ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

三菱重工と日立が火力発電事業を統合。だが肝心の技術でトラブルが続き前途多難

 

 三菱重工業と日立製作所は6月11日、火力発電事業の事業統合に関する基本契約書を締結したと発表した。三菱重工が65%、日立35%出資する新会社を2014年1月1日に発足させ、両社の火力発電事業を切り離して統合させる。現在の両者の事業規模は1兆円強だが、将来的には2兆円の売上高を目指す。

  両者が火力発電事業を統合するのは、同分野で圧倒的な競争力を持つ米GE(ゼネラル・エレクトリック)、独シーメンスという二大メーカーに対抗するためである。
 両社の火力発電部門の売上げはそれぞれ約2兆円の規模があり、三菱と日立が従来のように単独で事業を行っていてはまったく太刀打ちができない。両者を統合してもまだ半分の規模しかなく、生き残るためには統合以外に選択肢がなかったという方が正しい。

 重電分野に限らず、日本メーカーは国際的に見てあまりにも規模が小さいところが多い。日本国内では巨大企業として認識されていても、グローバルでは中小企業でしかない企業が多すぎるのだ。
 さらに問題なのが、規模で太刀打ちできないだけでなく、肝心の技術力が米国やドイツと比較して劣化していることだ。

 実は日立の発電用タービンにはこのところ致命的なトラブルが相次いでいる。発電技術の要であるタービンのブレード(羽)が折れたり欠損が発生する事故が多発しているのだ。中部電力の上越火力発電所では、ブレードが折れる事故が2回も連続して起こっている。
 三菱側も安泰ではない。カリフォルニア州にあるサンオノフレ原子力発電所は、三菱重工が納入した蒸気発生器がトラブルを起こし解決のメドが立たないとして、同原子炉を廃炉にすると発表した。蒸気発生器に異常な摩耗が発生しているという。同原発は三菱重工側に損害賠償請求をする構えだ。
 こちらは原子力部門のトラブルだが、火力部門の統合は将来的な原子力部門の統合を視野に入れたものといわれており、無関係とはいえない。

 両社は各トラブルの原因解析や今後の対策に追われている状況であり、両者の事業統合後、最初の共同作業はトラブル処理という皮肉な結果となっている。

 日本国内では「技術では勝ったが、商売で負けた」という例えがよく使われている。だが製造業は商売のテクニックだけで勝てるほど甘い世界ではない。製造業で競争力がないということは、最終的には技術力で劣っているからである。このことは、日本のモノ作りを支えてきた両社の技術者が一番よく分かっているはずだ。
 GEとシーメンスの背中は遠いが、着実に技術で巻き返しを図っていくしか方法はない。その意味で今回のトラブルは新会社にとっての試金石になるといえるだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

bananki
FRBが量的緩和縮小を見送り。市場にとってはまったくの「想定外」

 米FRB(連邦準備制度理事会)は9月18日のFOMC(連邦公開市場委員会)にお …

canonfactory
キヤノンの国内生産回帰は評価すべきだが、雇用の増加につながるわけではない

 キヤノンは2015年までに自社製品の国内生産比率を現在の42%から50%へ引き …

jinkouchino
学会誌の女性イラスト事件から考える、オープンな現代社会を生き抜く知恵

 人工知能学会は2014年1月9日、1月発行の同学会誌表紙に掲載された女性のイラ …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相が「欧州危機はドイツの陰謀」と絶叫!

 「イタリアの暴れん坊」「イタリアの種馬」といった異名を持つベルルスコーニ元首相 …

pwr
原発再稼動が進み始めているが、三菱重工と日立の原発事業統合はどうなる?

 安倍政権が原発再稼動に向け着々と布石を打っていることから、電力システム部門の統 …

jinmingen
台湾と中国で人民元の直接取引が解禁。中国が狙うのは緩いアジアの人民元経済圏

 中国の人民元と台湾ドルの直接取引が6日、解禁された。台湾では、現地の銀行が米ド …

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …

wallst02
米国で雇用の質が徐々に改善。NYではウォール街に頼らない雇用増を実現

 景気拡大が続く米国で雇用の質が改善している。ニューヨークでは、かつてはウォール …

no image
メガバンクとゆうちょ銀行で不正画面誘導が多発。だが本当に危惧されることとは?

 ネット銀行のホームページに不正が画面が表示され、パスワードなどが盗まれて不正送 …

Conde Nast Building
ニューヨークの景観論争で浮き彫りになった?日本の規制の実態

 ニューヨークの超高層ビルの看板をめぐってちょっとした論争が起こっている。場所は …