ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ハフィントン上陸から1カ月。日本のWebジャーナリズムの勢力図はこうなっている!

 

 ハフィントンポスト日本版が鳴り物入りでスタートしてから1カ月強が経過した。思いのほかつまらないという辛口の批評も聞こえているが、米国で大成功したメディアの進出は、日本におけるWebジャーナリズムの起爆剤のひとつであることは間違いないだろう。

 米国に遅れること数年、日本でもWebジャーナリズムが少しずつ盛り上がりを見せ始めている。図は本誌が勝手に分類した現在の日本におけるWebジャーナリズムの勢力図である。実際にはイデオロギーによる分類も必要なのだが、ここはあえてエスタブリッシュメント系と大衆系という乱暴な区分を採用してみた。その方がある意味で全体像が見えやすいからである。

  日本におけるWebジャーナリズムの先鞭をつけたのは、やはりBLOGOSとアゴラの2媒体であろう。BLOGOSはもともとライブドアがスタートしたサービスで現在はLINE社が引き継いでいる。アゴラは池田信夫氏が始めた人気ブログがベースになっている。
 両媒体は基本的にブロガーを集約するという形態で成立しており、オピニオン色が極めて強いという特徴がある。ビジネス系では先行事業者といえる独立系のJBPressも、オリジナル記事が一部あるものの、多くは翻訳記事や識者のオピニオンが主体となっている。日本のWebジャーナリズムは、基本的にオピニオンでスタートし、現在もそれが主流になっているという点で、米国とは少し事情が異なっている。

 この背景には、新聞社という規制に守られた寡占的なニュース・メディアの存在が大きく影響していると思われる。ニュースの作成にはそれなりのリソースが必要となるからだ。
 だがJCastニュースのように、Webに特化して独自ニュースを流す媒体もあり、状況は少しずつ変化してきている。本誌も基本的にはニュース寄りであり、この一角を担っていると自負している。フリーで活躍するジャーナリストの独自記事に定評のあるマイニュースジャパンやオリジナルの経済分析記事が主体のThe Capital Tribune Japanといった媒体も出てきている。

 ジャーナリズムは、①1次ソースをあまり加工せず報道する時事ニュース、②1次ソースをもとにある程度の分析や見通しを付け加える深掘り型のニュース、③オピニオン主体のコラム、④時間をかけて特定テーマの取材を行う調査報道の4つに大別することができる。

 これまでのところ、既存媒体の世界では圧倒的に①が主体となっており、逆にWebの世界ではリソースを必要としない③が中心であった。だが①のニュース・ソースをもとに③でオピニオンを展開するという流れでは、ニュース・ソースが限界されており、これ以上の多様性は追求しにくい。日本のWebジャーナリズムが健全に発展していくためには②の分野の事業者が増えてくることが望ましい。そして最後の④については、これこそが既存のマスメディアの目指すべき道と考える。

 その意味で、本誌としてはハフィントンポストに対し、もう少しニュース性の強い展開を期待していたのだが、今のところそのような方向は目指していないようだ。
 一方で、興味深い動きも見え始めている。一般ニュース・サイトとしては圧倒的な強さを誇るヤフーがニュース・ページの改革に乗り出している。既存大手マスコミのニュース転載で占められていたニュース欄について、ニュース専門部隊を独立させるとともに、ニュース提供事業者の枠を広げ始めているのだ。ジャーナリズムの価値観とは無縁と思われていた同社だが、今後の展開次第では、変革の立役者となるかもしれない。

 - マスコミ, IT・科学 , ,

  関連記事

linewave
IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話 …

pentagon
米国防総省が中国の技術開発を追跡するプロジェクトを開始。これが意味すること

 米国防総省は中国の技術開発が安全保障上の脅威になる可能性が高いとして、中国が開 …

jobuzu
ジョブズ氏に関する新しい伝記が話題に。どっちのジョブズ氏がホンモノか?

 米国で発売されたアップル創業者スティーブ・ジョブズ氏の伝記が話題となっている。 …

suntec
太陽光パネルの大手、サンテックが破産。もともと儲からないことは皆分かっていたハズ

 中国の太陽電池メーカー尚徳電力(サンテックパワー)が破産し、江蘇省の地元裁判所 …

fintech01
スマホの利用履歴で融資の可否を判断。近い将来、銀行は要らなくなる?

 ネットを使った金融サービスの分野に地殻変動が起きようとしている。銀行というビジ …

gosuto
佐村河内氏のゴースト問題がホリエモンに飛び火。出版業界は戦々恐々!

 聴覚障害を持つ作曲家として知られていた佐村河内守氏によるゴーストライター問題が …

googlekesan201303
Googleの7~9月期決算に見る、スマホ時代におけるネット広告の行方

 ネット検索最大手の米グーグルは10月17日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

softbankken
ソフトバンクの決算が絶好調。ようやく携帯電話が繋がるようになるか?

 ソフトバンクが31日、半期決算を発表し、具体的な数値は公表しなかったものの、通 …

tokkkyocho
特許庁がシステム開発に失敗。高額で民間から雇ったCIO補佐官は何をやっているの?

 プロジェクトが事実上頓挫していた特許庁の新システム開発プロジェクトについて、同 …

3SHA03
フランス政府がネット企業が保有するビックデータに課税を検討。だが実現は懐疑的?

 フランス財務省は、GoogleやAmazonなどグローバルに展開する米国のネッ …