ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10億の報酬をもらうゴーン氏。だが仏本国では世論に配慮し少額しかもらっていない

 

 日産自動車のカルロス・ゴーン社長は6月25日に開催された株主総会で、2013年3月期における自身の役員報酬が9億8800万円と前年とほぼ同額だったことを明らかにした。今期の上場会社役員としては最高額となる可能性が高い。

 ゴーン社長の役員報酬をめぐっては、これまでも賛否両論があった。グローバル・スタンダードにふさわしい報酬を考えれば妥当であるという意見と、日本の常識で判断すればもらい過ぎであるという意見が対立しているというのが、基本的な図式といえるだろう。

 株主価値の最大化のためには、高額な報酬も必要という考え方には一定の説得力はあるのだが、ゴーン氏がその例としてふさわしいのかは少々疑問である。
 というのも、ゴーン氏はフランスで親会社ルノーの会長も兼務しているのだが、本国では世論に配慮して高額報酬を受け取っていないからである。本国で受け取れない分を、日本でカバーしている面が大きく、少なくともゴーン氏をグローバルスタンダードの例として取り上げることは議論をミスリードしてしまう可能性がある。

 フランスでは日本と同様、経営者の高額報酬が社会問題となっており、公社については法律で報酬が制限されている。また民間企業の経営者にも同様の制限を課す動きが高まっており、各社の経営者は自由に高額報酬を受け取れる雰囲気ではない。

 ゴーン氏も同様で、実は同氏はフランスではわずかな役員報酬しか受け取っていない。2011年ゴーン氏は総額で1270万ユーロ(15億6000万円)の報酬を受け取ったが、その多くは日産からのものである。2011年はルノー本体から280万ユーロ、2012年は289万ユーロしか受け取っていないのだ。
 つまり本国では到底許容されない高額報酬を、東洋の子会社である日産からもらっているという図式なのである。しかもゴーン氏は、フランスにおいて労働組合に対し、労働時間の延長と賃金の凍結を受け入れてもらう代わりに、自身の役員報酬の受け取りの延期まで申し出ている。日本でのイメージとは異なり、組合に対してかなり甘い経営者なのだ。

 株式会社の原理原則を考えれば、役員報酬を決める最終権限を持つのは株主である。だが会社が巨大化し、株主が分散する状況では相対的に経営者側に有利になってしまう。
 株主が本当に高額報酬を認めているのであれば、社外の人間がとやかく言う話ではないのかもしれない。だが、多くの株主の声が経営に反映されていないことによって高額報酬が成立しているのだとすると、それは改善されるべき問題といえるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

tosho
国債を売って株式へ。日本に対する国際的なマネーの動きに変化が

 日本に対する国際的なお金の流れが変化し始めている。国債を売却して資金を海外に引 …

jinminginkou
まさに同床異夢。人民元変動幅の拡大で中国は元安、米国は元高を狙う

 人民元の対ドル・レートの下落が続いている。きっかけは、中国人民銀行が発表した、 …

baishuboueisaku
かつて導入された買収防衛策が次々と撤回。背景にあるのは株主のモノ言い

 かつて上場企業で導入が相次いだ買収防衛策について、撤回するケースが増えてきてい …

pakukune02
韓国の新政権が、民間から有能なトップを招へいできないワケ。

 韓国で民間から招へいした政権幹部が相次いで、就任を辞退するという状況になってい …

bukkajoushou
物価上昇の伸びは着実に鈍化。だが一方で国民はインフレを懸念

 総務省は2014年9月26日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

tosho05
株価の刻み幅を10銭単位に引き下げ。これってどういう意味があるの?

 日本取引所グループが、株価の刻み幅を現在の10分の1に縮小する方向で検討を始め …

jinminginkou
中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られ …

Warren Buffett
バフェット氏の最新の保有銘柄状況が明らかに。金利上昇と景気拡大にシフト

 米国の著名投資家であるウォーレン・バフェット氏が、IBMやGM(ゼネラル・モー …

kourioote
2月決算の小売大手決算。個人消費に多少の明るい兆しが見える

 2月決算の小売大手各社の決算がほぼ出揃った。小売各社の決算動向は、個別企業の業 …

abe20130113
安倍首相が参院選を優先しTPP交渉参加の表明を見送り。日米交渉への影響は?

 安倍首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題について、2月以降 …