ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10億の報酬をもらうゴーン氏。だが仏本国では世論に配慮し少額しかもらっていない

 

 日産自動車のカルロス・ゴーン社長は6月25日に開催された株主総会で、2013年3月期における自身の役員報酬が9億8800万円と前年とほぼ同額だったことを明らかにした。今期の上場会社役員としては最高額となる可能性が高い。

 ゴーン社長の役員報酬をめぐっては、これまでも賛否両論があった。グローバル・スタンダードにふさわしい報酬を考えれば妥当であるという意見と、日本の常識で判断すればもらい過ぎであるという意見が対立しているというのが、基本的な図式といえるだろう。

 株主価値の最大化のためには、高額な報酬も必要という考え方には一定の説得力はあるのだが、ゴーン氏がその例としてふさわしいのかは少々疑問である。
 というのも、ゴーン氏はフランスで親会社ルノーの会長も兼務しているのだが、本国では世論に配慮して高額報酬を受け取っていないからである。本国で受け取れない分を、日本でカバーしている面が大きく、少なくともゴーン氏をグローバルスタンダードの例として取り上げることは議論をミスリードしてしまう可能性がある。

 フランスでは日本と同様、経営者の高額報酬が社会問題となっており、公社については法律で報酬が制限されている。また民間企業の経営者にも同様の制限を課す動きが高まっており、各社の経営者は自由に高額報酬を受け取れる雰囲気ではない。

 ゴーン氏も同様で、実は同氏はフランスではわずかな役員報酬しか受け取っていない。2011年ゴーン氏は総額で1270万ユーロ(15億6000万円)の報酬を受け取ったが、その多くは日産からのものである。2011年はルノー本体から280万ユーロ、2012年は289万ユーロしか受け取っていないのだ。
 つまり本国では到底許容されない高額報酬を、東洋の子会社である日産からもらっているという図式なのである。しかもゴーン氏は、フランスにおいて労働組合に対し、労働時間の延長と賃金の凍結を受け入れてもらう代わりに、自身の役員報酬の受け取りの延期まで申し出ている。日本でのイメージとは異なり、組合に対してかなり甘い経営者なのだ。

 株式会社の原理原則を考えれば、役員報酬を決める最終権限を持つのは株主である。だが会社が巨大化し、株主が分散する状況では相対的に経営者側に有利になってしまう。
 株主が本当に高額報酬を認めているのであれば、社外の人間がとやかく言う話ではないのかもしれない。だが、多くの株主の声が経営に反映されていないことによって高額報酬が成立しているのだとすると、それは改善されるべき問題といえるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

no image
深刻化する欧州の失業率。その中にあってオーストリアに失業者がいないワケとは?

 欧州の雇用がさらに深刻な状況になっている。フランス政府は27日、完全失業者が1 …

no image
オークションサイトをめぐる芸能人のステマが問題に。だが巨悪は別に存在する

 ペニーオークションに関する芸能人の「ステマ」に関して批判が集中している。実際は …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

son
ソフトバンクが米3位の携帯電話会社を巨額買収したワケとは?

 ソフトバンクが米携帯3位のスプリント・ネクステルを買収する方針であることが明ら …

frb
量的緩和の縮小はいつか?今回のFOMC声明では若干表現が後退しているが・・・

 米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は7月31日、2日間の会 …

suitai
各種世界ランキングへの関心が急低下?日本経済は死の受容プロセスの3段階目か

 このところ日本が各種の世界ランキングで著しく順位を落としている。以前は、ランキ …

factory06
9月の中間決算がほぼ出揃う。円安は本当に日本の製造業を復活させているのか?

 9月の中間決算は円安を背景として、製造業を中心に好業績となる企業が目立っている …

kakusaoecd
OECDが世界の格差に関する報告書を発表。日本の課題は所得の再分配機能

 OECD(経済協力開発機構)は2015年5月21日に発表した格差に関する報告書 …

venetian
世界のカジノ王が日本に1兆円投資の用意?白熱化する日本カジノ構想

 世界最大級のカジノ運営会社ラスベガス・サンズは2014年2月24日、日本でのカ …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …