ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本人がノーベル医学生理学賞を受賞。日本の研究開発予算が貧弱という話は本当か?

 

 山中伸弥・京都大教授(50)がノーベル医学生理学賞を受賞した。人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発を発表してからわずか6年という快挙である。

 ところで日本人がノーベル賞を受賞すると必ず出てくる議論が、日本の研究開発予算が貧弱であるという話題。果たしてこれは本当なのだろうか?

 確かに絶対額やGDP費などの比較では、米国が世界をリードしており、日本は遅れを取っている。だがその他の先進国と比べて日本は特に悪い水準ではない。
 大学の予算も決して少なくない。科学の分野で世界的に有名なMIT(マサチューセッツ工科大学)の予算は、東京大学よりも少なく、京都大学や東北大学などと同レベルだ。

 だが、問題はその中身だ。予算のうち純粋な研究費に占める割合が、MITでは7割近くを占めるの対して、日本の大学は2割以下だ。さらにMITの研究者の数は東京大学の半分以下である。

 カンのいい方ならもうピンとくると思うが、公共投資などに対するバラマキ予算と同じ構図が大学にもあてはまるのだ。
 要するに日本の大学は余分に人を抱え、ムダなところにばかり予算を使っているのである。国の研究開発予算そのものが貧弱なのではない。

 日本ではよく米国と比べて貧弱だとの議論がなされるが、米国の学会の実態を知っているのだろうか?米国における学者の競争は実にすさまじい。そもそも学者は終身雇用をまったく保証されず、いい研究を継続できなければ容赦なく解雇される。終身雇用になるのは、世界的研究を行った一部の有名学者だけである。
 公務員として一生安泰な日本の学者とはワケが違うのだ。また日本の大学のように、文部科学省が隅々まで利権を張り巡らすようなこともない。

 ある意味、米国の学会は、競争に勝ったものがすべてを得るウォール街よりも露骨な競争社会なのである。成果が上がらなければゴミのように捨てられるだけだ。

 過剰なまでの競争社会があってはじめて、良質な研究が生まれる。日本を米国並みの科学技術立国にという安易な主張をよく聞くのだが、本当に日本人はこのような激烈な競争社会を望んでいるのだろうか?

 日本の優秀な研究者は、続々と外国の研究機関にスカウトされている。山中教授が日本で研究を続けていたことはむしろラッキーと考えるべきだ。
 皆仲良く、和を大事にということであれば、科学技術の成果は諦めた方がよい。

 - 政治, 社会

  関連記事

no image
東国原前宮崎県知事、東京で出馬か?そして海江田万里はどうなる?

 維新の会が衆院選の目玉候補に予定している前宮崎県知事の東国原英夫氏だが、東京で …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

mof02
与党が所得税と相続税の税率引き上げで合意。これは将来の大増税への布石となる!

 自民、公明の両党は、所得税と相続税の最高税率の引き上げについて合意した。また相 …

kaikeikensain
会計検査院が独法のずさんな出資先管理を指摘。問題の本質はどこに?

 独立行政法人が出資する関連会社の中で、経営が困難になっていたり、投資資金が回収 …

cameronpanama
パナマ文書を巡り、英キャメロン首相が自らの納税情報を公開。給料は意外に安かった

 パナマから流出したタックスヘイブン(租税回避地)関連文書、いわゆるパナマ文書を …

toriinflu
鳥インフル感染者は何故か長江デルタ地域だけ。拭えない中国当局による情報隠ぺい疑惑

 中国で鳥インフルエンザ(H7N9)の感染が徐々に拡大してきている。4日9日には …

no image
オスプレイの普天間移動が中止に。やっぱり天気が悪いと危なくて飛べないのか?

 米海兵隊は28日に予定してた垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの岩国基地から普 …

monju
政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見 …

no image
チベットで中国に対する抗議の焼身自殺相次ぐ。当局は大金を積んで買収工作に奔走中

 共産党大会が開催されている中国で、当局によるチベット弾圧に抗議する焼身自殺が相 …

obamasiriakubaku
オバマ政権が圧力に抗しきれずシリア空爆を決断。次期大統領選にも影響

 米国のオバマ大統領は2014年9月10日、テレビ演説を行い、イラクとシリアで勢 …