ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

待機児童ゼロを実現した横浜方式は「方法論」ではなく「決断」。

 

 横浜市が「保育所に入れない待機児童をゼロにする」目標を達成したことで、「横浜方式」が注目を集めている。横浜市はかつて待機児童の数が最多だったが、企業経営者出身の林文子市長(写真)が株式会社の参入を強力に推進、待機児童を3年間でゼロにした。安倍首相は成長戦略において横浜市の取り組みを高く評価、他の自治体にも「横浜方式」を導入するよう呼びかけていくという。

 横浜市の実績については、待機児童が完全にゼロになったわけではないなど批判の声もある。だが林市長の強力なリーダーシップによって、他の自治体ではなかなか実現できなかった待機児童減少を実現した手腕は、素直に評価すべきだろう。

 だが横浜市の取り組みを「横浜方式」という、方法論にする論調には疑問の声も聞かれる。横浜市は待機児童を減少させるために、何か特別な方法を用いたわけではないからだ。

 待機児童の問題は以前から自治体における重要な政策課題であった。基本的には保育施設の新規参入を増やせば問題は解決するにもかかわらず、これが実現できなかったのは、既存の保育施設を運営する団体(社会福祉法人など)が新規参入に対して猛烈に反対していたからである。
 社会福祉法人の多くは、新規参入、特に株式会社の新規参入を認めると保育の質が落ちると主張している。その是非をめぐって結論が出ず、各自治体では長年にわたって待機児童を放置してきたというのが実態である。

 林市長は、株式会社の新規参入が促進されるよう、決め細かい対応を行ったといわれているが、基本的に林市長が行ったのは、新規参入を増やすという決断だけである。
 今後、各自治体で同じ試みを実施した場合、やはり既存の施設運営者からの強い反対が予想される。だが横浜市の取り組みを方法論にしてしまうと、反対が強くて導入できなかったのか、やり方がよくなかったのか、問題の本質がすり替わってしまう恐れがある。

 保育施設の運営に株式会社を参入させることについては、当然メリットとデメリットがある。本来は双方の立場の代表者が堂々と自説を述べ、最終的には住民が判断すべきことである。この問題は政治的マターであり、技術的マターではない。
 横浜市の具体的な取り組みを普及させるのは大歓迎だが、技術論、方法論に矮小化してしまい、不透明なまま政策が頓挫するような事態だけは避けて欲しいというのが、各地の住民の本音なはずである。求められているのは「横浜方式」ではなく、林市長が見せた「決断力」である。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

economist
仏経済の赤信号がきっかけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化

 英国の有力経済誌エコノミストが、フランス経済を「欧州の時限爆弾」とするセンセー …

nenkin
年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月2日、2012年度の運用状況を …

merukeruputin
プーチン大統領の独裁に抗議してトップレス女が乱入。メルケルは驚いたが本人は余裕

 ドイツを訪問中のプーチン露大統領の前にトップレスの女性が現れ、プーチン大統領の …

kengyo
欧米で仕事を掛け持ちする「マルチワーカー」が増加中。日本では普及しないワケ

 複数の仕事を掛け持ちする人をマルチワーカーと呼ぶが、不況が長引く欧州ではマルチ …

nenkintecho
増やすも地獄、減らすも地獄。年金財政は袋小路に入りつつある

 年金制度改革が袋小路に入り込んでいる。年金の国庫負担増額のメドが立たないことか …

communityshop
英国で社会起業家が、低所得者向け「ソーシャル・スーパーマーケット」を開店

 英国では初めてとなる「ソーシャル・スーパーマーケット」の開店が話題を呼んでいる …

00004
米大統領選挙2回目のTV討論会が終了。結果はオバマ大統領優勢

 大統領選挙の2回目のTV討論会が、現地時間の16日夜(日本時間17日午前)、ニ …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

genba
玄葉外相が、日本は韓国よりも米国から信頼されていると見苦しい自慢話を展開

 今回の北朝鮮のミサイル発射では、韓国側の情報が錯綜し混乱が見られた。この点につ …

teinensaikoyou
定年後再雇用の賃金格差は違法との判決。司法判断定着なら、現役世代の年収が減少?

 定年退職後の再雇用において年収を引き下げることは違法だとする東京地裁の判決が下 …