ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化の進展で使われない土地の増加が顕著になっており、土地が余っている実態が浮き彫りになった。

 日本では、宅地資産の約60%が高齢者によって保有されており、その資産総額は約530兆円にものぼる。少子高齢化が進んでいくと、現在の子育て世代が住宅を購入しても、その後、相続によってさらに不動産を取得する可能性が高くなる。収益性の高い資産であれば問題ないが、そうでない場合には、有効活用されない不動産が増加することになる。

 実際、その傾向はすでに顕著になってきており、自身が居住している以外の不動産に関して利用状況を尋ねた調査では「未利用である」との回答が約3割に達している。今後相続する可能性がある土地についても「利用する予定はないと」の回答が3割強となっている。
 全国の自治体に対して行ったアンケート調査では、人口が減少している市町村では、空き地が増加している割合が高いという結果が出ている。

 かつて日本では「国土が狭いので土地は貴重品である」といわれ、皆がこぞって土地の購入を希望していた。だが実際には土地の高度利用が進まなかっただけで、土地の絶対量が少ないわけではなかったのである。住宅を建設すれば、業者も儲かり、手っ取り早くGDPの数値も上がるという背景があり、安易な宅地開発が官民一体となって推奨された。

 結果として残されたのは、質が悪く永続居住ができない住宅と収益性の低い土地ばかりであった。国土交通省ではこういった土地の有効活用を促進する政策が必要と指摘しているが、同省の意向とは裏腹に、この状況が改善される見込みは少ない。放棄される土地はさらに増加し、都市部への人口集約はさらに進んでいく可能性が高い。

 若年層を中心に、国民はこの状況を敏感に察知している。土地は預貯金や株式に比べ有利な資産と思う人の割合は過去最低(32.9%)となり、そう思わないと回答したの割合(37.2%)を4年連続で下回った。持ち家を希望する回答が12年ぶりに8割を切る一方、「借家でも構わない」との回答は12.5%と過去最高を記録している。土地が有り余っていることを考えると、これは当然の結果ともいえる。

 従来の安易な土地政策、住宅政策のツケともいえるが、この期に及んでそれを指摘したところで何も始まらない。有効活用されない土地への対策も重要だが、もっとも必要とされているのは、土地が余ることと、都市部への人口集中が不可避であることを大前提にした、土地の高度利用政策である。
 年金の受給開始年齢が遅くなることは確実であり、多くの国民が生涯働き続けないと生活できない状況になりつつある。住宅環境が劣悪にならないよう、コンパクトだが質の高い賃貸住宅を整備するための施策が必要である。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

intelbaytrail
インテル1~3月期決算。データセンター好調も、IoTはまだまだ途上

 半導体世界最大手の米インテルは2015年4月14日、2015年1~3月期の決算 …

freedom
米国がシンガポールに最新鋭艦を配備。その地政学的意味とは?

 米海軍は4月18日、最新鋭の沿岸海域戦闘艦(LCS)「フリーダム」をシンガポー …

kyouikusaisei02
政府の教育再生実行会議で「6・3・3・4制」の見直しがスタート。だが目的は曖昧なまま

 政府の教育再生実行会議は、小学校から大学までを「6・3・3・4」の年数で区切る …

yozawa
ネオヒルズ族与沢翼氏が資金ショートを告白。その理由は何と巨額の税金

 暴走族からネット起業家に転身し、1秒間に1億円稼ぐと豪語していた、フリーエージ …

chiamujinki
日本を尻目に中国が着々と無人機を開発。ガラパゴスの影響はこんなところにも

 航空業界の国際見本市「北京国際航空展」が9月25日から中国・北京で開催されてい …

spaceshuttle
宇宙開発事業も空洞化?NASAに押し寄せる民営化という時代の波

 かつて科学技術の頂点といわれ、国家の威信をかけて行われていた宇宙開発にも、空洞 …

tenanmon
中国のPMIが低下するも、当局はハードランディング覚悟で対策は取らず

 中国国家統計局は7月1日、6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表した。 …

gunmap
銃規制の議論が高まる米国で、銃所有者の住所氏名を検索できるサイトが登場

 米コネティカット州の小学校で起きた銃乱射事件をきかっけに、米国は銃規制をめぐる …

gaza
ハマスがロケット弾を一般住宅から発射。イスラエルの報復で犠牲者がさらに増加

 イスラエルとイスラム原理主義組織ハマスの戦闘がさらに激化している。イスラエルに …

tokyotower02
大都市の世界物価ランキング。日本は円安で改善したが、喜んでもいられない

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …