ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府税調がスタート。だが重要な権限はすべて党税調に握られている

 

 安倍政権発足後としては初めてとなる、政府税制調査会(政府税調)の第1回目の会合が6月24日、首相官邸で開催された。グローバル企業の課税逃れ問題やマイナンバーの活用といった中長期税制改革について議論する。だが、減税の具体的な内容など、税制における中核的な部分はすべて党の税制調査会(党税調)が権限を保有しており、政府税調は長期的、大局的な議論のみに制限されることが明確になった。

 税制調査会には政府が主催する政府税調と党が主催する党税調の2つがある。
 どのような種類の税金に対して、どの程度の増減税を行うのかは国家権力の中枢であり、もっとも政治的なテーマといえる。
 消費税の導入や法人税の減税といった大きな話はもちろんのこと、個別に法人税を優遇する特別措置は100種類以上存在しており、税法のサジ加減ひとつで、どの業界を潤すことができるのか簡単にコントロールすることができる。
 このため税に関する事項は、与党にとって最大の政治利権の一つとなっている。

 このためかつての自民党政権では、これらの重要事項はすべて党税調が決定し、政府税調にはほとんど権限が与えられていなかった。かつて党税調のドンといわれた山中貞則氏は「政府税調を軽視している」との批判に対し、「軽視しているのではない。無視している」と言い放った出来事はあまりにも有名だ(本誌記事「自民党が伝統の「党税調」を復活。だがかつての税制利権につながるとの声も」参照)。
 その後、政権交代で民主党政権になり、税に関する議論は政府税調に一元化された。だが民主党が主導した政府税調はうまく機能せず、迷走が続きほとんど機能しなかった。

 今回の会合で挨拶した安倍首相は「具体的な税制措置については、与党の税制調査会において議論が行われることとなります」と述べ、政府税調には重要な権限がないことを明言した。これによって、かつての自民党の伝統的なスタイルである党税調主導の税制論議が名実ともに確立したことになる。

 議会制民主主義において、政権与党が議論の主導権を握り、それを国政に反映させることは正しいことである。だが、党税調が、税の特別措置という利権の温床であったこともまた事実である。

 安倍政権は自身が掲げた成長戦略が市場から評価されていないことを憂慮しており、秋には企業減税を柱に、追加的な成長戦略を打ち出す方針を示している。これから夏にかけて、減税の具体的な中身をめぐって、多くの駆け引きが行われることになるが、これらの複雑な交通整理は、党の税調が仕切ることになる。

 政局的な意味でも、政策的な意味でも、党税調における議論の行方には要注目といえそうだ。

 - 政治 , , ,

  関連記事

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …

koikeyuriko
小池百合子氏が都知事選に推薦なしでも出馬の意向。与党は分裂選挙の可能性

 東京都知事選が与党分裂選挙になる可能性が高まってきた。自民党の小池百合子元防衛 …

gpif201306
公的年金の運用方針見直し。ホンネは国債価格下落への対処

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は9月26日、11月の最終報告に向 …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …

obamashukinpei01
米中首脳会談が終了。新しい大国関係構築の長い交渉がスタートした

 オバマ大統領と習近平国家主席は6月8日、2日間にわたる首脳会談の日程を終了した …

shogaigenneki
厚労省が年金の維持可能性検証をスタート。全国民・生涯現役が必須要件か?

 厚生労働省は、長期間にわたって年金を維持することが可能なのかについての検証作業 …

iannfugoui
慰安婦問題で日本は全面的に譲歩。振り上げた拳を降ろしただけで交渉は終了

 日韓両政府は2015年12月28日、従軍慰安婦問題について合意に達した。旧日本 …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

no image
日米共同の離島奪還訓練が中止に。米国側も訓練に及び腰だった

 政府は、11月に行われる自衛隊と在日米軍による共同演習において、実施予定であっ …

abekenpou
憲法解釈の見直しに、何故か内閣法制局が障壁となっていた日本の不思議

 安倍首相は8月2日、内閣法制局の新しい長官に、集団的自衛権の行使に前向きとされ …