ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクによるスプリント買収が確定的に。だが本当のヤマ場は買収後にやってくる

 

 米携帯電話3位のスプリント・ネクステルの買収をめぐり、ソフトバンクと争っていた米衛星放送大手ディッシュ・ネットワークが、事実上買収を断念する声明を発表した。このまま進めばソフトバンクによる大型買収が成立することになる。

 スプリント買収を巡っては、ソフトバンクが昨年10月に、201億ドル(1兆9000億円)で同社を買収する発表していた。だがディッシュ側が255億ドルを提示し買収合戦となったため、ソフトバンクはさらに15億ドルを上積みし、216億ドルの買収案を提示していた。

 スプリント側はソフトバンク案の受け入れを表明すると同時に、ディッシュに修正案を提出するよう求めていた。6月18日、ディッシュは修正案の提出を見送ることを表明したため、ソフトバンクによる買収がほぼ確定的となった。スプリントの臨時株主総会でソフトバンク案が承認されれば、買収が正式に成立することになる。

 ソフトバンクにとってはようやくひと安心ということろだが、本当の勝負は買収が成功したその後である。スプリントは全米3位の携帯電話会社だが、売上高はソフトバンクと同水準の約3.4兆円。企業規模において1位のAT&T(売上高12兆円)と2位のベライゾン(売上高11兆円)に大きく水をあけられている。また、2007年以降6期連続の赤字となっており、業績は低迷している。2012年12月期の赤字額は約4100億円で、ソフトバンクの当期利益である2900億円を上回っている。買収後すぐにリストラに着手し、収益を改善させないと、ソフトバンクの業績に大きく影響することになる。

 買収には銀行からの融資と社債発行で調達する2兆円の資金を充てる。現在、同社には1兆4000億円の現金があり、当面の資金繰りは問題ない。
 スプリントの業績回復に成功すれば、ソフトバンクは一気にグローバルな通信会社に躍り出ることになるが、逆に買収に失敗すれば、大きな痛手となることはほぼ確実である。

 市場からはムチャな買収との声も聞かれるが、一方で米国の巨大企業を買収するためには、このくらいのリスクは覚悟しなければならないとの現実的な意見もある。米国という世界最大の市場に展開する有力通信会社が、健全な経営状態で身売りすることなどあり得ないからだ。米国市場への足がかりを得るためには、多少問題のある企業の買収以外に方法はないというわけである。

 ソフトバンクの孫社長はこれまでもボーダフォン買収など、当初はムチャといわれた多くの案件を成功に導いてきた。だが今回の買収は、リスク慣れしている同社と孫社長にとっても、相当なプレッシャーとなる案件であることは間違いないだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

tenanmon
株価暴落の最大要因は中国の不透明性。混乱はほどなく収束すると思われるが・・・

 週明けの世界の株式市場は、先週に引き続いて大混乱となった。24日のニューヨーク …

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …

mof
財務省が物価連動債の発行再開へ。いよいよインフレ時代がやってくる。

 財務省が、物価に応じて元本が増減する物価連動国債の発行を再開する。物価連動国債 …

yamatochina
ヤマトの新しいサービスは、日本のネット通販の中国販路拡大に寄与するか?

 宅配大手のヤマトホールディングスは2014年3月24日、日本のネット通販事業者 …

trybol
スイスで経営者の高額報酬を制限する国民投票を実施。立役者の主張とは?

 企業幹部が受け取る高額報酬の制限をめぐってスイスで国民投票が実施される見込みと …

setubitousi
企業の業績拡大が中小企業にも波及。ただ設備投資は公共事業の依存度が高い

 財務省は2014年6月2日、2014年1~3月期の法人企業統計を発表した。売上 …

maresia
米利上げとドル高に備え、東南アジア各国が財政規律を強化

 米国の利上げとドル高に備え、東南アジア各国の準備が進んでいる。これまで景気優先 …

keizaizaiseisimonkaigi
財政再建とバラマキ予算をいとも簡単に両立させてしまう、財務省のレトリックとは?

 政府は8月2日、経済財政諮問会議を開催し、財政健全化の道筋となる中期財政計画の …

meti03
官製ベンチャーキャピタルの産業革新機構は、まるで公共工事のゼネコン

 産業革新機構は2014年1月8日、日米両国のベンチャー企業育成を手がける株式会 …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …