ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国連の世界人口予測が示す、中国の失速と米国の躍進。総人口ではアフリカが急進

 

 国連経済社会局は6月13日、世界人口展望の最新報告を発表した。それによれば、現在約70億人の世界人口は、2050年に96億人、2100年 には109億人に達するという。

 地域別では現在40億人の人口を擁するアジアが将来にわたって最大人口を維持するが、2050年の50億人強をピークに減少に転じることが予測されている。
 一方、現在10億人程度のアフリカは2100年には4倍の40億人に達する見込み。2100年における世界の総人口の約90%がアジアとアフリカの2地域で占められることになる。

 国別の絶対数では中国とインドが突出しているが、今後の推移は両国で大きく異なっている。中国は2030年の14.5億人をピークに急激に減少に転じる一方、インドは2060年頃まで人口の増加が続く。先進国は総じて人口の減少もしくは横ばいが続き、日本は2100年には8500万人を切ってしまう。唯一の例外は米国で、現在3億強の人口は増え続け、2100年には4.6億人に達する。

 人口は他の多くの統計の中でも予測の確実性が高いことで知られている。また経済成長のかなりの部分が人口で決まってしまうことから、人口の予測はそのまま経済成長の予測と考えることもできる。この人口予測が示しているのは、米国と中国の相対的な関係の変化である。

 これまで中国は米国に対して追いかける側であり、米国は経済的、政治的にも追われる立場であった。だが中国の人口が急激にピークアウトし逆に米国の人口が順調に増加するということは、再び米国が有利な立場に立つことを意味している。絶対数ではインドやアフリカの影響は大きいが、1人あたりの経済規模が小さいことを考えると、米国の優位性が際立つ。

 一方、日本の環境は極めて厳しいことがわかる。経済成長の3大要素のひとつである人口が急激に低下するということは、残りの2要素(資本とイノベーション)をよほど強化しないと、従来の成長は維持できないことを示している。少なくとも従来の延長線上に立つ考え方や努力水準では、同じ成長を維持することはできないと考えた方がよいだろう。

 ちなみに報告書における人口予測は、今後の合計特殊出生率によって大きく変化する。報告書は複数の出生率を基にいくつかのシナリオを作成している。2100年の総人口は、最も少ないケースでは68億人になり、もっとも多いケースでは166億人になる。109億人は中間値を用いたシナリオである。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

krugman
アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」 …

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …

sharp
シャープが公募増資を検討中。金額は1000億円と中途半端でやはり抜本解決にならず

 経営再建中のシャープが2013年春にも公募増資に踏み切る可能性が高くなってきた …

aso03
政権幹部から景気に対する慎重な見方が相次ぐ。消費増税の影響は予想より大きい?

 安倍政権幹部から、景気の先行きに対する慎重な発言が目立っている。甘利経財相が「 …

westinghousegenson
東芝が米中核子会社で巨額損失。米国人社員に「チャレンジ」は通用しなかった

 不正会計問題を抱える東芝は、これまで開示してこなかった米国の原子力子会社ウェス …

doshakuzure
旧地名が防災に役立つという話は本当か?

 広島で発生した大規模な土砂災害をきっかけに、土地が持つリスクに対する関心が高ま …

chuusha
子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?

 子宮頸(けい)がんなど3ワクチンを定期接種の対象とする予防接種法改正案が3月2 …

sharp
シャープがLIXILなどに出資要請との報道。シャープペンシルの時代に逆戻り?

 経営再建中のシャープが、複数の事業会社に対して出資要請を検討していることが明ら …

kengyo
欧米で仕事を掛け持ちする「マルチワーカー」が増加中。日本では普及しないワケ

 複数の仕事を掛け持ちする人をマルチワーカーと呼ぶが、不況が長引く欧州ではマルチ …

merukeru00
ドイツ要人が相次いで日本の円安政策を批判。基本的には国内向けなのだが・・・

 ドイツのメルケル首相は24日、スイスのダボス会議において、日本が進める為替政策 …