ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

混合診療拡大へ。金持ち優遇かどうかという単純論争は本質を見誤らせる可能性あり

 

 政府は規制改革の一貫として混合診療の拡大に乗り出す。現在、日本では公的保険を適用する診療と保険適用外の自由診療を併用する混合診療は原則として禁止されており、例外的にごく一部の診療に限って許可されている。この適用範囲を拡大し、将来的には幅広い分野への適用を目指す。今年の秋をメドにまずは抗がん剤の分野から着手するという。

 混合診療の拡大については、富裕層だけが良質の医療を受けられるようになるとして、多くの反対意見がある。
 一方で現行の医療制度は患者の選択の自由を奪っている、あるいは規制緩和による産業振興が必要という観点から、混合診療の拡大を求める声もある。議論の多くは金持ち優遇かどうかという点に集約されているが、問題はそう単純ではない。

 高度な医療サービスを提供しようとしている事業者や保険会社などは、混合診療の拡大を強く求めている。また厚労省も医療費の抑制という意味で、混合診療については比較的積極的なスタンスである。日本の公的医療保険は財政状況が厳しく、従来のように何でも保険適用にしていては、保険制度そのものが破綻しかねないからである。

 先進的で高額な医療が自由診療の対象となり、保険適用となる医療は一世代遅れた安価なものということになると、確かに金持ち優遇という批判が出てくるかもしれない。だが高度医療と呼ばれるものの実態はもう少し異なる。
 現在、日本人の死因のトップはガンなので、高度医療の多くがガン治療に焦点を当てたものとなる可能性が高い。だが現在の医学の枠組みではガンを根本的に治癒させることは不可能であり、自由診療の対象となる高度医療の枠が拡大したからといって、マクロ的にはそれが劇的な延命につながるわけではない(個別では延命できるケースでも出てくるかもしれないが)。
 結局のところ高額の治療費を自己負担する富裕層も、公的保険に頼らざるを得ない庶民も、両方が満足できないという結果になりかねないのだ。

 日本の公的保険による医療制度は、いろいろと問題もあるが、世界トップの水準であることは間違いない。サービス業として見た場合、日本の病院は質が低いが、それは公的保険が行き渡り、誰でも高度な医療が受けられることの裏返しでもある。また、日本の医療保険が破綻寸前なのも、高度な医療を次々に保険適用し、費用を際限なくつぎ込んできた結果でもある。

 年金と同様、人口増加を前提とした公的医療保険システムが成立しなくなりつつあるのは事実である。医療費の抑制が大前提としてあり、そこに関連して規制緩和の問題などが並立している状況だ。
 まずは質が下がっても皆保険を維持すべきなのか、皆保険そのものをあきらめるのか、根本的な議論が必要なはずである。なし崩し的に公的保険制度が解体されていくような状況は、高度医療サービスを受けられる層にとっても、そうでない層にとっても不利益となる可能性が高い。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

taiwanshobancho
10年以内に台湾問題を解決するとも取れる、習近平主席による注目発言の背景とは

 中国が台湾の統一工作に積極的に乗り出している。APEC(アジア太平洋経済協力会 …

yudachi
中国艦艇が日本の護衛艦に事実上の発射予告。中国側の真の目的は何か?

 防衛省は5日、東シナ海の公海上で中国海軍の艦艇が海上自衛隊の護衛艦に対し、射撃 …

futenma02
米軍基地返還で日米合意。辺野古移設が普天間返還の条件となってしまう理由とは?

 日米両政府は4月5日、沖縄県の米軍嘉手納基地町など)以南の施設に関する返還計画 …

asahishazai
一連の朝日新聞批判。日本人はやっぱり大手マスコミが大好き

 朝日新聞社の木村伊量社長は2014年9月11日、記者会見を行い、東京電力福島第 …

amari
甘利経財相が日本の輸出不振に言及。アベノミクスは現実路線に転換?

 日本の輸出に対する安倍政権のスタンスが現実を反映したものに変わってきた。円安に …

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …

amazondrone
米国で無人機と旅客機がニアミス。無人機の認可方針にも影響か?

 米フロリダ州の空港近くで、旅客機に無人機が異常接近(ニアミス)するという事態が …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

beichushunoukaidan20141113
APEC終了後、米中が長時間の首脳会談を実施。米中関係はより実務的な段階へ

 米国のオバマ大統領と中国の習近平国家主席は2014年11月11日、北京で開催さ …