ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀岩田副総裁によれば期待インフレ率は上昇しているというが・・・・

 

 日銀の岩田副総裁は、経済紙とのインタビューにおいて、日銀の金融政策として実質金利の低下をもっとも重視するという姿勢を明らかにした。日銀の量的緩和によって予想インフレ率が上昇、これによって実質金利の低下を促し、設備投資や消費に影響を与えることができるという。

 実質金利とは名目上の金利から物価変動率(インフレ率)を引いたものを指す。現在、日本の長期金利は量的緩和によって上昇しているが、それでも0.8%台であり、歴史的に見れば極めて低い水準となっている。だが日本はデフレが続いており、これだけ低い金利でも、企業はお金を借りて設備投資を行おうとしない。

 ここで市場の期待インフレ率が2%になれば(皆が2%のインフレになると考えるようになれば)、実質金利は0.8%から2%を引いてマイナス1.2%となる。金利がマイナスということは、現金を持っていると実質的に損をするということであり、設備投資、株式、不動産などに資金が回ってくることになる。

 日銀の量的緩和はまさにこの効果を狙ったものといえる。岩田氏の見解によれば、期待インフレ率は順調に上昇しており、実質金利をマイナスにする効果が出ているということになる。もしそうだとすれば、遠からず企業の設備投資意欲も回復してくるはずだ。
 一方、この考えに賛同しない人もいる。企業が設備投資を行わないのは、日本の産業構造が制度疲労を起こしているからで、金融的な問題ではないとの考え方だ。この立場に立てば、いくら金融政策を実施しても設備投資は容易には回復しないことになる。

 どちらが正しいのかは今後の結果を見ないと分からない。ただ岩田氏の見解で少々説得力に欠けるのが期待インフレ率をどう把握するかという問題である。
 量的緩和策で株高や円安になったことをもってして期待インフレ率が高いというのは少々無理がある。株価は元来不安定な動きをするものであり、これを絶対的な指標にしてしまうと、株価が下落した場合には、一気にシナリオが崩れてしまうからだ。
 現実的には、物価連動債の利回りから予想インフレ率を算出するブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)を期待インフレ率の指標として用いることが多く、岩田氏もこの指標について言及している。だが、日本の場合、同債券の市場が十分に成熟しておらず、価格の乱高下が激しくなりやすいという問題がある。この指標をもって期待インフレ率とすることも少々危険なのである(ちなみに同債券の利回りは一時2%になったが現在は低下している)。

 期待インフレ率の議論を始めてしまうと、現在のところは、社会の雰囲気という定量的ではないものに頼らざるを得ない部分がどうしても出てきてしまうのだ。
 結局のところ、設備投資や消費が改善していることを示す具体的数値が出てくることが最大の説得材料であり、安倍首相が設備投資減税にこだわるのもそのあたりに理由がある。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

recruit
リクルートがネット通販事業に参入。だが敵は楽天とアマゾンにあらず

 リクルートホールディングスは、来年3月をめどにインターネット通販事業に参入する …

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …

aplkessan
中国向けが絶好調のアップル決算。パナやソニーの年間売上高を四半期で突破

 米アップルは2015年1月27日、2014年10~12月期の決算を発表した。売 …

uber01
ウーバーに対して世界各地で逆風。タクシーはどの国でも政治利権化しやすい?

 スマホを使った配車サービスを手がけるウーバーが、各国で営業停止などの逆風にさら …

sony
ソニーが業績見通しを大幅下方修正。同社がフツーの会社だと考えれば妥当な内容

 ソニーは2014年2月6日、2014年3月期の連結業績予想を大幅に下方修正した …

amari
まるで大政翼賛会?閣僚が名指しで企業の賃上げに言及。賃上げは本当に正しいのか?

 甘利経済再生相は5日、コンビニエンスストア大手が相次いで賃上げを表明したことを …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

softbankarm
ソフトバンクが英ARMを3.3兆円で買収。最終的な狙いは純粋な投資?

 ソフトバンクグループは2016年7月18日、英国の半導体設計大手アーム・ホール …

imf201404
米国依存が鮮明になったIMFの最新世界経済見通し。日欧の量的緩和策が次の焦点に

 IMF(国際通貨基金)は2014年4月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …

genkintorihiki
銀行取引にさらに煩雑な確認作業が必要に。だが肝心の犯罪防止効果には疑問の声も

 犯罪収益移転防止法(犯罪による収益の移転防止に関する法律)が一部改正されるのに …