ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

三菱重工と日立が火力発電事業を統合。だが肝心の技術でトラブルが続き前途多難

 

 三菱重工業と日立製作所は6月11日、火力発電事業の事業統合に関する基本契約書を締結したと発表した。三菱重工が65%、日立35%出資する新会社を2014年1月1日に発足させ、両社の火力発電事業を切り離して統合させる。現在の両者の事業規模は1兆円強だが、将来的には2兆円の売上高を目指す。

  両者が火力発電事業を統合するのは、同分野で圧倒的な競争力を持つ米GE(ゼネラル・エレクトリック)、独シーメンスという二大メーカーに対抗するためである。
 両社の火力発電部門の売上げはそれぞれ約2兆円の規模があり、三菱と日立が従来のように単独で事業を行っていてはまったく太刀打ちができない。両者を統合してもまだ半分の規模しかなく、生き残るためには統合以外に選択肢がなかったという方が正しい。

 重電分野に限らず、日本メーカーは国際的に見てあまりにも規模が小さいところが多い。日本国内では巨大企業として認識されていても、グローバルでは中小企業でしかない企業が多すぎるのだ。
 さらに問題なのが、規模で太刀打ちできないだけでなく、肝心の技術力が米国やドイツと比較して劣化していることだ。

 実は日立の発電用タービンにはこのところ致命的なトラブルが相次いでいる。発電技術の要であるタービンのブレード(羽)が折れたり欠損が発生する事故が多発しているのだ。中部電力の上越火力発電所では、ブレードが折れる事故が2回も連続して起こっている。
 三菱側も安泰ではない。カリフォルニア州にあるサンオノフレ原子力発電所は、三菱重工が納入した蒸気発生器がトラブルを起こし解決のメドが立たないとして、同原子炉を廃炉にすると発表した。蒸気発生器に異常な摩耗が発生しているという。同原発は三菱重工側に損害賠償請求をする構えだ。
 こちらは原子力部門のトラブルだが、火力部門の統合は将来的な原子力部門の統合を視野に入れたものといわれており、無関係とはいえない。

 両社は各トラブルの原因解析や今後の対策に追われている状況であり、両者の事業統合後、最初の共同作業はトラブル処理という皮肉な結果となっている。

 日本国内では「技術では勝ったが、商売で負けた」という例えがよく使われている。だが製造業は商売のテクニックだけで勝てるほど甘い世界ではない。製造業で競争力がないということは、最終的には技術力で劣っているからである。このことは、日本のモノ作りを支えてきた両社の技術者が一番よく分かっているはずだ。
 GEとシーメンスの背中は遠いが、着実に技術で巻き返しを図っていくしか方法はない。その意味で今回のトラブルは新会社にとっての試金石になるといえるだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

toshibakojo
東芝が持ち株会社化を検討との報道。情報開示レベルが低下する懸念も

 経営危機が囁かれる東芝が持ち株会社への移行を検討しているとの報道が出ている。持 …

no image
アメリカで起業熱が再沸騰。シリコンバレーでは洋上インキュベーション施設まで登場

 米国のシリコンバレーでユニークなベンチャー企業が登場し注目を集めている。  会 …

karyoku
政府が温暖化ガス26%削減という野心的な目標を設定。ただし老朽原発再稼働と省エネ徹底が大前提

 政府は2015年6月2日、2030年までに温暖化ガスの排出量を2013年比で2 …

tokyomachinami
企業倒産が激減。日本経済は事実上、機能不全を起こしている?

 企業の倒産件数の減少が進んでいる。2015年はバブル期の頂点だった1990年以 …

meti03
経済産業省がこのタイミングで国家統制色の強い法案を出してくる背景とは?

 政府が秋の臨時国会に提出する産業競争力強化法案は、政府主導でリストラやM&am …

sengyoushufu
総務省の家計調査結果に新しい兆候が。日本からとうとう専業主婦がいなくなる?

 総務省は2012年2月19日、2012年の家計調査報告を発表した。サラリーマン …

bouekitoukei201305
5月の貿易統計。円安で金額はカバーしたが輸出数量の下落に歯止めがかからない

 財務省は6月19日、5月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

sonycity
REITが次々に増資と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?

 REIT(不動産投資信託)の増資と物件取得が相次いでいる。国内では最大級のRE …

shouhishakinyu
上限金利を元に戻す案を検討開始との報道。結局議論は振り出しに?

 貸金業者における上限金利を以前の29.2%に戻す案が与党内で検討されているとい …

sekitankaryoku
政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済 …