ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

プーチン大統領が離婚をカミングアウト。世界的に進む権力者の透明化

 

 ロシアのプーチン大統領がリュドミラ夫人と離婚したことを明らかにし、大きな話題となっている。また中国では、習近平国家主席と夫人の彭麗媛さんとの不仲説が取りざたされている。

 実は旧共産圏をはじめとする非民主国家では、権力者の私生活に触れることはタブーとされている。
 いわゆる西側諸国でも、イタリアやフランスなど、女性の地位が低く、権威主義的な国では、政治家の私生活、特に女性問題についてマスコミが積極的に報じることは難しい。かつてミッテラン大統領に対し愛人の存在を質問した記者が「だから何なんだ!」と大統領に凄まれた事件は有名だ。

 反対に米国では、大統領の健康診断の結果までマスコミ報道されるほどであり、クリントン元大統領の不倫事件(モニカ・ルインスキー事件)の際には、思春期の一人娘(チェルシーさん)がいるにも関わらず、具体的な性行為の詳細まで議会の調査報告書に記載された。

 その意味でプーチン大統領が私生活のトラブルについて公言したことは、ロシアではかなりの驚きを持って受け止められている。習氏の仮面夫婦説は、ある程度まで言論の自由が保障されている香港メディアでの報道が中心だが、それでも秘密のベールに包まれていたかつての中国の指導者と比べれば、環境の変化は大きいといえるだろう。

 政治家は官僚とはまったく異なる存在である。官僚は政府に雇われたただの労働者であり、理屈の上では、政治家の指示にしたがって実務を行う存在でしかない。仕事さえできればプライベートなどはどうでもよい話だ。だが政治家は法律を作るという強大な権限を有しており、だからこそ選挙で選ばれる。
 法律の中には民法など、道徳やモラルに関わるものもの少なくない。最近では同性愛者の結婚の権利を認める運動が欧州で盛んになっているが、まさにこれは民法の根幹に関わる問題である。

 このように、人間の価値観そのものに影響する法律を作る権限を持った政治家が、どのようなモラルを持ち、どのような私生活をしているのかは、有権者にとって極めて重要な情報である。だからこそ、民主レベルの高い国では、多少下品であっても権力者のプライベートに関する報道は許容されている。
 ロシアや中国はとても民主国家とはいえないが、それでも大きな流れとしては民主化の方向を目指しつつある。権力者のプライベートな情報が報道されているというのは、その流れを象徴した出来事といえる。

 日本は中国やロシアに比べればマシだが、いわゆる先進国の中では民主化レベルが低い国として知られている(多くの日本人は認識していないかもしれないが)。日本における権力者のプライベートはかなりタブー視されており、報道されないものも多い。
 近い将来、日本においても同性愛者の権利や夫婦別姓など新しい価値観をめぐる議論が活発になってくる可能性が高い。有権者が正しい判断をできるよう、立法権限を握る国会議員のプライベートはもっと透明化させていく必要があるだろう。

 - マスコミ, 政治, 社会 , ,

  関連記事

tenanmon02
天安門の自動車爆破事件。世界が危惧するシリア問題との関連性

 北京の天安門広場で、車が歩道に突入・炎上し5人が死亡した事件について、中国当局 …

nouchi
コメ農家の平均的な農業収入はわずか年50万円。減反廃止以前に農業は崩壊している

 政府与党は11月25日、コメの生産調整(いわゆる減反)の見直しを柱とする農政改 …

pakukune02
朴槿恵新政権が、未来創造科学省の設置に執拗にこだわるワケ

 発足したばかりの韓国・朴槿恵政権で、主要閣僚が就任できないという前代未聞の事態 …

matusi
沖縄の基地反対派に対する「土人」発言がもたらす、安全保障上の致命的デメリット

 沖縄の米軍ヘリコプター発着場の建設に抗議していた人物に対し、大阪府警の機動隊員 …

obamapowerrice
オバマ大統領が次々と独自色の強い人事案を発表。共和党との対決に自信

 オバマ米大統領は独自色を強く打ち出した人事を相次いで発表している。6月5日、退 …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

settai
外国政府による米国議員関係者の接待。中国が突出して多いことが判明

 中国をはじめとする外国政府が米国の議員やそのスタッフを接待旅行に招待する事例が …

obamasyria02
オバマ政権の目論見通り?シリアの化学兵器廃棄で攻撃回避の可能性が高まる

 シリアが保有する化学兵器を国際管理下に置くというロシア提案をシリア政府が受け入 …

saikousai
波紋を呼ぶ前内閣法制局長官の発言。やはり日本では三権分立は無理なのか?

 前内閣法制局長官で最高裁判事に任命された山本庸幸氏は21日、記者会見において「 …

watanabejunichi
作家の渡辺淳一氏が死去。和田心臓移植事件からは46年の時が経過した

 ダブル不倫を描いた話題作「失楽園」の著者である作家の渡辺淳一氏が4月30日死去 …