ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国連の世界人口予測が示す、中国の失速と米国の躍進。総人口ではアフリカが急進

 

 国連経済社会局は6月13日、世界人口展望の最新報告を発表した。それによれば、現在約70億人の世界人口は、2050年に96億人、2100年 には109億人に達するという。

 地域別では現在40億人の人口を擁するアジアが将来にわたって最大人口を維持するが、2050年の50億人強をピークに減少に転じることが予測されている。
 一方、現在10億人程度のアフリカは2100年には4倍の40億人に達する見込み。2100年における世界の総人口の約90%がアジアとアフリカの2地域で占められることになる。

 国別の絶対数では中国とインドが突出しているが、今後の推移は両国で大きく異なっている。中国は2030年の14.5億人をピークに急激に減少に転じる一方、インドは2060年頃まで人口の増加が続く。先進国は総じて人口の減少もしくは横ばいが続き、日本は2100年には8500万人を切ってしまう。唯一の例外は米国で、現在3億強の人口は増え続け、2100年には4.6億人に達する。

 人口は他の多くの統計の中でも予測の確実性が高いことで知られている。また経済成長のかなりの部分が人口で決まってしまうことから、人口の予測はそのまま経済成長の予測と考えることもできる。この人口予測が示しているのは、米国と中国の相対的な関係の変化である。

 これまで中国は米国に対して追いかける側であり、米国は経済的、政治的にも追われる立場であった。だが中国の人口が急激にピークアウトし逆に米国の人口が順調に増加するということは、再び米国が有利な立場に立つことを意味している。絶対数ではインドやアフリカの影響は大きいが、1人あたりの経済規模が小さいことを考えると、米国の優位性が際立つ。

 一方、日本の環境は極めて厳しいことがわかる。経済成長の3大要素のひとつである人口が急激に低下するということは、残りの2要素(資本とイノベーション)をよほど強化しないと、従来の成長は維持できないことを示している。少なくとも従来の延長線上に立つ考え方や努力水準では、同じ成長を維持することはできないと考えた方がよいだろう。

 ちなみに報告書における人口予測は、今後の合計特殊出生率によって大きく変化する。報告書は複数の出生率を基にいくつかのシナリオを作成している。2100年の総人口は、最も少ないケースでは68億人になり、もっとも多いケースでは166億人になる。109億人は中間値を用いたシナリオである。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

volcker
FRBの量的緩和縮小はいつか?インフレ退治の鬼ボルカー元議長は早期縮小を主張

 FRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略をめぐって米国市場が困惑している。遠くな …

kodomonote
政府が子供の貧困対策を本格化。だが、支援は民間による基金

 政府が貧困家庭の子供に対する支援の強化を検討している。企業や個人に寄付を呼びか …

seiyujo
経済産業省が石油業界に合理化を要望。「上からの改革」はうまくいくのか?

 経済産業省は石油元売り各社に設備の統合を促す方針を固めた。日経新聞の報道による …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

kuroda
本当はコワイ、日銀・黒田新総裁の主張。日本人は理解しているのか?

 日銀の白川総裁は3月19日、退任記者会見に臨んだ。白川総裁は、デフレを脱却と持 …

foxconn
アップルがパソコンの一部の国内生産に回帰。だが鴻海への丸投げは変わらず

 米アップルが自社製品の一部を米国での生産に切り替える。同社のクックCEOが6日 …

aso
麻生財務相が高橋是清の政策をモデルにと言及。その後の展開を知っての発言なのか?

 麻生財務相は2月3日、NHKの番組に出演し、デフレ対策として戦前の政治家である …

viralmedia
今注目のバイラル・メディアは、ネット媒体の収益化に関する壮大な実験場

 米国でバイラル・メディアと呼ばれる新しいネット・メディアが急成長している。日本 …

toshibassd
東芝がメモリー事業分離を決定。だが、市場の注目はすでに次の売却事業へ

 米国の原子力事業で多額の損失を抱える東芝が、メモリー事業の分社化を決断した。し …

oyako
アップルがFBに続いて卵子凍結費用を補助。女性社員引き止めに手段を選ばず

 米アップルは、優秀な女性人材を確保するため、希望する女性社員に対して卵子凍結費 …