ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本人がノーベル医学生理学賞を受賞。日本の研究開発予算が貧弱という話は本当か?

 

 山中伸弥・京都大教授(50)がノーベル医学生理学賞を受賞した。人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発を発表してからわずか6年という快挙である。

 ところで日本人がノーベル賞を受賞すると必ず出てくる議論が、日本の研究開発予算が貧弱であるという話題。果たしてこれは本当なのだろうか?

 確かに絶対額やGDP費などの比較では、米国が世界をリードしており、日本は遅れを取っている。だがその他の先進国と比べて日本は特に悪い水準ではない。
 大学の予算も決して少なくない。科学の分野で世界的に有名なMIT(マサチューセッツ工科大学)の予算は、東京大学よりも少なく、京都大学や東北大学などと同レベルだ。

 だが、問題はその中身だ。予算のうち純粋な研究費に占める割合が、MITでは7割近くを占めるの対して、日本の大学は2割以下だ。さらにMITの研究者の数は東京大学の半分以下である。

 カンのいい方ならもうピンとくると思うが、公共投資などに対するバラマキ予算と同じ構図が大学にもあてはまるのだ。
 要するに日本の大学は余分に人を抱え、ムダなところにばかり予算を使っているのである。国の研究開発予算そのものが貧弱なのではない。

 日本ではよく米国と比べて貧弱だとの議論がなされるが、米国の学会の実態を知っているのだろうか?米国における学者の競争は実にすさまじい。そもそも学者は終身雇用をまったく保証されず、いい研究を継続できなければ容赦なく解雇される。終身雇用になるのは、世界的研究を行った一部の有名学者だけである。
 公務員として一生安泰な日本の学者とはワケが違うのだ。また日本の大学のように、文部科学省が隅々まで利権を張り巡らすようなこともない。

 ある意味、米国の学会は、競争に勝ったものがすべてを得るウォール街よりも露骨な競争社会なのである。成果が上がらなければゴミのように捨てられるだけだ。

 過剰なまでの競争社会があってはじめて、良質な研究が生まれる。日本を米国並みの科学技術立国にという安易な主張をよく聞くのだが、本当に日本人はこのような激烈な競争社会を望んでいるのだろうか?

 日本の優秀な研究者は、続々と外国の研究機関にスカウトされている。山中教授が日本で研究を続けていたことはむしろラッキーと考えるべきだ。
 皆仲良く、和を大事にということであれば、科学技術の成果は諦めた方がよい。

 - 政治, 社会

  関連記事

tocho
都庁職員が猪瀬知事のツイッター活用指示に困惑。なぜ公務員はITを駆使できないのか?

 猪瀬直樹東京都知事が、全部局に支持したツイッターによる情報発信に都庁職員が苦慮 …

udeishoku
イラクで負傷した兵士の両腕移植が成功。皮肉にも戦争で米国の医療技術がさらに進んだ

 イラク戦争に派遣され従軍中に両手両足を失った米軍兵士が両腕の移植手術を受け回復 …

seiyujo
経済産業省が石油業界に合理化を要望。「上からの改革」はうまくいくのか?

 経済産業省は石油元売り各社に設備の統合を促す方針を固めた。日経新聞の報道による …

pakukune02
産経ソウル支局長は起訴の可能性高まる。これはまさに民主主義の問題

 韓国の朴槿恵大統領が元側近の男性と会っていたという記事を書いた産経新聞ソウル支 …

lng2
米国が天然ガスの日本輸出を許可。これが経済や政治にもたらすインパクトは大きい

 米エネルギー省は5月17日、日本に対する天然ガスの輸出を許可すると発表した。テ …

masudahiroya
東京の税収を地方に強制分配せよと主張していた増田氏の立候補で、東京はどうなる?

 東京都知事選挙に増田寛也元総務相が立候補を表明したことで、東京都の税収が地方に …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

unicef
子供の幸せに関するユニセフの国際調査。なぜか日本は評価対象外

 ユニセフは2013年4月、先進国における子供幸福度ランキングを発表した。第一位 …

doshakuzure
旧地名が防災に役立つという話は本当か?

 広島で発生した大規模な土砂災害をきっかけに、土地が持つリスクに対する関心が高ま …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …