ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

混合診療拡大へ。金持ち優遇かどうかという単純論争は本質を見誤らせる可能性あり

 

 政府は規制改革の一貫として混合診療の拡大に乗り出す。現在、日本では公的保険を適用する診療と保険適用外の自由診療を併用する混合診療は原則として禁止されており、例外的にごく一部の診療に限って許可されている。この適用範囲を拡大し、将来的には幅広い分野への適用を目指す。今年の秋をメドにまずは抗がん剤の分野から着手するという。

 混合診療の拡大については、富裕層だけが良質の医療を受けられるようになるとして、多くの反対意見がある。
 一方で現行の医療制度は患者の選択の自由を奪っている、あるいは規制緩和による産業振興が必要という観点から、混合診療の拡大を求める声もある。議論の多くは金持ち優遇かどうかという点に集約されているが、問題はそう単純ではない。

 高度な医療サービスを提供しようとしている事業者や保険会社などは、混合診療の拡大を強く求めている。また厚労省も医療費の抑制という意味で、混合診療については比較的積極的なスタンスである。日本の公的医療保険は財政状況が厳しく、従来のように何でも保険適用にしていては、保険制度そのものが破綻しかねないからである。

 先進的で高額な医療が自由診療の対象となり、保険適用となる医療は一世代遅れた安価なものということになると、確かに金持ち優遇という批判が出てくるかもしれない。だが高度医療と呼ばれるものの実態はもう少し異なる。
 現在、日本人の死因のトップはガンなので、高度医療の多くがガン治療に焦点を当てたものとなる可能性が高い。だが現在の医学の枠組みではガンを根本的に治癒させることは不可能であり、自由診療の対象となる高度医療の枠が拡大したからといって、マクロ的にはそれが劇的な延命につながるわけではない(個別では延命できるケースでも出てくるかもしれないが)。
 結局のところ高額の治療費を自己負担する富裕層も、公的保険に頼らざるを得ない庶民も、両方が満足できないという結果になりかねないのだ。

 日本の公的保険による医療制度は、いろいろと問題もあるが、世界トップの水準であることは間違いない。サービス業として見た場合、日本の病院は質が低いが、それは公的保険が行き渡り、誰でも高度な医療が受けられることの裏返しでもある。また、日本の医療保険が破綻寸前なのも、高度な医療を次々に保険適用し、費用を際限なくつぎ込んできた結果でもある。

 年金と同様、人口増加を前提とした公的医療保険システムが成立しなくなりつつあるのは事実である。医療費の抑制が大前提としてあり、そこに関連して規制緩和の問題などが並立している状況だ。
 まずは質が下がっても皆保険を維持すべきなのか、皆保険そのものをあきらめるのか、根本的な議論が必要なはずである。なし崩し的に公的保険制度が解体されていくような状況は、高度医療サービスを受けられる層にとっても、そうでない層にとっても不利益となる可能性が高い。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

iryouhi
資産がある人は医療や介護の自己負担が増加?骨太の方針にマイナンバー制を活用

 政府が今月末の策定を予定している経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の中に、資 …

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …

obamakakusa
オバマ政権が富裕層課税を提唱。日米における格差の質的違いが際立つ

 オバマ政権は2015年1月18日、格差解消のため富裕層課税を強化する方針を打ち …

arevagenpatsu
フランスの国策原子力企業アレバが経営危機。中国からの資本参加も検討?

 経営危機に陥っているフランスの国営原子力企業アレバ社に対する中国の資本参加が取 …

hongkongryosinei
香港行政長官選挙の改革案。想定通り、民主派は排除

 香港特区政府は2015年4月22日、2017年に行われる次期行政長官選挙に関す …

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …

foxconn02
シャープ買収の可能性が高まる鴻海精密工業は、実質的に中国企業?

 経営再建中のシャープは2016年2月4日、国策ファンドである産業革新機構ではな …

mujinki02
オバマ大統領が無人機の運用厳格化を表明。グアンタナモ基地の閉鎖は進まず

 オバマ米大統領は5月23日、ワシントンの国防大学で演説を行い、無人機を使った対 …

abe20141125
盛り上がる解散の「大義」に関する論争。結論は選挙の結果次第?

 衆議院を解散する「大義」に関する議論が活発になっている。野党側が「アベノミクス …

okada01
岡田副総理が事実上領土問題の存在を肯定。中国側はこれを着地点とみなしている

 「尖閣は領土問題ではないが議論があることは事実」との岡田克也副総理の発言が中国 …