ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本のバブル退治を彷彿?中国が景気減速にもかかわらず、金融引き締めを強行

 

 中国経済が正念場に差し掛かっている。香港上海銀行(HSBC)が6月20日に発表した6月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)48.3となった。50を割った前月からさらに低下しており、9カ月ぶりの低水準となった。

 中国のPMIには国家統計局が発表する数値とHSBCが発表する数値の2種類がある。国家統計局の数値は国営企業が中心だが、HSBCの指標には比較的規模の小さい民間企業も含まれる。
 国家統計局の6月のPMIはまだ発表されていないが、HSBCの指標が低下していることは、中国全体の景況感が悪化していることを示している。

 中国は事実上の統制経済であり、本来であれば、金利を低めに誘導して景気刺激を行いたいところだが、現在の状況はまったく逆になっている。
 中国の短期金利が13%台まで急上昇しているのだ。当局は金融引き締めを継続する意向で、このままでは資金調達に行き詰まり、経営破綻する企業が出てくる可能性もある。

 これだけの厳しい環境で金融引き締めを行うのは、影の銀行と呼ばれる非正規金融システムの撲滅と不動産投機の抑制が背景にあるといわれる。
 中国は十分な金融システムがまだ整備されておらず、私的ローンやノンバンクによる融資などで資金を調達するケースも多い。また表に出ない資金が不動産の投機に回り、不動産価格が高騰するなどの問題が発生している。当局は景気が失速するリスクを冒してまでも、これらを排除したい意向だ。

 当局の強硬な姿勢は、80年代後半から90年代前半、バブル経済を強引に終了させた日本の姿と重なる。日本でもノンバンクの融資拡大による不動産投機が社会問題となり、庶民が土地を買えなくなるとの批判が高まったことから、当局は強引な引き締めを行った。その結果、不動産市場と株式市場は大崩落し、現在まで続く長期不況を招いた。

 もちろん中国当局は日本の事例を非常によく研究しており、日本のような状況にならないための方策はある程度検討しているかもしれない。だが従来の政策の膿を出すという政治的状況が優先されてしまえば、政策のバランスは容易に崩れてしまう。
 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は6月19日、とうとう量的緩和の縮小に言及した(本誌記事「バーナンキ議長がとうとう量的緩和終了に言及。いよいよ本格的なドル高が始まる?」参照)。世界中に拡大したドルが米国に戻ってくることが予想され、中国を含む新興国の株価は軒並み下落している。時期が時期だけに、中国からの資金引き上げ観測が高まり過ぎると、本当に資産価格の暴落を招きかねない。

 リーマンショックの影響を最小限にかわしてきた中国経済が、ここ10年では最大の試練を迎えているといえる。習近平体制における経済問題の責任者である李克強首相の手腕が問われている。

 - 経済 , , ,

  関連記事

abekeizai201311
公共事業費の抑制をめぐって綱引き激化。財務省が本当に危惧している事態とは?

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えているが、公共事業費の抑制をめぐって議 …

netflix
動画配信の大本命ネットフリックスがサービス開始。販売ではソフトバンクと提携

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」が2015年9 …

dentaku
家計の金融資産は1年で3割近くも減少。厳しい現実に庶民が身を守る方法はあるのか?

 日本人はますます貧乏になっている。多くの人が何となく感じていたものは、やはり現 …

trumpchina
米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡 …

tosho05
個人投資家向けの優遇税制(日本版ISA)が前途多難な状況

 小口の個人投資家向け優遇税制である日本版ISA(少額上場株式等に係る配当所得及 …

no image
座礁したクルーズ客船の事故現場が大観光地に

 今年の1月に座礁事故を起こして転覆した超大型クルーズ客船「コスタ・コンコルディ …

ecb02
欧州中央銀行がとうとう量的緩和を示唆。一気にドル高が進む?

 ECB(欧州中央銀行)がとうとう量的緩和の実施に踏み切る可能性が出てきた。20 …

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …

caterpilar
米キャタピラーの決算を見る限り、世界経済減速の米国への影響は限定的

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年10月23日、2014年7~9月期の決 …

suga20140204
今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのか …