ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本人がノーベル医学生理学賞を受賞。日本の研究開発予算が貧弱という話は本当か?

 

 山中伸弥・京都大教授(50)がノーベル医学生理学賞を受賞した。人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発を発表してからわずか6年という快挙である。

 ところで日本人がノーベル賞を受賞すると必ず出てくる議論が、日本の研究開発予算が貧弱であるという話題。果たしてこれは本当なのだろうか?

 確かに絶対額やGDP費などの比較では、米国が世界をリードしており、日本は遅れを取っている。だがその他の先進国と比べて日本は特に悪い水準ではない。
 大学の予算も決して少なくない。科学の分野で世界的に有名なMIT(マサチューセッツ工科大学)の予算は、東京大学よりも少なく、京都大学や東北大学などと同レベルだ。

 だが、問題はその中身だ。予算のうち純粋な研究費に占める割合が、MITでは7割近くを占めるの対して、日本の大学は2割以下だ。さらにMITの研究者の数は東京大学の半分以下である。

 カンのいい方ならもうピンとくると思うが、公共投資などに対するバラマキ予算と同じ構図が大学にもあてはまるのだ。
 要するに日本の大学は余分に人を抱え、ムダなところにばかり予算を使っているのである。国の研究開発予算そのものが貧弱なのではない。

 日本ではよく米国と比べて貧弱だとの議論がなされるが、米国の学会の実態を知っているのだろうか?米国における学者の競争は実にすさまじい。そもそも学者は終身雇用をまったく保証されず、いい研究を継続できなければ容赦なく解雇される。終身雇用になるのは、世界的研究を行った一部の有名学者だけである。
 公務員として一生安泰な日本の学者とはワケが違うのだ。また日本の大学のように、文部科学省が隅々まで利権を張り巡らすようなこともない。

 ある意味、米国の学会は、競争に勝ったものがすべてを得るウォール街よりも露骨な競争社会なのである。成果が上がらなければゴミのように捨てられるだけだ。

 過剰なまでの競争社会があってはじめて、良質な研究が生まれる。日本を米国並みの科学技術立国にという安易な主張をよく聞くのだが、本当に日本人はこのような激烈な競争社会を望んでいるのだろうか?

 日本の優秀な研究者は、続々と外国の研究機関にスカウトされている。山中教授が日本で研究を続けていたことはむしろラッキーと考えるべきだ。
 皆仲良く、和を大事にということであれば、科学技術の成果は諦めた方がよい。

 - 政治, 社会

  関連記事

pakukune02
韓国の中高生の7割が朝鮮戦争の経緯を知らない?調査結果をめぐって韓国で大激論

 韓国で実施された中高生に対するアンケートで、回答者の70%が朝鮮戦争の経緯をよ …

abe20130113
安倍首相が参院選を優先しTPP交渉参加の表明を見送り。日米交渉への影響は?

 安倍首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題について、2月以降 …

doseikon
仏で大規模な同性婚反対デモが発生。その活動は世代間闘争の様相を呈してきている

 フランスの上院は4月12日、同性婚を認める法案を賛成多数で可決した。2月には下 …

kanntei
薬のネット解禁判決に対抗して政府は薬事法改正を画策。日本に「法の支配」は存在しない

 一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売を禁止した厚生労働省令は違法だとして …

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …

girishagikai
銀行預金引き出し制限下のギリシャで飛び交うデマから分かること

 ギリシャ政府のIMF(国際通貨基金)に対する15億ユーロ(約2000億円)の支 …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …

aseandefensemtng
ASEAN国防相会議で中国との衝突回避策が合意。アジア地域の米中主導色強まる

 東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国と日米中の国防相が参加する、ASEAN拡 …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

zaiseishuusi
骨太の方針に歳出上限を盛り込まない公算。市場はこれをどう受け止めるか?

 政府は今月末に経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の閣議決定を予定しているが、 …