ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

南アフリカ、反アパルトヘイト運動の英雄マンデラ元大統領の光と影

 

 南アフリカ政府は6月23日、入院中のネルソン・マンデラ元大統領(94)の容体が悪化し、危篤状態になったと発表した。マンデラ氏は、ここ数年入退院を繰り返しており、現在は肺感染症の再発で再び入院していた。

 マンデラ氏は南アフリカにおける反アパルトヘイト闘争のリーダーで、初の黒人大統領となった人物。1993年にはノーベル平和賞受賞者を受賞している。
 マンデラ氏が大統領に就任する以前の南アフリカは、アパルトヘイト(人種隔離政策)政策を掲げ、黒人など有色人種には十分な人権が認められていなかった。
 その方針は徹底しており、経済大国であった日本からのビジネスマンなどは「名誉白人」という扱いを得ることで、ようやく南アフリカの白人層との商談ができるという状況だった。

 弁護士であったマンデラ氏は反アパルトヘイト闘争を実施、国家反逆罪で投獄され、30年近くに及ぶ拘留生活を余儀なくされた。その後、国内でアパルトヘイト反対運動が盛り上がり、国際的な非難も高まったことから、当時のデクラーク大統領がマンデラ氏の釈放を決定。全人種共通の暫定政府樹立を宣言し、その後に行われた選挙でマンデラ氏は黒人初の大統領に選出された。

 南アフリカはその後、めざましい成長を遂げ、マンデラ氏は英雄としてたたえられている。だが、南アフリカでは、マンデラ氏に近い一部の黒人層が南アフリカの富を独占する一方で、その恩恵にあずかることができない貧困黒人層という、同一人種間の新しい差別問題も発生している。マンデラ氏は確かにアパルトヘイトを終結させた英雄ではあるが、南アフリカが抱える問題を完全に解決したわけではない。

 激しい貧富の差という新しい差別問題をどのように解決していくのか?これがマンデラ氏の次の世代に託された重い課題といえるだろう。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

obama00001
日本人はオバマ大統領が大好きだが、向こうは無関心。このギャップがもたらす危険な未来

 日本人のオバマ大統領に対する支持率が極めて高いことが明らかになった。ライフネッ …

no image
元外交官の佐藤優氏がはからずも明らかにした外務官僚の驚くべき怠慢

 野田首相が突然解散を決定したことで、日本外交に混乱が生じている。  日本とロシ …

futenma
とうとう動き出す?普天間基地の辺野古移設。背後にカジノ誘致との噂

 沖縄県を地盤とする自民党の国会議員5人が11月25日、米軍普天間飛行場の辺野古 …

boueishou
防衛相も知らない自衛隊の極秘海外活動があったという報道をどう考えるか?

 陸上自衛隊の秘密情報部隊が、首相や防衛相にも知らせず海外で極秘活動を行っていた …

rio
変わるカトリック教会。ブラジルではプロテスタントに対抗して現代マーケティング手法を導入

 カトリック教会のフランシスコ新法王が就任して4カ月が経過した。性的虐待問題やマ …

yume
キリンが日本人の「夢」についてアンケートを実施。この結果から分かることは?

 キリンビール株式会社は同社のビール製品のキャンペーン活動の一環として、「日本人 …

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …

clinton
岸田外相の訪米が決定。だが米国側の最大の関心事は何と慰安婦問題?

 岸田文雄外相は8日、クリントン米国務長官と電話会談を行い、今月18日にワシント …

foxconn
アップルがパソコンの一部の国内生産に回帰。だが鴻海への丸投げは変わらず

 米アップルが自社製品の一部を米国での生産に切り替える。同社のクックCEOが6日 …