ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

設備投資が回復せずアベノミクスは完全に手詰まり状態。原点回帰しか方法はない?

 

 内閣府は6月12日、4月の機械受注統計を発表した。民間設備投資の先行指標といわれる「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)が前月比8.8%のマイナスとなった。

 今回の期待受注統計は多くの市場関係者が注目していた。というのも前回3月の統計では、同指標が前月比14.2%という大幅増となっていたからだ。
 アベノミクスが提唱されて以降、円安と株高が順調に進み、特に株高の影響から富裕層を中心に、個人消費が堅調に推移してきた。だが日本の経済の根幹といわれる製造業の設備投資は低迷したままで、このことがアベノミクスに対する不透明感を払拭できない原因となっていた。
 3月における受注額の増加率は2005年4月以降最大であり、4月以降も同様の傾向が継続すれば、設備投資の回復が本格化したことを示す有力な材料となるはずだった(本誌記事「日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に」参照)。

 だが残念なことに4月の結果は大幅なマイナスとなり、前回の上昇分の多くを打ち消してしまった。緩やかな回復トレンドは維持した格好だが、個人消費と円安に刺激されて設備投資が急回復するというシナリオは成立しにくくなってきた。

 もっとも足元では景気の回復を示唆する指標が相次いでいる。消費動向調査による消費者心理は5カ月連続のプラス、法人企業景気予測調査による国内景況感は調査を開始した 2004年以来最大となっている(本誌記事「景気回復を示す指標が相次ぐ。ただ先行指標は踊り場入りを示唆?」参照)。
 だが肝心の設備投資が回復しない状況を考えると、足元の景気が比較的好調な理由は以下の2つと考えられる。ひとつは株高によって富裕層の消費が増加し、そのムードが中間層にも波及したこと。もうひとつは10兆円の大型補正予算による財政出動の効果である。だが両者には時間的限界があり、永続的に効果を得られるものではない。

  これまで断続的に発表してきた成長戦略が市場から評価されておらず、アベノミクスは現在、完全に手詰まり状態にある。
 日本のデフレの原因は構造的問題であり、金融政策だけで経済成長を実現できないことは周知の事実である。かつての安倍政権は、構造問題の解決を前提にスタートしたものの、途中で政策を転換してしまった経緯がある。ここは基本に立ち返り、規制緩和を中心とした本来の競争政策をコツコツと実施していくしか状況を打開する方法はなさそうである。

 - 経済 , ,

  関連記事

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …

contena03
日中韓FTA交渉がスタート。だが日本に続き韓国もTPP参加に傾いており状況は微妙

 日本、中国、韓国の3カ国は3月26日、韓国のソウルで自由貿易協定(FTA)締結 …

jisui
日本は著作権解釈もガラパゴス?。独自解釈が行き過ぎると国際競争でまた敗北するゾ

 本や漫画の電子化を請け負う事業が著作権侵害にあたるとして、作家の東野圭吾氏、浅 …

kokusaishushi201310
10月の国際収支で見えてきた慢性的な経常赤字への道。日本はどうすべき?

 財務省は2013年12月9日、10月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示 …

teninjikyu
カリフォルニア州の最低賃金は1700円へ。日本は人手不足なのに賃金下落の不思議

 米カリフォルニア州議会は2016年3月28日、最低賃金(時給)を15ドル(17 …

doruen201409
動き始めた為替相場。短期的には円安・ドル高要因ばかりだが・・・・

 しばらく膠着状態が続いていた為替相場が動き始めた。8月中旬からドルは急上昇を始 …

googlehead
グーグルの決算から垣間見る、インターネット経済の近未来

 ネット検索最大手の米グーグルは2014年1月30日、2013年10~12月期の …

pokemongo
ポケモンGOの業績への貢献はごくわずかだが、任天堂は大きなポテンシャルを手にした

 スマホ向けゲームの「ポケモンGO」が世界的大ヒットになっていることから、任天堂 …

niinami
ローソンの新浪社長がアベノミクスに賛同し賃上げを実施。政界転職の布石か?

 ローソンは7日、グループ内の若手社員の年収を平均で3%上げると発表した。年2回 …

jdiishikawa
有機ELで日本勢は総崩れ?シャープが突然、ジャパンディスプレイとの連携を呼びかけ

 次世代のディスプレイ技術である有機ELの開発をめぐって国内液晶メーカーが迷走し …