ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

南アフリカ、反アパルトヘイト運動の英雄マンデラ元大統領の光と影

 

 南アフリカ政府は6月23日、入院中のネルソン・マンデラ元大統領(94)の容体が悪化し、危篤状態になったと発表した。マンデラ氏は、ここ数年入退院を繰り返しており、現在は肺感染症の再発で再び入院していた。

 マンデラ氏は南アフリカにおける反アパルトヘイト闘争のリーダーで、初の黒人大統領となった人物。1993年にはノーベル平和賞受賞者を受賞している。
 マンデラ氏が大統領に就任する以前の南アフリカは、アパルトヘイト(人種隔離政策)政策を掲げ、黒人など有色人種には十分な人権が認められていなかった。
 その方針は徹底しており、経済大国であった日本からのビジネスマンなどは「名誉白人」という扱いを得ることで、ようやく南アフリカの白人層との商談ができるという状況だった。

 弁護士であったマンデラ氏は反アパルトヘイト闘争を実施、国家反逆罪で投獄され、30年近くに及ぶ拘留生活を余儀なくされた。その後、国内でアパルトヘイト反対運動が盛り上がり、国際的な非難も高まったことから、当時のデクラーク大統領がマンデラ氏の釈放を決定。全人種共通の暫定政府樹立を宣言し、その後に行われた選挙でマンデラ氏は黒人初の大統領に選出された。

 南アフリカはその後、めざましい成長を遂げ、マンデラ氏は英雄としてたたえられている。だが、南アフリカでは、マンデラ氏に近い一部の黒人層が南アフリカの富を独占する一方で、その恩恵にあずかることができない貧困黒人層という、同一人種間の新しい差別問題も発生している。マンデラ氏は確かにアパルトヘイトを終結させた英雄ではあるが、南アフリカが抱える問題を完全に解決したわけではない。

 激しい貧富の差という新しい差別問題をどのように解決していくのか?これがマンデラ氏の次の世代に託された重い課題といえるだろう。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

takusin
ミャンマーでタイのタクシン元首相の暗殺計画が浮上。タイと日本の共通点を考える

 ミャンマーへ訪問する予定だった亡命中のタイのタクシン元首相は6日、ミャンマーで …

jinminnippou
中国がとうとう沖縄の領有権まで主張?。米国への危険なラブコールか?

 中国共産党の機関紙である人民日報は5月8日、「沖縄の領有権についてはまだ解決し …

nenkintecho
国民年金納付率が向上。だが実態は督促の強化と、給付対象者の減少

 厚生労働省は2014年6月23日、2013年度の国民年金の納付状況について公表 …

ishiba
石破幹事長の出番がない!TPP参加は政府に一任で、反対派はいとも簡単に陥落。

 それなりの抵抗が予想されていた自民党のTPP反対陣営がいとも簡単に落城した。安 …

kaimono
これは悪いインフレの兆候?4月の消費者物価指数は庶民にとってトホホな内容

 総務省は5月31日、4月の全国消費者物価指数を発表した。生鮮食料品を除く総合指 …

yawata
大手企業が相次いでTV通販業界を侵食。背景にはガラパゴス大企業の甘えが・・・

 これまで地方に拠点を置く企業が中心となっていたテレビ通販業界に、著名な大手企業 …

usakoyoutoukei201505
5月の米雇用統計は予想外に良好。景気の停滞はやはり一時的?

 米労働省が発表した5月の雇用統計は、市場予想を大幅に上回る結果となった。このと …

koreishajiko
高齢者の自動車事故が増加しているのは、高齢者の絶対数が増えているから

 最近、高齢者ドライバーによる事故のニュースを多く目にするようになった。一部から …

kouganzai
高齢者には過度に抗がん剤を使用しないという流れに。厚労省がガイドライン

 高齢者におけるがん治療が大きく変わろうとしている。状況によっては抗がん剤の効果 …

no image
民主党政権の機密費は何と35億円。でもリッチな鳩山サンは少ないぞ!

 民主党政権発足から約3年が経過したが、これまでの間に35億2000万円の内閣官 …