産状況を発表した。それによると、倒産件 …

toshiba03
東芝がようやく決算を発表。だが根本的な問題は何も解決していない

 不正会計問題で決算発表を延期していた東芝は2015年9月7日、2015年3月期 …

nyse
ダウの高値更新でバブル論。だが、米国がバブルだというなら、日本はもっとバブルだ!

 3月6日のニューヨーク株式市場は、前日に続いて史上最高値を更新した。雇用指標が …

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …

kouki9
トルコによる中国製装備の調達問題で浮上した、軍事技術汎用化という課題

 NATO(北大西洋条約機構)のラスムセン事務総長は10月7日、NATO加盟国の …

yuseijoujou
郵政グループの売り出し価格決定。成長銘柄ではなく、配当銘柄として考えるべき?

 日本郵政グループが2015年11月4日に上場する。上場するグループ3社のうち、 …

mof05
国債なんてもう要らない。プライマリーディーラー返上で三菱UFJが財務省に宣戦布告?

 三菱東京UFJ銀行が、有利な条件で国債の入札に参加できる「国債市場特別参加者」 …