ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バーナンキ議長がとうとう量的緩和策終了に言及。いよいよ本格的なドル高が始まる?

 

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は6月19日、連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に記者会見を行い、量的緩和を終了させる見通しであることを明らかにした。量的緩和策第1弾(QE1)のスタートから数えると、5年近くにわたって継続した非常措置はようやく出口を迎えることになる。

 バーナンキ議長は、米国経済がこのまま順調に推移すれば、来年9月には量的緩和を終了させるとの見解を示した。時期を逆算すると早ければ今年9月のFOMCで正式に緩和縮小を宣言し、年後半から国債の買い入れペースを縮小することになる。

 米国経済は、歳出強制削減の影響や欧州と中国の景気後退によって踊り場に差し掛かっているが、総じて順調に推移している。米国の第1四半期における実質GDP成長率は年率2.5%、通年でも2.0%程度の成長が予想されている。
 唯一の懸念材料は失業率で、現在7.6%とまだ高めの水準だが、バーナンキ議長は「景気の下振れリスクは低減していると」として、米国経済の現状に強い自信を示した。

 もっともバーナンキ氏自身は、もう少し景気回復を見極めてから緩和縮小に入りたというのが本音といわれる。だが、量的緩和策をこれ以上継続することへの弊害も指摘されており、市場の予想通り、出口戦略に舵を切ったと考えられる。

 量的緩和策の縮小が実施されると、長期金利の上昇とドル高がもたらされることになる。実際、債券市場は下落(金利は上昇)し、為替はドル高に振れた。ダウは下落となったが、量的緩和の縮小は順調な景気回復を反映したものであり、そのシナリオが正しければ、最終的には株価も上昇してくるはずである。
 実際、量的緩和の縮小といっても、国債などの購入をストップするだけで、これまでに購入した資産の売却は長期にわたって行わない方針だ。量的緩和の縮小が市場に与える影響は最小限にとどまる可能性が高い。

 量的緩和策の終了はアベノミクスにとっては追い風となる。円安が進めば海外からの投資収益が増加し、経常収支が改善する。また輸出についても数量の落ち込みを円安がカバーしてくれることになる。何より、米国は日本にとって最大の輸出先であり、好調な米国経済は日本の輸出産業の業績を後押しするだろう。
 量的緩和策をスタートさせたばかりの日本と景気低迷が続く欧州は引き続き、緩和的なスタンスを継続せざるを得ない。米国の状況は世界で突出することになり、国際的な資金の流れは大きく変わる可能性がある。場合によっては予想以上にドル高(円安)が進むことになるかもしれない。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

ekishoutv
TVなどの電子機器販売が壊滅状態。もはや電機メーカーは農業やゼネコンと同じ

 電子情報技術産業協会(JEITA)は21日、1月の民生用電子機器(AV機器、車 …

nitigin
皆さん!中央銀行の独立性について根本的に誤解していませんか?

 2~3%の高いインフレ目標の設定と、日銀による国債引き受けに言及した自民党の安 …

canonfactory
キヤノンの国内生産回帰は評価すべきだが、雇用の増加につながるわけではない

 キヤノンは2015年までに自社製品の国内生産比率を現在の42%から50%へ引き …

kazoku
出生率に関する内閣府の研究結果。伝統的価値観は出生率向上にあまり寄与せず?

 内閣府は8月30日、家族の価値観と出生率に関する研究結果を発表した。伝統的な家 …

nichia
従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業 …

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …

seoulapart
不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こ …

kosakukiki
1月の機械受注は反動で大幅増。全体にブレが大きくなりトレンドが不明確に

 内閣府は2014年3月13日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

imf201304
日本に財政健全化を強く求めたといわれるG20声明はどう解釈すべきなのか?

 米ワシントンにおいて4月18日と19日、G20(20カ国・地域財務相・中央銀行 …