ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

これが本当の「森ビル」だ!ミラノで全面緑化ビルが完成したが、その前途は多難?

 

 イタリアのミラノで建設が進められていた全面緑化型の高層ビル2棟がこのほど完成した。低い方は高さ約80メートル、高い方は110メートルとなっており、建物の全面に緑化が施されている。使用された樹木は大型が480本、中型が250本、灌木が5000本にのぼるという。また枝のない植物(草など)は11000本用意された。

 目的はもちろんヒートアイランド現象の軽減だ。全面が樹木で覆われていると、外部との温度差を2℃緩和でき、夏と冬の冷暖房費を30%軽減できるという。
 建物の南側と北側では日照時間や風向きも異なるため、植物学者を交えて2年にわって最適な樹木の選択が行われた。
 また大量の土が建物に乗せられることになるため、通常の土では荷重オーバーになってしまう。このため重量が半分以下の特殊な土が用意されたという。

 完成直後の現在は、樹木の大きさはそれほどでもないが、順調に育ってくれば予想図のようなまさに「森」のビルが出来上がることになる。

 緑に囲まれ冷暖房費も安上がりといいことずくめのようだが、必ずしもそうとは言い切れない部分もある。緑化ビルはメンテナンスに多大な労力がかかることで知られているからだ。
 土には大量の水や微生物が存在しており、これがコンクリートなどの躯体を浸食する。定期的にレベルの高い修繕を行っていかないと、建物が劣化してしまうのだ。このビルは土の重量について考慮されているとはいうものの、不必要な重量物を高層建築物に乗せていることに変わりはない。構造力学的見地からはあまりおすすめできないという設計者もいる。
 ビル緑化が叫ばれながら、既存ビルの緑化がなかなか進まない背景には、こうした水による劣化と構造上の問題が横たわっているのだ。

 このほか、長期的には、鳥が大量に住み着いたり、害虫が発生したりと、想定されなかったトラブルが起こる可能性もある。
 新しく斬新なプロジェクトであり、あまりリスクばかり列挙してもはじまらないが、完全緑化ビルが今後、どのような課題を抱えるのかのお手本という意味では、非常に意味のあるプロジェクトといえそうだ。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

kousai20130513
日米で金利が急上昇。米国は景気拡大を反映しているが、日本はどう解釈すべきか?

 日米で長期金利が上昇傾向を見せ始めている。米国の金利上昇についは、市場関係者の …

ecb02
欧州中央銀行がとうとう量的緩和を示唆。一気にドル高が進む?

 ECB(欧州中央銀行)がとうとう量的緩和の実施に踏み切る可能性が出てきた。20 …

canadabank
英国が中央銀行総裁に外国人を登用。日銀の独立性というならこのくらいやってみろ!

 英国が中央銀行の次期総裁に外国人を任命し、市場関係者の中で驚きが広がっている。 …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …

bydcar
中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メ …

gay
同性婚の問題が政治的不安定要素として急浮上。国民大分裂の可能性も

 同性婚の問題が国際社会における政治的不安定要素として急浮上してきている。米国で …

abeicshiba201409
地方創世の具体策検討開始。だが基本戦略でコンセンサスは得られているのか?

 政府は2014年9月19日、地方創世について有識者の意見を集める「まち・ひと・ …

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

ieren201409
絶妙だったイエレンFRB議長の株高発言。金利引き上げタイミングは中立になった

 米FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長は2015年5月6日、米国株式市場 …