ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が官僚人事で主導権を発揮。だが村木氏の次官抜擢には疑問の声も

 

 安倍政権が官邸主導人事の目玉として掲げた官僚人事が思いのほか不発となっている。
 外務省の事務次官には、北朝鮮強硬派で安倍氏に近いとされる齋木昭隆外務審議官が就任する。また厚生労働省の事務次官には、村木厚子社会・援護局長を充てる。旧厚生省と旧労働省のたすきがけ人事の慣例では、今回は厚生省側からの登用となるはずだが、安倍氏の強い意向で旧労働省出身の村木氏が就任する。

 特に村木氏の就任には「女性登用」と「再チャレンジ」を掲げる安倍首相の意向が強く働いたと言われている。だが女性登用はともかく、村木氏を官邸主導人事の目玉にするというセンスには一部から疑問の声が上がっている。
 村木氏が官邸主導人事の象徴というのは、村木氏が2009年に発生した郵便不正事件で逮捕されたものの、その後の裁判で無罪が確定し、復職したことを指していると思われる。

 確かに村木氏は無実の罪を着せられ、多大な精神的、肉体的苦痛を味わったことは想像に難くない。だが郵便不正事件では事件発生当時課長であった村木氏の部下(当時係長)には有罪判決が下されている。職員の痴漢といった個人的な不祥事ではなく、組織的な汚職事件として部下が逮捕され、有罪判決が下っているのである。一般社会の常識で考えれば、直属の上司で全権限を持っていた村木氏には、刑事的な責任はなくても、職業人としての責任は当然発生する。

 例えば、民間企業において手抜き工事や成分の不正表示事件といった不祥事があり直属の部下が有罪になったとしよう。本人が無罪だったからといって、事件とは無関係で済ませられるだろうか?そうはならないだろう。それどころが、世間からは悪徳企業との罵声が浴びせられ、その後社長に昇格することなどはもちろんのこと、会社に在籍し続けることさえ難しいだろう。だが村木氏は形式的な訓告処分になっただけで、組織トップまで上り詰めたのである。

 もっともこの事件の背景には、検察の強引な取り調べや調書の捏造など、深い闇が横たわっている。司法判断が下っているとはいえ、事件の存在そのものに対する疑念の声も根強い。だがそれを前提にしたとしても、犯罪者を出した事件の責任者であった過去は簡単にぬぐい去れるものではない。

 村木氏が無罪判決を勝ち取った際には、検察への批判からか、マスコミは村木氏を一斉にヒーロー扱いした。だが今回の人事が、こうした村木の立場を利用し、検察の今後の活動に対する萎縮を狙ったものであるとするならば、それはまた別の問題を引き起こしかねない。少なくとも村木氏が「再チャレンジ」の象徴でないことだけは確かだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

carney2
シリアへの軍事介入で外堀埋まる。消極的なのはオバマ大統領だけ

 シリア情勢が緊迫の度合いを高めている。米国政府はシリアのアサド政権が化学兵器を …

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …

brasil
インフレによる不満から大規模デモとなったブラジル。アベノミクスの悪いシナリオを暗示?

 サッカーのコンフェデレーションズ杯が開催されているブラジルで、公共料金の値上げ …

rap01
イスラム過激主義者はなぜかラップが大好き

 パキスタンで9日、イスラム武装勢力タリバンを批判するブログを執筆していた14歳 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

ouyou
総勢180名の財界訪中団が汪洋副首相と会談。だがトップ2との会談は実現せず

 安倍政権発足後、最大規模となる財界訪中団は11月19日、北京市内において汪洋副 …

abenaikaku3ji
第3次安倍内閣が発足。経済最優先だが、再度の追加緩和頼み?

 第3次安倍内閣が本格的なスタートを切った。安倍首相は発足後ただちに財界に対して …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

geitsu
ゲーツ元国防長官のオバマ大統領批判から、文民統制の本当の意味を考える

 米国のゲーツ元国防長官が近く発売される回顧録の中で、アフガン戦争をめぐるオバマ …

kizuna
どこか胡散臭い言葉「絆」や「安心」に込められた本当の意味

 3.11の震災以降、世の中のあちこちで多用されている「絆」というキーワード。震 …