ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バーナンキ議長がとうとう量的緩和策終了に言及。いよいよ本格的なドル高が始まる?

 

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は6月19日、連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に記者会見を行い、量的緩和を終了させる見通しであることを明らかにした。量的緩和策第1弾(QE1)のスタートから数えると、5年近くにわたって継続した非常措置はようやく出口を迎えることになる。

 バーナンキ議長は、米国経済がこのまま順調に推移すれば、来年9月には量的緩和を終了させるとの見解を示した。時期を逆算すると早ければ今年9月のFOMCで正式に緩和縮小を宣言し、年後半から国債の買い入れペースを縮小することになる。

 米国経済は、歳出強制削減の影響や欧州と中国の景気後退によって踊り場に差し掛かっているが、総じて順調に推移している。米国の第1四半期における実質GDP成長率は年率2.5%、通年でも2.0%程度の成長が予想されている。
 唯一の懸念材料は失業率で、現在7.6%とまだ高めの水準だが、バーナンキ議長は「景気の下振れリスクは低減していると」として、米国経済の現状に強い自信を示した。

 もっともバーナンキ氏自身は、もう少し景気回復を見極めてから緩和縮小に入りたというのが本音といわれる。だが、量的緩和策をこれ以上継続することへの弊害も指摘されており、市場の予想通り、出口戦略に舵を切ったと考えられる。

 量的緩和策の縮小が実施されると、長期金利の上昇とドル高がもたらされることになる。実際、債券市場は下落(金利は上昇)し、為替はドル高に振れた。ダウは下落となったが、量的緩和の縮小は順調な景気回復を反映したものであり、そのシナリオが正しければ、最終的には株価も上昇してくるはずである。
 実際、量的緩和の縮小といっても、国債などの購入をストップするだけで、これまでに購入した資産の売却は長期にわたって行わない方針だ。量的緩和の縮小が市場に与える影響は最小限にとどまる可能性が高い。

 量的緩和策の終了はアベノミクスにとっては追い風となる。円安が進めば海外からの投資収益が増加し、経常収支が改善する。また輸出についても数量の落ち込みを円安がカバーしてくれることになる。何より、米国は日本にとって最大の輸出先であり、好調な米国経済は日本の輸出産業の業績を後押しするだろう。
 量的緩和策をスタートさせたばかりの日本と景気低迷が続く欧州は引き続き、緩和的なスタンスを継続せざるを得ない。米国の状況は世界で突出することになり、国際的な資金の流れは大きく変わる可能性がある。場合によっては予想以上にドル高(円安)が進むことになるかもしれない。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

wsj120 02
ウォールストリート・ジャーナルが創刊125年。当時の紙面は今とあまり変わらず

 米国を代表する経済誌であるウォールストリート・ジャーナルが2014年7月8日で …

tanakamakiko00
ハチャメチャ田中文科相が期せずしてあぶり出した、腐敗した教育行政の闇

 田中真紀子文部科学相が、新設を申請していた3大学について突如不認可としたことで …

uh-x
防衛省ヘリ調達談合事件。「企画競争入札」というインチキ

 防衛省が発注した次期多用途ヘリコプターに関する不正疑惑で、東京地検特捜部は週明 …

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …

businessman04
駆け込み需要で絶好調な1~3月期GDP。10%増税と追加緩和への影響は?

 内閣府は2014年5月15日、2014年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報 …

bouekikontena
10~12月GDPはプラス1%。個人消費は横ばいで、状況は大きく変わらず

 内閣府は2017年2月13日、2016年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

abehobei
TPPに対して満額回答だというマスコミ報道は果たして本当なのか?

 日米首脳会談を終え、安倍政権はTPPへの参加問題について「関税撤廃の例外品目が …

kyuryo
今年も賃上げは確実だが、企業があまり積極的になっていない理由

 安倍政権が賃上げに向けて本格的に動き出している。昨年度に引き続き、財界に対して …

udeishoku
イラクで負傷した兵士の両腕移植が成功。皮肉にも戦争で米国の医療技術がさらに進んだ

 イラク戦争に派遣され従軍中に両手両足を失った米軍兵士が両腕の移植手術を受け回復 …

hagel04
北朝鮮の強硬姿勢によって米の軍事費削減に赤信号?現状維持派の策略との声も

 敵対的な姿勢を強める北朝鮮への対抗措置から、米軍が相次いで兵力の追加配備を迫ら …