ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速に事は進められたのか?

 

 厚生労働省は副作用の報告が相次いでいる子宮頸がんワクチンについて、積極的な接種の呼びかけを一時中止する。ワクチン問題について議論している、同省の厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会での決定を受けた措置。

 子宮頸がんワクチンは、2013年3月の予防接種法改正案の成立を受けて、4月から定期接種の対象となっている。
 だがこのワクチンについては以前から副作用の問題が指摘されており、2009年の発売以降、約2000件の報告が上がっていた。中には慢性的な全身の痛みなど重篤な副作用も散見されている。
 同部会では、副作用の報告が相次いでいることなどから、定期接種は継続するとしながらも、積極的な接種の呼びかけを一時中止することを決定した。

 同ワクチンの定期接種化にあたっては、重篤な副作用の問題から、疑問の声が多く寄せられていた。だが同ワクチンは国会でスピード審議され、たちまち定期接種の対象となってしまった。法制化にあたっては、製薬会社が専門のロビイストを雇って本格的な政治工作を行ったことが知られており、こうした製薬会社の取り組みがスピード審議の背景になったとの見方も一部には存在している。

 子宮頸がんの患者数は、年間約8000人、死亡者数が約2500人であり、他のガンと比べれば罹患する確率は非常に少ない。また子宮頸がんは性感染症であり、基本的に予防が可能な病気である。このような状況を総合的に考えると、わざわざ副作用のリスクを国民に負わせてまで、積極的に推奨すべきワクチンなのかはやはり疑問である。

 安全性が十分に確認されている他のワクチンについても、一定レベルの副作用リスクは存在する。基本的にはリスクとベネフィットを考え、接種するかしないのかについて、本人の自由意思で決定するのが本来の姿といえるだろう。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

iowarepub
米大統領選の状況が一変。共和党は主流派が推すルビオ候補が大躍進

 米大統領選の初戦となる中西部アイオワの党員集会は、思いがけない結果となった。共 …

no image
殺人エレベータ?シンドラー社製でまた死亡事故。前回の教訓で社長はとりあえず謝った

 金沢市の「アパホテル金沢駅前」で31日午後、エレベーターに挟まれてパート清掃員 …

sangiin
山本太郎議員の軽率行動があぶり出す、参議院の歴史的価値と現代の存在意義

 参院議院運営委員会は11月8日、理事会を開催し、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡 …

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …

no image
外務次官が尖閣問題妥結を目指して中国を訪問。官僚主導の交渉では確実に負ける

 尖閣問題の解決に向けて、事務レベルでの折衝が始まっている。  人民日報系の環球 …

nenkin
年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月2日、2012年度の運用状況を …

rokkasho
再処理工場の新規性基準了承。欠落する核燃料サイクルに関する包括的議論

 原子力規制委員会は9月11日、使用済み燃料の再処理工場などに適用する新規制基準 …

gay
同性婚の問題が政治的不安定要素として急浮上。国民大分裂の可能性も

 同性婚の問題が国際社会における政治的不安定要素として急浮上してきている。米国で …

no image
遺伝子組み換え食品に発ガンの可能性と仏が報道。米モンサント社への攻撃か?

 遺伝子組み換え飼料で飼育されたラットは、通常のラットに比べて早く死に、ガンにな …