ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

南アフリカ、反アパルトヘイト運動の英雄マンデラ元大統領の光と影

 

 南アフリカ政府は6月23日、入院中のネルソン・マンデラ元大統領(94)の容体が悪化し、危篤状態になったと発表した。マンデラ氏は、ここ数年入退院を繰り返しており、現在は肺感染症の再発で再び入院していた。

 マンデラ氏は南アフリカにおける反アパルトヘイト闘争のリーダーで、初の黒人大統領となった人物。1993年にはノーベル平和賞受賞者を受賞している。
 マンデラ氏が大統領に就任する以前の南アフリカは、アパルトヘイト(人種隔離政策)政策を掲げ、黒人など有色人種には十分な人権が認められていなかった。
 その方針は徹底しており、経済大国であった日本からのビジネスマンなどは「名誉白人」という扱いを得ることで、ようやく南アフリカの白人層との商談ができるという状況だった。

 弁護士であったマンデラ氏は反アパルトヘイト闘争を実施、国家反逆罪で投獄され、30年近くに及ぶ拘留生活を余儀なくされた。その後、国内でアパルトヘイト反対運動が盛り上がり、国際的な非難も高まったことから、当時のデクラーク大統領がマンデラ氏の釈放を決定。全人種共通の暫定政府樹立を宣言し、その後に行われた選挙でマンデラ氏は黒人初の大統領に選出された。

 南アフリカはその後、めざましい成長を遂げ、マンデラ氏は英雄としてたたえられている。だが、南アフリカでは、マンデラ氏に近い一部の黒人層が南アフリカの富を独占する一方で、その恩恵にあずかることができない貧困黒人層という、同一人種間の新しい差別問題も発生している。マンデラ氏は確かにアパルトヘイトを終結させた英雄ではあるが、南アフリカが抱える問題を完全に解決したわけではない。

 激しい貧富の差という新しい差別問題をどのように解決していくのか?これがマンデラ氏の次の世代に託された重い課題といえるだろう。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

kisho
気象庁が津波警報の発表方法を変更。初期段階では高さではなく「巨大」な津波と表現

 政府は3月8日、気象庁が発令する注意報と警報の上に「特別警報」を新設することを …

amiteji
アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官と …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

american02
アメリカン航空のトラブルは労働組合の自作自演の可能性が濃厚

 飛行機の座席が外れるトラブルが続出しているアメリカン航空だが、緊急着陸でフライ …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

passport
中国のパスポート領土表記問題。ベトナムが猛抗議するも現場では小遣い稼ぎをする輩も

 新しく発行が始まった中国のパスポートが大きな波紋を呼んでいる。パスポートに記載 …

kaimono
これは悪いインフレの兆候?4月の消費者物価指数は庶民にとってトホホな内容

 総務省は5月31日、4月の全国消費者物価指数を発表した。生鮮食料品を除く総合指 …

kizuna
どこか胡散臭い言葉「絆」や「安心」に込められた本当の意味

 3.11の震災以降、世の中のあちこちで多用されている「絆」というキーワード。震 …

pakugiwaku
韓国の学歴社会がもたらす、朴槿恵大統領に対する激しい怒り

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が厳しい立場に追い込まれている。支持率は10% …