ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

景気回復を示す指標が相次ぐ。ただ先行指標は踊り場を入りを示唆?

 

 景気の回復を示唆する指標が相次いでいる。消費動向調査による消費者心理は5カ月連続のプラス、法人企業景気予測調査による国内景況感は調査を開始した2004年以来最大となった(大企業、全産業)。日銀は11日の金融政策決定会合において、現状の景気判断を6カ月連続で上方修正している。だが多くの国民はまだ景気回復を実感できておらず、一部からは今後の景気に対する不透明感も出てきている。果たして景気はどちらを向いているのだろうか?

 消費動向調査は、内閣府が毎月公表しているもので、消費者における「暮らし向き」「耐久消費財の買い時判断」などについて指数化(消費者態度指数)したものである。5月の消費者態度指数はまだ50を下回っているものの、47.5と5カ月連続でプラスとなった。

 法人企業景気予測調査は、内閣府と財務省が四半期ごとに実施する調査で、企業経営者に景況感や売上高、需要などについて見通しを尋ねるというもの。4月から6月の現状判断では、すべての企業規模と業種で大幅なプラスとなり、景況感が上向いていることを示している。大企業の景況感の回復が顕著だが、中小企業にも効果が波及してきている。
 複数の調査結果が同じような傾向を示していることから、少なくとも現在の景気について前向きな判断を示している人が多いことがうかがえる。

 一方、景気に対する先行指標といわれる景気ウォッチャー調査は、少し異なった結果となっている。同調査は、タクシー運転手、娯楽施設の従業員など、景気動向を肌で感じる職業の人に景況感をヒアリングして指数化したもので、景気の状況をもっとも敏感に反映するといわれる。
 アベノミクスの開始以来、すべての指標に先行して景気ウォッチャーの指標が上昇してきたという経緯があるが、3月からの数値は連続前月比マイナスが続いている。これを景気回復途中の踊り場と見るのか、景気の腰が折れたサインと見るのかで解釈は大きく分かれてしまう。

 いずれにせよ、アベノミクスに対する期待感から個人消費が活発になり、円安の影響もあって企業の景況感が改善してきたことは事実のようである。だが今後は、期待感といったイメージではなく、設備投資の改善など目に見える成果が求められることになる。アベノミクスが第2のフェーズに入ったことは間違いない。

 - 経済 , ,

  関連記事

thanksgiving01
七面鳥そっちのけ。感謝祭セールに殺到する米国人が支える底堅い個人消費

 米国は現在、感謝祭休日の真っ最中。日本のお盆や正月と同様、実家に帰って家族と過 …

imf201401
IMFの経済見通しを見れば、消費税10%増税を年内に決定する理由が分かる

 IMF(国際通貨基金)は2014年1月21日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

barroso02
EUが加盟6カ国の財政目標を緩和。とうとう緊縮路線からの転換を表明

 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は5月28日、フランスやスペインなど …

mizuho
新みずほ銀行がようやく発足。だが失われた10年はあまりにも長い

 みずほフィナンシャルグループのみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が7月1日合併 …

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …

nichigin
日銀と政府の不毛な緩和論争の背後で、市場は動き始めている?

 日銀は30日、金融政策決定会合を開催し、国債などを買い入れる基金を11兆円増額 …

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

yahootumblr
米ヤフーがSNS+ブログの新興企業タンブラーを買収。ただ両社の融合には疑問符も

 米ヤフーは、ブログとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を手掛ける …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

ierensamazu
FRB議長の後任人事。市場はサマーズ氏ではなくイエレン副議長を望んでいるが・・・

 米国における量的緩和策の出口戦略が明確になりつつある中、来年早々にも退任すると …