ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

韓国の中高生の7割が朝鮮戦争の経緯を知らない?調査結果をめぐって韓国で大激論

 

 韓国で実施された中高生に対するアンケートで、回答者の70%が朝鮮戦争の経緯をよく分かっていないという結果が出た。朴槿恵大統領が結果に憂慮する発言をしたことも重なり、韓国内で大きな話題となっている。

 ソウル新聞が実施したこのアンケート結果が本当だとすれば、日本人からしても少々驚きだが、どうも調査結果には少しウラがあるようだ。
 朝鮮戦争は、ソ連の支援を受けた北朝鮮が韓国に侵攻したのがきっかけだが、韓国の国内では、この経緯をめぐって2つの解釈がある。ひとつは定説通り、北朝鮮が韓国に侵攻したというもので、これを韓国では「南侵」と呼んでいる。もうひとつは北朝鮮寄りの解釈で韓国が北朝鮮に侵攻したというもの。これは「北侵」と呼ばれている。

 だがこの呼び名はかなりややこしい。「北侵」が北に向かって南(韓国)が侵攻したのか、北が南(韓国)に向かって侵攻してきたのか、言葉を見ただけでは判別がつかない。中高生がミスしたのは、朝鮮戦争がどんな戦争だったのか知らないのではなく、言葉の定義を間違えている可能性が高い。
 ただ、必ずしもそうとは言い切れない一面もある。韓国のある小学生は、朝鮮戦争を日本と戦った戦争と誤解し、朝鮮戦争の退役軍人に「日本と戦ってくれてありがとう」という手紙を書いてしまったという報道もある。また朝鮮戦争は事実上の米ソの代理戦争だったが、肝心の米国でも朝鮮戦争は「忘れられた戦争」と呼ばれている。太平洋戦争とベトナム戦争という有名な戦争の狭間で、多くの人の記憶に残っていないのだ。ヘーゲル国防長官がこれを憂慮し、朝鮮戦争の記念碑に退役軍人を招くイベントも開催したほとである。
 韓国の大学受験で国史(韓国の歴史)を選択する受験生は6%程度といわれており、このことが歴史の理解にも大きく影響しているとの分析もある。

 日本と韓国は歴史認識で対立を深めているが、韓国の若い世代は、竹島の帰属問題はおろか、もっと重要な戦争の認識すら怪しいようである。日本でも若い世代の感覚は似たようなものだろう。
 歴史認識問題は、2国間の解釈の違いという横方向の対立軸に加えて、世代間による認識の違いという縦方向の対立軸も存在しているのかもしれない。

 - 政治 , ,

  関連記事

bunen
厚労省が踏み込んだ内容のたばこ白書を公表。分煙を否定し、屋内全面禁煙を提言

 厚生労働省が、屋内の100%禁煙化を目指すべきという踏み込んだ内容の「たばこ白 …

congressionalreport
米議会が日米関係の報告書を提出。尖閣問題よりも従軍慰安婦問題が重要テーマ

 安倍首相の訪米を前に米議会調査局は15日、日米関係に関する報告書を発表した。日 …

aso03
政権幹部から景気に対する慎重な見方が相次ぐ。消費増税の影響は予想より大きい?

 安倍政権幹部から、景気の先行きに対する慎重な発言が目立っている。甘利経財相が「 …

francisco1
排他的になると逆に伝統文化はダメになる。日本人が傾聴すべきローマ法王の説法

 伝統的な価値観を守るためには、新しい価値観を攻撃するのではなく、うまくバランス …

no image
検察の独善性は万国共通?韓国検察が相次ぐ不祥事を受けて改革案を策定中。

 日本と同様、絶大な権限と半ば特権的な立場が許容されている韓国の検察当局が、これ …

merukeru00
ドイツ要人が相次いで日本の円安政策を批判。基本的には国内向けなのだが・・・

 ドイツのメルケル首相は24日、スイスのダボス会議において、日本が進める為替政策 …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …

wakamono02
若者は1社での終身雇用を強く望んでいる。白書が示す若者の意識と政策のミスマッチ

 日本の雇用政策は、ライフスタイルや価値観の多様化に合わせて、柔軟な雇用形態を選 …

abetoruko
トルコとの原子力協定に疑問の声。理論的にはトルコ独自の核武装が可能に

 政府がトルコと結んだ原子力協定の内容が波紋を呼んでいる。日本側が同意すればトル …

tosho05
年金運用の株式シフトが急加速。すでに買い出動を始めている可能性も

 公的年金の運用における株式シフトが一気に進みそうな状況となっている。背景には足 …