ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問題は、進展が見られなかったシリア問題と同様(本誌記事「G8はシリア問題をめぐってバラバラ」参照)、目立った成果が得られないまま会議の閉幕を迎えた。

 このところアマゾン、スターバックス、グーグル、アップルといった米国のグローバル企業が、節税を積極的に行い法人税をあまり納めていないという問題が指摘されていた。
 今回のG8では、議長国である英国のキャメロン首相が租税回避問題を会議の主要議題とすることを強く求めたほか、ドイツのメルケル首相も「グローバル企業によるこうした行為は許されない」と発言し、各国が一致して対策を強化することを示唆していた(本誌記事「国際的課税逃れへの包囲網が強まる」参照)。

 だが実際にフタを開けてみれば、各国の税務当局が情報共有を行うのみというかなり後ろ向きな結果に終わった。だがこのような結末になることは最初からある程度予想されていた。というのも欧州がこの問題に積極的になること自体が自己矛盾となっているからだ。

 一連の租税回避で攻撃対象となっているのは、ほとんどが米国企業である。米国内でもグローバル企業の節税行動は政治問題になってはいるが、最終的にこれらの企業の利益が増加すれば米国の利益となるため、米国はこの問題にはあまり高い関心を払っていない。しかも米国の法人税は国際的に見てもっとも高い部類に入り、どちらかというと欧州の低税率国に税収を奪われる被害者でもある。

 むしろ欧州は低い税率で世界からお金を集めている側であり、問題が起きているのは、欧州内部での税率の違いによって、特する国と損する国が存在しているからである。欧州の主要国で税率が低いのは、英国とドイツであり、英国は自らの植民地でタックスヘイブン(租税回避地)の運営まで行っている。一方フランスなどは税率が高く、資金が国外に流出している。英国とドイツは、アイルランドなどさらに税率の低い国を矛先にして、自らが低税率で資金を集めていることは棚上げしている状況だ。

 結局のところ、多くの国が低い税率で他国の資金を効率よく集めたいと思っており、国際的に租税回避をなくそうとしても、この点で利害が一致しない。今回のG8での決定は、無節操な租税回避行動を抑制する一定の役割は果たすと考えられるが、根本的な解決手段にはならないだろう。

 それにしても、もっとも税率の高い米国が企業や資金の流出に悩んでいないというのは皮肉な結果である。企業は市場に魅力があれば、たとえ税率が高くても、集まってくるもののようである。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

no image
元外交官の佐藤優氏がはからずも明らかにした外務官僚の驚くべき怠慢

 野田首相が突然解散を決定したことで、日本外交に混乱が生じている。  日本とロシ …

Observationisland
北朝鮮のミサイル発射予告。情報収集はどんな体制で行われているのか?

 北朝鮮がミサイル発射を予告していることを受けて、米軍や自衛隊では準備が進んでい …

gpifpotofori2015
株式市場で圧倒的な存在感を示す公的年金。まだまだ買い余力はあるが・・・

 株式市場における公的年金の存在感が大きくなっている。債券から株式へのポートフォ …

oyako
アップルがFBに続いて卵子凍結費用を補助。女性社員引き止めに手段を選ばず

 米アップルは、優秀な女性人材を確保するため、希望する女性社員に対して卵子凍結費 …

seirousikaigi201412
政労使会議で来春の賃上げを明記。だが他の要請事項は相互に矛盾している

 政府は2014年12月16日、政府、経済団体、労働団体の代表らが、雇用や賃金に …

taikudeta2014
タイでとうとう軍がクーデターを決行。実質的には官僚によるタクシン派の弾圧

 政局が混乱しているタイで、とうとう軍がクーデターを起こすという事態に突入した。 …

netaniyafunageki
イスラエル総選挙。オバマ政権にケンカを売ったネタニヤフ首相が再選へ

 イスラエルで総選挙が行われ、ネタニヤフ首相が率いる与党リクードを中心とした右派 …

toshibaenki
東芝が決算発表を再延期。原子力子会社非連結化を打ち出すもスキームは不明

 米国の原子力事業で巨額の損失を抱える東芝は2017年3月14日、2016年4~ …

mof
安倍政権の樹立に財務省が暗躍?財務省はなぜ政界をコントロールできるのか?

 自民党の政権復帰に財務省が大きな役割を果たしたとの噂が広がっている。財務省は悲 …

meisousenkyo
英国の総選挙。まさかの過半数割れだがマーケットには案外好都合?

 当初、与党保守党の圧勝が予想されていた英国の総選挙は予想外の結果となった。保守 …