ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

高市発言で浮き彫りになった原子力災害に対する根本的な誤解

 

 自民党の高市早苗政調会長が「原発事故によって死亡者が出ている状況ではない」と発言した問題で、高市氏は19日、発言を撤回し謝罪した。政府与党は高市氏の謝罪で幕引きを図りたい考えだが、民主党など野党は批判を強めており状況は流動的だ。

 高市氏の今後の進退問題はともかくとして、今回の高市氏の発言は事故に関する政府与党の基本的な価値観を図らずも浮き彫りにしたといえる。
 自民党福島県連は、過酷な非難で死亡した人や自殺した人などを含めてすべてが災害関連死であるとして、高市氏の発言を強く批判している。
 高市氏の発言そのものは論外としても、高市発言を批判している人たちでさえ、原発事故によって目に見える形で死亡した人を犠牲者として認識しているという点で考え方は共通のようである。

 だが原子力災害における犠牲者の考え方は本来そのようなスタンスに立つべきものではない。放射能の人体に対する影響はこれまで嫌というほど議論されてきたが、現在に至っても、影響がある、ないといった水掛け論のままである(高市氏の発言もその延長線上にある)。
 だが、広域にわたる低線量被曝の影響はよく分かっていないというのが、科学的に正しい答えであり、本来の事故対策は「分かっていない」ことを前提に実施されなければならない。

 人体への影響が科学的によく分かっていない災害や事故に対しては、基本的にあらゆる面で安全側に立って考え、常に潜在的な犠牲者が存在するというスタンスが必要となる。
 例えば、被害地域の放射線量が従来の基準では直接健康に影響を与える水準ではなかったとしても、リスク要因が高い人が存在していることを前提に対策を実施しなければならない。
 具体的には抗がん剤を投与され免疫機能が弱っているがん患者や、重度のアレルギー患者など、環境変化の影響を受けやすい人は大勢いる。
 こうした患者は、一般人よりも過剰に放射能の影響を受ける可能性がある。現時点では、免疫機能が弱っている人の放射能の影響を示す有意な統計データは存在していない。だが影響が分かっていない災害に対処するということは、有意な統計データがない人に対しても、最悪のシナリオを想定することを意味している。もちろん対策の範囲や予算には限度があるが、可能な限り、範囲を広げるのが原理原則である。安全側に立って考えるとはそういうことである。

 顕在化していない被害者の存在も一定の範囲で想定するという立場からすると、高市氏の発言はまさに論外ということになる。だが高市氏の発言が、単に不謹慎だというレベルで処理されてしまうと、原子力災害の本質を見失う可能性がある。過剰に放射能の危険を喧伝する必要はないが、「被爆の影響は科学的によく分かっていない」という事実が忘れ去られようとしているなら、それは大きな間違いである。

 - 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

one drive
マイクロソフトがクラウド・サービスの水準を大幅にダウン。タダで使えるという時代は終了?

 マイクロソフトが自社のクラウド・サービスの一部について、サービス内容を大幅に変 …

no image
韓国大統領候補の税金ごまかし問題。だが韓国では当たり前?

 韓国の次期大統領選挙に立候補を表明した安哲秀(アン・チョルス)候補に金銭疑惑が …

airplane01
IT専門家がスマホで飛行機を乗っ取るデモを披露。すでにコンサル契約の話も

 コンピュータ・セキュリティの専門家が、スマホのアプリを使って民間航空機を乗っ取 …

kaisaibankan
スカート盗撮裁判官の弾劾裁判が始まる。本人は事実関係を認める

 電車内で女性の下着を盗撮したとして罰金刑を受けた大阪地裁の華井俊樹判事補の弾劾 …

kisho
気象庁が津波警報の発表方法を変更。初期段階では高さではなく「巨大」な津波と表現

 政府は3月8日、気象庁が発令する注意報と警報の上に「特別警報」を新設することを …

no image
財務省の調査で地方公務員の厚遇ぶりが明らかに。だが問題の本質はそこではない。

 地方公務員の平均給与が国家公務員を6.9%上回っていることが財務省の調査で明ら …

roujin
都市在住高齢者の地方施設への移住が検討されている背景とは?

 都市部における介護施設不足の解決策として、地方施設への移住を促す動きが活発化し …

apple
中国の販売見込みが予想を下回り、好業績だが失望となったアップルの決算

 米アップルは2014年1月27日、2013年10~12月期決算を発表した。四半 …

todai
アジア大学ランキングの結果は、大学の予算配分に影響を与えるのか?

 イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」は2015年6月1 …

american02
アメリカン航空のトラブルは労働組合の自作自演の可能性が濃厚

 飛行機の座席が外れるトラブルが続出しているアメリカン航空だが、緊急着陸でフライ …