ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

木下主計局長が次官に内定。今後の財務省人事を大胆に予想すると?

 

【本記事は2013年6月13日のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです】
財務省が正式に人事発令。木下次官は1年でポストを譲るのか?」2013年6月28日

 財務省は6月12日、真砂靖事務次官が退任し、後任に木下康司主計局長を充てる人事を内定した。月内にも発令する。後任の主計局長には香川俊介官房長が就く。

 財務省の人事は、勝栄二郎元次官が消費税増税を実現するため、異例の長期就任となったことから通常の人事シフトからズレた状態となっていた。
 現在の真砂次官は1978年入省で、後任の木下主計局長は1979年入省である。さらに後任の主計局長となる香川氏は木下氏と同期である。

 もし木下新次官が2年間次官を務めるとすると、香川氏が次官に就任する可能性は極めて低くなる。だが一方で1980年組には目立った本命候補がいない。関税局長だった稲垣氏は国税庁長官に就任し、林氏は会計センターから戻って現在は理財局長となっている。
 80年組から次官が出ないのだとすると、木下新次官が1年で退任し、同期の香川氏が後任の次官に就任するという筋書きも見えてくる。主計局長に就任せずに次官に昇進するケースは少ないため、香川氏は今回の人事で次官としての要件を十分に満たすことになる。

 もし木下氏が1年でバトンを香川氏に渡すことがある程度見込まれているのだとすれば、その次の次官は81年から出る可能性が高い。現在主計局の筆頭次長である中原氏などがこの年次に該当する。
 今回の正式な人事は月末に発令される。木下新次官の後任の次官レースの行き先は、81年組がどのようなポストに就くのかで、ある程度見通すことができるかもしれない。

 木下康司(きのした・やすし)氏は東大法学部卒、1978年大蔵省入省。主計局主計官、総合政策課長、文書課長、主計局次長などを経て11年から国際局長、12年から主計局長に就任している。新潟県出身で56歳。

 - 政治 ,

  関連記事

asakusa02
五輪で高まる外国人観光客への期待。だが日本は本当に観光立国を望んでいるのか?

 日本政府観光局(JNTO)は9月18日、8月の訪日外国人客数を発表した。日本を …

globalhawk
米国が韓国に対して無人偵察機販売を決定。だが2倍の価格を吹っかけ韓国側は困惑

 米国防総省は21日、無人偵察機グローバルホークを韓国に販売すると米議会に報告し …

bukkajoushou
デフレ脱却が鮮明になってきた7月の消費者物価指数。だが内実は輸入インフレ?

 総務省は8月30日、7月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

bukkajoushou
消費者物価指数はじわじわ上昇。GDP成長は来年も物価上昇を上回ることができるのか?

 総務省は7月26日、6月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …

bunen
厚労省が踏み込んだ内容のたばこ白書を公表。分煙を否定し、屋内全面禁煙を提言

 厚生労働省が、屋内の100%禁煙化を目指すべきという踏み込んだ内容の「たばこ白 …

kuroda02
黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が …

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …