ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本人がノーベル医学生理学賞を受賞。日本の研究開発予算が貧弱という話は本当か?

 

 山中伸弥・京都大教授(50)がノーベル医学生理学賞を受賞した。人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発を発表してからわずか6年という快挙である。

 ところで日本人がノーベル賞を受賞すると必ず出てくる議論が、日本の研究開発予算が貧弱であるという話題。果たしてこれは本当なのだろうか?

 確かに絶対額やGDP費などの比較では、米国が世界をリードしており、日本は遅れを取っている。だがその他の先進国と比べて日本は特に悪い水準ではない。
 大学の予算も決して少なくない。科学の分野で世界的に有名なMIT(マサチューセッツ工科大学)の予算は、東京大学よりも少なく、京都大学や東北大学などと同レベルだ。

 だが、問題はその中身だ。予算のうち純粋な研究費に占める割合が、MITでは7割近くを占めるの対して、日本の大学は2割以下だ。さらにMITの研究者の数は東京大学の半分以下である。

 カンのいい方ならもうピンとくると思うが、公共投資などに対するバラマキ予算と同じ構図が大学にもあてはまるのだ。
 要するに日本の大学は余分に人を抱え、ムダなところにばかり予算を使っているのである。国の研究開発予算そのものが貧弱なのではない。

 日本ではよく米国と比べて貧弱だとの議論がなされるが、米国の学会の実態を知っているのだろうか?米国における学者の競争は実にすさまじい。そもそも学者は終身雇用をまったく保証されず、いい研究を継続できなければ容赦なく解雇される。終身雇用になるのは、世界的研究を行った一部の有名学者だけである。
 公務員として一生安泰な日本の学者とはワケが違うのだ。また日本の大学のように、文部科学省が隅々まで利権を張り巡らすようなこともない。

 ある意味、米国の学会は、競争に勝ったものがすべてを得るウォール街よりも露骨な競争社会なのである。成果が上がらなければゴミのように捨てられるだけだ。

 過剰なまでの競争社会があってはじめて、良質な研究が生まれる。日本を米国並みの科学技術立国にという安易な主張をよく聞くのだが、本当に日本人はこのような激烈な競争社会を望んでいるのだろうか?

 日本の優秀な研究者は、続々と外国の研究機関にスカウトされている。山中教授が日本で研究を続けていたことはむしろラッキーと考えるべきだ。
 皆仲良く、和を大事にということであれば、科学技術の成果は諦めた方がよい。

 - 政治, 社会

  関連記事

kokumusho02
靖国参拝に対する米国の声明。問題解決を内容の解釈に求めるのは危険だ

 安倍首相の靖国参拝に対して、米国政府が異例の声明を発表してから約10日が経過し …

bhutan
「幸せの国ブータン」で初の政権交代。理想は大事だが、識字率50%という現実は重い

 ヒマラヤの山中に位置する王国ブータンで7月13日、国民議会(下院)の選挙が行わ …

shupaku
北朝鮮大幅譲歩の背後にある中韓の蜜月関係と米国の影響力低下

 北朝鮮をめぐる国際情勢が大きく動き始めている。背景にあるのは、中国の台頭と米国 …

nodae02
ここまでプライドを捨てられればご立派!。野田首相が選挙に自信がなく比例重複立候補

 民主党代表の野田佳彦首相は12月の総選挙において、比例代表に重複立候補する意向 …

shuraisukaidan
習近平国家主席と米ライス補佐官が会談。オバマ大統領訪中の準備が進む

 中国の習近平国家主席と米国のライス大統領補佐官は2014年9月9日、北京で会談 …

abejosei
若者と女性の雇用を促進するという官邸主導の会議はまさに茶番劇

 政府は13日、「若者・女性活躍推進フォーラム」の初会合を首相官邸で開催した。出 …

oecdskill
OECDによる能力調査。日本人は3分野のうち2分野で1位なのだが、何とITスキルでは?

 OECD(経済協力開発機構)は10月8日、世界24カ国を対象した国際成人力調査 …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

boyscout
米国のボーイスカウトで同性愛者の入団拒否めぐる議論が紛糾

 同性愛者をめぐる扱いをめぐって、米国のボーイスカウト団体が揺れている。米国ボー …