ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に全国統一大学入学試験(高考)が終了し、受験生はホッと一息ついている。

 だがせっかく苦労して大学に入っても、現在の中国における大学卒業者の就職はかなり厳しい。
 麦可思研究院がまとめた報告書によると、中国では過去最悪の就職難となっており、2013年度の大卒就職内定率はわずか35%と前年度と比べて12ポイントも低下している。また大学院(修士)卒の就職内定率はさらに悪く26%と前年比11ポイントの低下である。
 中国では大学を卒業しても職にありつけず、集団で生活する「蟻族」と呼ばれる若者の存在が社会問題となっている。北京だけでも約16万人の蟻族がいるといわれ、その多くが10平方メートル以下の劣悪な環境で暮らしている。

 中国の大卒者の状況は容易に解決しない可能性が高い。中国は近代化が急激に進み、過去10年で大学生の数は3倍以上に増加した。中国のGDPは過去10年間で4.2倍に増えているが、GDPの半分がインフラ建設でカバーされており、成熟した国内市場の整備はまだまだこれからである。
 中国は毎年700万人近くの大卒者を社会に送り出しているが、この数は日本の13倍近くにのぼる。中国の人口は日本の約11倍(公式統計上)しかなく、しかも1人あたりのGDPは日本の10分の1という現在の生活水準を考えると、中国の大学生数は過剰である。

 だが社会が先進国化していく過程では、高等教育、大学教育の修了者と社会的ニーズのミスマッチは多かれ少なかれ発生する問題である。日本の大学進学率は(定義の方法にもよるが)先進国の中では低く、かつ50年かけて高度成長を実現してきたので、この問題がそれほどのインパクトを持っていないだけである。

 中国はこれまでの2ケタ成長から7%台の安定成長を実現する政策に舵を切り始めている。大学進学者に対してそれにふさわしい就職先が十分に整うまでには、もうしばらく時間がかかるだろう。その間、就職できない若者の存在は社会の不安定要素として残り続けるだろう。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

nichigin04
家計の金融資産は過去最高。だがその恩恵のほとんどは以前からの株式所有者?

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表した。9 …

mitsuishacho
32人ゴボウ抜きの三井物産社長人事。だが、どうしてもぬぐい去れないある疑問

 三井物産は2015年1月20日、飯島彰己社長が4月1日付で退任し、安永竜夫執行 …

manindensha
神奈川県民の通勤コストは何と100万円。もっとも安い県はいくら?

 神奈川県民が年間100万円も通勤費をかけているという調査結果が話題となっている …

chukounen
中高年は若者のことを考えているのか?いないのか?

 日本の政策のほとんどは中高年向けのものに偏っている。その際たるものは年金受給額 …

apple
中国の販売見込みが予想を下回り、好業績だが失望となったアップルの決算

 米アップルは2014年1月27日、2013年10~12月期決算を発表した。四半 …

oushukyujitu
行政が長時間労働是正に本腰。日本では欧州のような生活は定着するのか?

 このところ長時間労働を見直す動きが顕著になっている。ファミリーレストラン大手が …

stapsaibou
理化学研究所が内外からの声に対応して、STAP細胞の詳細な作成手順を公開。

 理化学研究所は2014年3月5日、新しい万能細胞「STAP細胞」の詳細な作成手 …

no image
殺人エレベータ?シンドラー社製でまた死亡事故。前回の教訓で社長はとりあえず謝った

 金沢市の「アパホテル金沢駅前」で31日午後、エレベーターに挟まれてパート清掃員 …

american
アメリカン航空の座席トラブル。人為的なものである可能性が高まる?

 アメリカン航空で座席が外れる事故が相次いでいるが、アメリカン航空が機体の緊急点 …

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …