ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国連の世界人口予測が示す、中国の失速と米国の躍進。総人口ではアフリカが急進

 

 国連経済社会局は6月13日、世界人口展望の最新報告を発表した。それによれば、現在約70億人の世界人口は、2050年に96億人、2100年 には109億人に達するという。

 地域別では現在40億人の人口を擁するアジアが将来にわたって最大人口を維持するが、2050年の50億人強をピークに減少に転じることが予測されている。
 一方、現在10億人程度のアフリカは2100年には4倍の40億人に達する見込み。2100年における世界の総人口の約90%がアジアとアフリカの2地域で占められることになる。

 国別の絶対数では中国とインドが突出しているが、今後の推移は両国で大きく異なっている。中国は2030年の14.5億人をピークに急激に減少に転じる一方、インドは2060年頃まで人口の増加が続く。先進国は総じて人口の減少もしくは横ばいが続き、日本は2100年には8500万人を切ってしまう。唯一の例外は米国で、現在3億強の人口は増え続け、2100年には4.6億人に達する。

 人口は他の多くの統計の中でも予測の確実性が高いことで知られている。また経済成長のかなりの部分が人口で決まってしまうことから、人口の予測はそのまま経済成長の予測と考えることもできる。この人口予測が示しているのは、米国と中国の相対的な関係の変化である。

 これまで中国は米国に対して追いかける側であり、米国は経済的、政治的にも追われる立場であった。だが中国の人口が急激にピークアウトし逆に米国の人口が順調に増加するということは、再び米国が有利な立場に立つことを意味している。絶対数ではインドやアフリカの影響は大きいが、1人あたりの経済規模が小さいことを考えると、米国の優位性が際立つ。

 一方、日本の環境は極めて厳しいことがわかる。経済成長の3大要素のひとつである人口が急激に低下するということは、残りの2要素(資本とイノベーション)をよほど強化しないと、従来の成長は維持できないことを示している。少なくとも従来の延長線上に立つ考え方や努力水準では、同じ成長を維持することはできないと考えた方がよいだろう。

 ちなみに報告書における人口予測は、今後の合計特殊出生率によって大きく変化する。報告書は複数の出生率を基にいくつかのシナリオを作成している。2100年の総人口は、最も少ないケースでは68億人になり、もっとも多いケースでは166億人になる。109億人は中間値を用いたシナリオである。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

takaichi
高市発言で浮き彫りになった原子力災害に対する根本的な誤解

 自民党の高市早苗政調会長が「原発事故によって死亡者が出ている状況ではない」と発 …

sasago
トンネルだけでなくドライバーも劣化?仮復旧の笹子トンネルで追突事故が連続発生

 天井版の崩落で通行止めになり、下り線の対面交通で仮復旧したばかりの中央自動車道 …

sumitomochiba
国内化学各社が相次いでエチレン生産から撤退。米国シェールガス革命のインパクト

 住友化学は2月2日、石油化学製品の原料であるエチレンの国内生産を停止すると発表 …

oushukyujitu
行政が長時間労働是正に本腰。日本では欧州のような生活は定着するのか?

 このところ長時間労働を見直す動きが顕著になっている。ファミリーレストラン大手が …

amari02
波紋を呼ぶ消費税還元セール禁止法案。政府がゴリ押しする真意は?

 政府が消費税還元セールの実施を禁止する法案を衆議院に提出したことについて、小売 …

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

super02
家計の消費支出は3カ月連続でマイナス。安倍政権は10%増税をどう判断するのか?

 総務省は2014年7月29日、6月の家計調査を発表した。2人以上の世帯の消費支 …

pekindaigaku
中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に …

sharp
シャープが鴻海との交渉打ち切り。予想通りで市場関係者に驚きはなし

 経営再建中のシャープが、鴻海(ホンハイ)精密工業との出資交渉を打ち切ることにな …