ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

三菱重工と日立が火力発電事業を統合。だが肝心の技術でトラブルが続き前途多難

 

 三菱重工業と日立製作所は6月11日、火力発電事業の事業統合に関する基本契約書を締結したと発表した。三菱重工が65%、日立35%出資する新会社を2014年1月1日に発足させ、両社の火力発電事業を切り離して統合させる。現在の両者の事業規模は1兆円強だが、将来的には2兆円の売上高を目指す。

  両者が火力発電事業を統合するのは、同分野で圧倒的な競争力を持つ米GE(ゼネラル・エレクトリック)、独シーメンスという二大メーカーに対抗するためである。
 両社の火力発電部門の売上げはそれぞれ約2兆円の規模があり、三菱と日立が従来のように単独で事業を行っていてはまったく太刀打ちができない。両者を統合してもまだ半分の規模しかなく、生き残るためには統合以外に選択肢がなかったという方が正しい。

 重電分野に限らず、日本メーカーは国際的に見てあまりにも規模が小さいところが多い。日本国内では巨大企業として認識されていても、グローバルでは中小企業でしかない企業が多すぎるのだ。
 さらに問題なのが、規模で太刀打ちできないだけでなく、肝心の技術力が米国やドイツと比較して劣化していることだ。

 実は日立の発電用タービンにはこのところ致命的なトラブルが相次いでいる。発電技術の要であるタービンのブレード(羽)が折れたり欠損が発生する事故が多発しているのだ。中部電力の上越火力発電所では、ブレードが折れる事故が2回も連続して起こっている。
 三菱側も安泰ではない。カリフォルニア州にあるサンオノフレ原子力発電所は、三菱重工が納入した蒸気発生器がトラブルを起こし解決のメドが立たないとして、同原子炉を廃炉にすると発表した。蒸気発生器に異常な摩耗が発生しているという。同原発は三菱重工側に損害賠償請求をする構えだ。
 こちらは原子力部門のトラブルだが、火力部門の統合は将来的な原子力部門の統合を視野に入れたものといわれており、無関係とはいえない。

 両社は各トラブルの原因解析や今後の対策に追われている状況であり、両者の事業統合後、最初の共同作業はトラブル処理という皮肉な結果となっている。

 日本国内では「技術では勝ったが、商売で負けた」という例えがよく使われている。だが製造業は商売のテクニックだけで勝てるほど甘い世界ではない。製造業で競争力がないということは、最終的には技術力で劣っているからである。このことは、日本のモノ作りを支えてきた両社の技術者が一番よく分かっているはずだ。
 GEとシーメンスの背中は遠いが、着実に技術で巻き返しを図っていくしか方法はない。その意味で今回のトラブルは新会社にとっての試金石になるといえるだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

no image
株式投資を促す私的年金制度を検討へ。だが現在の日本で「貯蓄から投資」はムリ

 1600兆円にのぼる個人金融資産の活用について議論する、財務省・金融庁の金融・ …

a380
世界の航空機市場は急拡大。日本の閉鎖市場は製造業にも影響を与える可能性がある

 欧州の航空機大手エアバスは、中東の航空会社3社から合計で137機、推定400億 …

chart01
米高官が円安を容認し、1ドル=94円台まで下落。円安が続くと多くの関係者が考えるワケ

 為替市場において円安の動きが加速している。週明け11日のニューヨーク市場の円相 …

no image
韓国から通貨スワップ延長の申請未だなし。協定が終了した場合の影響は?

 日本と韓国で締結されている通貨スワップ協定が延長されない可能性が高くなってきた …

subaru
富士重工の半期決算は円高の影響で減収減益。通期の業績は米大統領次第?

 富士重工業が発表した中間決算は、円高が進んだことなどから5年ぶりの減収減益とな …

kabuka
公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1 …

asohadaijin201406
麻生大臣による「守銭奴」発言。表現は下品だが、本質を突いている

 麻生財務大臣は2015年1月5日、日本企業が内部留保を蓄積していることについて …

zaiseishuusi
骨太の方針に歳出上限を盛り込まない公算。市場はこれをどう受け止めるか?

 政府は今月末に経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の閣議決定を予定しているが、 …

torisimariyaku
経済同友会が独立取締役の義務化を要望。実現がほぼ絶望的な理由とは?

 経済同友会は10月28日、企業からの独立性が高い「独立取締役」の設置を上場企業 …

kikaiinsatu
設備投資の先行指標である機械受注が大幅減。7~9月期のGDPは大丈夫か?

 内閣府は2015年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …