ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問題は、進展が見られなかったシリア問題と同様(本誌記事「G8はシリア問題をめぐってバラバラ」参照)、目立った成果が得られないまま会議の閉幕を迎えた。

 このところアマゾン、スターバックス、グーグル、アップルといった米国のグローバル企業が、節税を積極的に行い法人税をあまり納めていないという問題が指摘されていた。
 今回のG8では、議長国である英国のキャメロン首相が租税回避問題を会議の主要議題とすることを強く求めたほか、ドイツのメルケル首相も「グローバル企業によるこうした行為は許されない」と発言し、各国が一致して対策を強化することを示唆していた(本誌記事「国際的課税逃れへの包囲網が強まる」参照)。

 だが実際にフタを開けてみれば、各国の税務当局が情報共有を行うのみというかなり後ろ向きな結果に終わった。だがこのような結末になることは最初からある程度予想されていた。というのも欧州がこの問題に積極的になること自体が自己矛盾となっているからだ。

 一連の租税回避で攻撃対象となっているのは、ほとんどが米国企業である。米国内でもグローバル企業の節税行動は政治問題になってはいるが、最終的にこれらの企業の利益が増加すれば米国の利益となるため、米国はこの問題にはあまり高い関心を払っていない。しかも米国の法人税は国際的に見てもっとも高い部類に入り、どちらかというと欧州の低税率国に税収を奪われる被害者でもある。

 むしろ欧州は低い税率で世界からお金を集めている側であり、問題が起きているのは、欧州内部での税率の違いによって、特する国と損する国が存在しているからである。欧州の主要国で税率が低いのは、英国とドイツであり、英国は自らの植民地でタックスヘイブン(租税回避地)の運営まで行っている。一方フランスなどは税率が高く、資金が国外に流出している。英国とドイツは、アイルランドなどさらに税率の低い国を矛先にして、自らが低税率で資金を集めていることは棚上げしている状況だ。

 結局のところ、多くの国が低い税率で他国の資金を効率よく集めたいと思っており、国際的に租税回避をなくそうとしても、この点で利害が一致しない。今回のG8での決定は、無節操な租税回避行動を抑制する一定の役割は果たすと考えられるが、根本的な解決手段にはならないだろう。

 それにしても、もっとも税率の高い米国が企業や資金の流出に悩んでいないというのは皮肉な結果である。企業は市場に魅力があれば、たとえ税率が高くても、集まってくるもののようである。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

nikkann
日本と韓国は仲良く三流国家?各種調査結果が示す日韓の類似性

 日本人と韓国人は互いに嫌っているとよくいわれる。2012年11月に内閣府が発表 …

airforce1001
米国が世界から手を引きつつあるとのFT紙記事。だが米国人は本来「超」ひきこもりだ

 世界の警察官であった米国が内向きになろうとしているという英フィナンシャル・タイ …

George Washington03
東シナ海に展開する中国海軍の実力はどの程度なのか?

 中国が2013年11月に、尖閣諸島上空を含む空域に、防空識別圏を設定したことで …

danjobyoudo
男女平等と経済成長の密接な関係。女性差別が激しいフランスから分かること

 フランス政府は30日、女性差別を解消するための対策を発表した。職場での女性差別 …

kanntei
社会保障改革の手順を閣議決定。肝心の年金問題についてはほぼ手つかずのまま

 政府は8月21日、閣議において社会保障制度改革の手順を定めるための法案骨子を決 …

misutoraru
ロシアによるフランスからの揚陸艦購入は北方領土配備のため?

 ロシアによるフランス製強襲揚陸艦の購入が、北方領土対策のために行われたという、 …

jinminkaihogun
中国人民解放軍が大規模な組織改編。軍の近代化と地域利権の排除が狙いか?

 中国人民解放軍は2016年2月1日、従来の軍区に代わり、新しく戦区という区域を …

sebunsuzu
セブン&アイ鈴木会長が退任。自らが主導した人事案は取締役会で否決

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者は2016年4月8 …

b3837
中国機がとうとう領空侵犯。領海侵入と領空侵犯は根本的に意味が違う!

 中国国家海洋局の航空機1機が13日、尖閣諸島南約15キロの日本の領空を侵犯し、 …

bouekikontena
デフレでゲタを履かせられた7~9月期の実質GDP。輸出の落ち込みはかなり深刻

 内閣府は2016年11月14日、2016年7~9月期のGDP(国内総生産)速報 …