ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

南アフリカ、反アパルトヘイト運動の英雄マンデラ元大統領の光と影

 

 南アフリカ政府は6月23日、入院中のネルソン・マンデラ元大統領(94)の容体が悪化し、危篤状態になったと発表した。マンデラ氏は、ここ数年入退院を繰り返しており、現在は肺感染症の再発で再び入院していた。

 マンデラ氏は南アフリカにおける反アパルトヘイト闘争のリーダーで、初の黒人大統領となった人物。1993年にはノーベル平和賞受賞者を受賞している。
 マンデラ氏が大統領に就任する以前の南アフリカは、アパルトヘイト(人種隔離政策)政策を掲げ、黒人など有色人種には十分な人権が認められていなかった。
 その方針は徹底しており、経済大国であった日本からのビジネスマンなどは「名誉白人」という扱いを得ることで、ようやく南アフリカの白人層との商談ができるという状況だった。

 弁護士であったマンデラ氏は反アパルトヘイト闘争を実施、国家反逆罪で投獄され、30年近くに及ぶ拘留生活を余儀なくされた。その後、国内でアパルトヘイト反対運動が盛り上がり、国際的な非難も高まったことから、当時のデクラーク大統領がマンデラ氏の釈放を決定。全人種共通の暫定政府樹立を宣言し、その後に行われた選挙でマンデラ氏は黒人初の大統領に選出された。

 南アフリカはその後、めざましい成長を遂げ、マンデラ氏は英雄としてたたえられている。だが、南アフリカでは、マンデラ氏に近い一部の黒人層が南アフリカの富を独占する一方で、その恩恵にあずかることができない貧困黒人層という、同一人種間の新しい差別問題も発生している。マンデラ氏は確かにアパルトヘイトを終結させた英雄ではあるが、南アフリカが抱える問題を完全に解決したわけではない。

 激しい貧富の差という新しい差別問題をどのように解決していくのか?これがマンデラ氏の次の世代に託された重い課題といえるだろう。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

merukeru00
ドイツ要人が相次いで日本の円安政策を批判。基本的には国内向けなのだが・・・

 ドイツのメルケル首相は24日、スイスのダボス会議において、日本が進める為替政策 …

no image
李明博大統領、政敵である朴槿恵氏と会談。退任後は逮捕されずに済むのか?

 韓国の李明博大統領と与党セヌリ党の次期大統領候補に指名された朴槿恵氏は2日、青 …

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …

ooigenpatu
エネルギー基本計画が閣議決定へ。各方面の要望をテンコ盛りでボヤける全体像

 自民・公明両党は、国のエネルギー政策の中長期的な指針となる「エネルギー基本計画 …

senkaku
中国の外交文書が尖閣は日本領土と記載。だが本質はそんなところにあるのではない

 中国が領有権を主張している尖閣諸島について、領有権を主張する中国側の根拠が揺ら …

hatoyama
鳩山元首相が訪中。中国による分断作戦か日本政府への隠れたラブコールか?

 今回の衆院選をきっかけに政界を引退した鳩山元首相が中国の招きで訪中することが明 …

cvn73gwyokosuka
原子力空母ジョージワシントンが米国に帰還。後継空母は何とか維持された状況

 米第七艦隊の主力空母「ジョージ・ワシントン」は2015年5月18日、米国に帰還 …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

takenaka
安部政権の経済政策に矛盾?カギを握るのは経済再生本部の竹中平蔵氏

 安倍政権が掲げる経済政策「3本の矢」の全体像が見えてきた。3本の矢のうち、成長 …

obama201301
安倍首相の早期訪米を米側が拒否。この流れは今に始まったことではない

 早期の訪米で日米安保体制の強化を図り、中国に対する牽制球にするという安倍首相の …