ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オスプレイ導入の本質は自衛隊の海外展開能力。そろそろ国民的議論が必要な時期に

 

 新型輸送機オスプレイ運用をめぐる日米の動きが活発になってきている。米軍と海上自衛隊は6月14日、海上自衛隊の最新鋭護衛艦「ひゅうが」にオスプレイを着艦させる訓練を実施した。また前日の13日には米軍の強襲揚陸艦「ボノムリシャール」が母港の佐世保を出港し、普天間基地に所属する米海兵隊のオスプレイを初めて同艦に搭載して訓練を実施する。

 現在米軍は、米国西海岸において6月11日から28日の日程で、日本、カナダ、ニュージーランドが参加する本格的な水陸両用作戦訓練「ドーンブリッツ2013」を開催している。
 この中で日米両国は、米海兵隊の新型輸送機オスプレイを、同訓練に参加した海上自衛隊の最新鋭護衛艦「ひゅうが」に着艦させる訓練を実施した。

 これは日米双方にとって大きな意味を持つ訓練である。日本の自衛隊が米国の安全保障の枠組みにおいて一体的に運用されていることは周知の事実である。だがこれまでの日本側の役割は、対潜哨戒業務などもっぱら防衛的なニュアンスの強いものが中心であった。日本の自衛隊は今のところ(一部の部隊を除いて)米国の海兵隊に相当する兵力はほとんど保有しておらず、地上部隊を他国へ派遣し上陸作戦などを敢行する能力は、米国側に依存している。

 防衛省は2013年度予算にオスプレイの導入を前提とした調査研究費を要求しており、オスプレイ導入を本格的に検討している。また「ひゅうが」を中心に、ヘリ甲板を備えた大型の護衛艦の建造も進めている。この両者が一体になると、理論的には強襲揚陸艦としての能力を備えることになり、自衛隊による他国への部隊の派遣が可能となる(現実にそれを実施するにはいくつものステップが必要だが)。今回の訓練はその第一歩であり、米海兵隊も今回の着艦訓練を「歴史的な成果」と強調している。

 日本ではオスプレイ配備について、もっぱら安全性と沖縄の負担という観点でのみ議論が行われている。もちろんこれらも非常に重要なテーマではあるが、オスプレイの導入は、米海兵隊が持つ機動力の質的転換と、自衛隊の海外展開能力保有という非常に重要な意味を持っている。

 安倍首相は自衛隊の敵地攻撃能力について研究すべきとの発言をすでに行っており、政府与党内では具体的な議論が始まりつつある。米国が在日米軍の縮小に動いている中、日本が自衛隊の海外展開能力を検討することはある意味で自然の流れともいえる。
 だが一方で、世界第3位の経済規模を持つ日本が、本格的な軍事力の海外展開能力を持つことになった場合、従来のような受け身の外交姿勢が許されなくなってくるのも事実だ。
 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)問題では、日本は交渉受け入れの是非をめぐって右往左往する状態となった。だが他国に軍事力を行使できる突出した経済大国は、本来なら自らTPPのような枠組み各国に提案し、消極的な国を説得するくらいの役割が求められるはずだ。

 他国を攻撃できる軍事力は保有するが、経済、金融、外交のリーダーシップは引き受けたくないというわがままはおそらく通用しないだろう。
 戦争行為とは経済、外交の延長であり、単純に武力を行使することだけの問題ではない。自衛隊が、現実に他国への侵攻を可能にする能力を持ちつつある今、日本は国際社会に対して本当にリーダーシップを発揮する覚悟があるのかどうか、真剣に議論すべき時が来ている。

 - 政治 , , ,

  関連記事

ozawaitoro
脱原発「未来の党」に「国民の生活」が合流。仕掛け人はもちろん小沢氏

 滋賀県の嘉田由紀子知事は27日、脱原発を基本政策に掲げる新党「日本未来の党」を …

rikokkyoudabosu
李克強首相が中国経済の運営に自信。欧米経済の回復を追い風にバブル封じ込めか?

 中国の李克強首相は、大連で開かれている夏季ダボス会議で講演を行い「中国経済のフ …

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

abejosei
安倍首相が配偶者控除の廃止を指示。是非を議論できる段階は過ぎている

 安倍首相は2014年3月19日、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議にお …

trumpyosan
トランプ大統領はもう予算に興味がない?外遊中に予算教書提出の前代未聞

 米国のトランプ政権が初の予算教書(正式版)を議会に提出した。当初は予算教書の提 …

no image
企業の倒産件数が激減。だがそれは、銀行のあたらな時限爆弾に過ぎない

 銀行の過剰な国債保有が懸念されている中、銀行のあたらたな時限爆弾の存在が明らか …

bouekitoukei201307
7月の貿易統計は赤字拡大。そろそろ貿易赤字を前提にした産業政策を議論すべき時

 財務省は8月19日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

monju
もんじゅ廃炉案が再び浮上するもやはり立ち消え?決められない日本人の悲しい性

 現在、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含めた検討が行わ …

jinkousuikei
50年後の人口は何と8800万人に。政府が掲げる1億人維持など到底不可能

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は2017年4月10日、「将来推計人口 …

dentaku
政府がとうとうデフレの表現を削除。だが実態は輸入価格上昇によるインフレ

 政府は2013年12月24日の月例経済報告において「デフレ」の表現を削除する。 …