ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

川越シェフの発言でまたまた疑問の声。高級店って本当に水代を勝手に請求するのか?

 

 バラエティ番組などでも人気のシェフ川越達也氏が、ネット上の批判に対して「年収300万円、400万円の人にはわからない」といった趣旨の発言をして問題になった件で、川越氏は「僕が生意気でした」と謝罪した。

 だが川越氏の発言は、思わぬところで別の波紋を呼んでいる。川越氏が「高級店は水代として1000円や1500円を取るところもある」と発言し、メディアもそれを前提に報道しているのだが、必ずしも事実ではないからだ。
 ある高級店の店主は「高級店が、皆勝手に水を出して1000円も1500円も取っていると思われたら非常に心外だ」と話す。

 騒ぎの発端となったのは雑誌「サイゾー」のインタビュー記事。川越氏はインタビューのなかで、「注文していないのに水代として800円取られた」と批判されたことについて言及。その手の批判について「くだらない」と一蹴し、「年収300万円~400万円の人たちには、高級店がそこまでの店になるまでに費やしてきた努力や歴史はわからない」「1000円や1500円取るお店だってある。そういうお店に行ったことがないから『800円取られた』という感覚になる」と反論した。

 だが高級店のサービスをよく知る美食家達からは議論のポイントがズレているとのでは?との声が上がっている。川越氏が本当にオーダーを取らず、勝手に水を入れて料金を取ったのだとしたら、それは高級店であろうとなかろうとやはり問題だという。

 確かに高級店で水をオーダーすれば、有料の水が提供される。他のサービスとの兼ね合いを考えれば、800円は決して高いとはいえないだろう。だがオーダーも取らずに勝手に水を入れて800円を徴収したのだとしたら、それは次元の異なる問題である。中には高級店であるなら、なおさらあり得ないという意見の人もいる。
 一流ホテルでのサービス経験を持つあるフランス料理店の店主は「本当に一流の店なら、有料のものを勝手に出すことはあり得ない」と語っている。高級店ではトラブルを避けるため、よほど懇意にしている客でない限りは、必ず客の意向を確認するのが手順になっているという。

 オーダーの有無や、批判した客が本当に意思表示をしていないのかどうかなど詳細は不明である。だが人気シェフの店ということで、店側にも甘えがあり、サービス内容の確認が不十分だったのだとしたら、それはそれで問題がありそうである。

 高級店はトラブルがないという意味も含まれている。顧客にはいろいろな価値観や考えの持ち主も存在している。それらをうまくコントロールしてむやみに評判を落とさないように振る舞うのも高級店としての作法といえる。こういったトラブルがなくなれば、川越氏の店も名実共に高級店ということになるのかもしれない。

 - マスコミ, 社会

  関連記事

konamiruku
香港ママvs本土ママ。春節を前に香港で再び粉ミルク騒動が勃発

 中国で春節(旧正月)の休暇が近づいていることから、香港で再び粉ミルクの争奪戦が …

no image
渋谷にオープンした女性専用バーが海外メディアで話題に

 渋谷に7月にオープンした女性専用バーが米国の複数メディアで紹介されちょっとした …

houdounojiyu2014
日本において報道の自由を奪っているのは誰か?

 国際的な報道の自由度ランキングで日本の順位が急落していることが話題となっている …

eigyou
営業は「キャラ」が重要なので、AIが普及しても消滅しないというアンケート結果は本当か?

 AI時代になると多くの仕事が消滅するというのは、すでに社会の共通認識となりつつ …

kokuzei
政府・与党が保険金への相続税軽減を決定。庶民には関係なく、富裕層のみが恩恵

 政府・与党は、死亡保険金にかかる相続税を軽減する方針を固めた。これまでは「相続 …

seiryokuzu
ハフィントン上陸から1カ月。日本のWebジャーナリズムの勢力図はこうなっている!

 ハフィントンポスト日本版が鳴り物入りでスタートしてから1カ月強が経過した。思い …

josei02
女性活用は効果6兆円との試算。だが女性も働かないと経済を維持できないのが現実

 電通総研は7月25日、主婦の再就業による経済波及効果に関するレポートを発表した …

yawata
大手企業が相次いでTV通販業界を侵食。背景にはガラパゴス大企業の甘えが・・・

 これまで地方に拠点を置く企業が中心となっていたテレビ通販業界に、著名な大手企業 …

francisco1
秘密厳守なのになぜか漏れてくる新ローマ法王「フランシスコ1世」の得票数

 秘密厳守が徹底され、情報を外部に漏らしたら即破門といわれるローマ法王の選出会議 …

kousai
痴漢事件で逆転無罪判決。理由はなんと「裁判官による誘導尋問」があったから

 痴漢をめぐって一審判決で有罪となり、控訴審で争っていた裁判でちょっとした「事件 …