ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀岩田副総裁によれば期待インフレ率は上昇しているというが・・・・

 

 日銀の岩田副総裁は、経済紙とのインタビューにおいて、日銀の金融政策として実質金利の低下をもっとも重視するという姿勢を明らかにした。日銀の量的緩和によって予想インフレ率が上昇、これによって実質金利の低下を促し、設備投資や消費に影響を与えることができるという。

 実質金利とは名目上の金利から物価変動率(インフレ率)を引いたものを指す。現在、日本の長期金利は量的緩和によって上昇しているが、それでも0.8%台であり、歴史的に見れば極めて低い水準となっている。だが日本はデフレが続いており、これだけ低い金利でも、企業はお金を借りて設備投資を行おうとしない。

 ここで市場の期待インフレ率が2%になれば(皆が2%のインフレになると考えるようになれば)、実質金利は0.8%から2%を引いてマイナス1.2%となる。金利がマイナスということは、現金を持っていると実質的に損をするということであり、設備投資、株式、不動産などに資金が回ってくることになる。

 日銀の量的緩和はまさにこの効果を狙ったものといえる。岩田氏の見解によれば、期待インフレ率は順調に上昇しており、実質金利をマイナスにする効果が出ているということになる。もしそうだとすれば、遠からず企業の設備投資意欲も回復してくるはずだ。
 一方、この考えに賛同しない人もいる。企業が設備投資を行わないのは、日本の産業構造が制度疲労を起こしているからで、金融的な問題ではないとの考え方だ。この立場に立てば、いくら金融政策を実施しても設備投資は容易には回復しないことになる。

 どちらが正しいのかは今後の結果を見ないと分からない。ただ岩田氏の見解で少々説得力に欠けるのが期待インフレ率をどう把握するかという問題である。
 量的緩和策で株高や円安になったことをもってして期待インフレ率が高いというのは少々無理がある。株価は元来不安定な動きをするものであり、これを絶対的な指標にしてしまうと、株価が下落した場合には、一気にシナリオが崩れてしまうからだ。
 現実的には、物価連動債の利回りから予想インフレ率を算出するブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)を期待インフレ率の指標として用いることが多く、岩田氏もこの指標について言及している。だが、日本の場合、同債券の市場が十分に成熟しておらず、価格の乱高下が激しくなりやすいという問題がある。この指標をもって期待インフレ率とすることも少々危険なのである(ちなみに同債券の利回りは一時2%になったが現在は低下している)。

 期待インフレ率の議論を始めてしまうと、現在のところは、社会の雰囲気という定量的ではないものに頼らざるを得ない部分がどうしても出てきてしまうのだ。
 結局のところ、設備投資や消費が改善していることを示す具体的数値が出てくることが最大の説得材料であり、安倍首相が設備投資減税にこだわるのもそのあたりに理由がある。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

abetoben
安倍政権が解雇規制緩和を断念。これでアベノミクスは名実ともにケインズ政策となった

 安倍政権は、成長戦略の目玉と位置付けていた雇用規制緩和の導入を事実上断念した。 …

abeseichou02
安倍首相が成長戦略第2弾を発表。規制緩和を掲げるも消極的な印象。焦点は特区構想へ

 安倍首相は5月17日、都内で講演し企業の設備投資を年間70兆円台に回復させるこ …

businessman
日本経済に暗雲。1月の消費はさらにダウンし、生産見通しも悪化

 日本経済に暗雲が垂れ込めている。2015年10~12月期のGDP(国内総生産) …

euro02
キプロスが早くも資金不足。だがEUの官僚たちはそんなことは百も承知?

 総額100億ユーロ(約1兆3000億円)にのぼるユーロ圏からの支援が決定してい …

saiteichingin
最低賃金引き上げの議論が始まる。だが経営側は以前として慎重姿勢

 最低賃金の引き上げに関する議論が政府内で始まった。厚生労働省は最低賃金の目安を …

jutakuchuko
既存の住宅インフラを活用する動きが活発化。試される成熟国家「ニッポン」

 既存の住宅インフラを活用する動きが活発になっている。日本はすでに成熟型経済に移 …

setsubitousi
設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

sharp
シャープが再増資を検討中。成長戦略への自信のなさか、資本政策に奇妙な点も

 経営再建中のシャープが、再び増資を行うとの報道が出ている。今回の増資は、今後の …

marines
日本の軍事費は世界第5位に。だが自衛隊の「質」はどの程度なのか?

 スウェーデンのシンクタンク・ストックホルム国際平和研究所は4月15日、世界の軍 …