ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国叩きの一方で大統領自ら投資を呼び込み。フランスのちぐはぐな対応はまるで日本?

 

 フランスのオランド大統領は中国の実業家グループをエリゼ宮(大統領府)に招き、大統領みずから中国企業によるフランスへの投資を呼びかけた(写真)。
 だが現在、中国とEUは中国製太陽光パネルの関税をめぐって激しく対立しており、しかも中国側をダンピングであると避難している急先鋒はフランスである。フランスのちぐはぐな対応に、中国の実業家グループは少々困惑気味だ。

 中国の実業家グループは、世界的コンピュータ企業であるレノボ創業者、中国最大のネット企業アリババドットコム創業者などそうそうたるメンバー。オランド大統領は彼らを前に「フランス側は中国からの投資に何の恐怖心も抱いていない」と、投資を歓迎する意向を強調した。

 中国はドイツとの友好関係が深く、貿易額も大きい。ドイツのメルケル首相は何度も中国を訪問しているが、チベット問題など中国が嫌がる問題についてドイツ側はすべて棚上げするという親密ぶりだ。
 ドイツに先を越されているという批判から、オランド大統領もそれに倣って2013年4月に中国を訪問、チベット問題には一言も触れずフランス製品の売り込みに終始した。中国との関係を重視しつつも、中国訪問に併せてダライラマ氏と会談したサルコジ前大統領とは異なる姿勢を強調している(本誌記事「中国がチベット問題を黙認するオランド大統領に対して最大級のもてなしを実施」参照)。
 最近のオランド大統領は中国のことが頭から離れないのか、6月7日に日本を訪問した際は、日本のことを中国と言い間違えて、関係者を真っ青にさせる「事件」も起こしている。

 だがフランス国内の雰囲気はこれとはだいぶ異なる。フランスはドイツと異なり、海外からの投資の受け入れには消極的だ。労働組合などの既得権益層が強く反対しているからだ。太陽光パネルの価格について、フランスが激しく中国を攻撃するのも同じ理由からだ。
 最近ではフランスの著名リゾート会社が中国資本に買収されるなど変化も出てきているが、まだまだ外国アレルギーが強い状況であることに変わりはない(本誌記事「元大統領の息子が経営する著名リゾート会社を中国が買収。租税回避が真の狙い?」参照)。

 オランド大統領と会談した中国の実業家は、フランス市場に対して、政府の過剰な規制や硬直化した雇用制度に懸念があると述べている。
 外国に対する排他的な姿勢の一方で、大統領自ら投資を依頼するという、ちぐはぐな姿勢は、お金は欲しいが、自国市場は守りたいというフランス人の心理状態をよく表している。これは日本社会にもよく見られる現象である。

 外国資本は受け入れるのか受け入れないのか、対外的にはっきりさせないと、結果的に外国からの資本を効率良く集めることはできない。いい悪いは別として、お金のためなら大方のことには目をつぶるというドイツの方がスッキリしているし、実際に投資や貿易も活発になる。
 フランスや日本は国内の権益維持に敏感である一方、「自国方式は譲れないので、外国からのお金は来ていただかなくて結構です」と言い切れないところに、何ともいえない悲しさがある。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

hatake
農業の競争力強化を目指す政府系ファンドが開業。実態は衰退する農業への補償金?

 農業の競争力強化を目指す官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構」が1日開業し …

nichigin
マネーストックの伸びが5カ月連続で減少。だが追加緩和の議論は下火に

 日銀は2014年7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)を発表した。主 …

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …

uiguru
新疆ウイグル自治区でまた衝突が発生。取材制限で実態は闇に包まれたまま

 中国国営の新華社通信は6月26日、中国北西部の新疆ウイグル自治区で「ナイフで武 …

redbull
超音速ダイビングを主導したレッドブル社。最終的な狙いは宇宙ビジネス?

 オーストリア人のスカイダイバーであるフェリックス・バウムガルトナーさんが14日 …

dendokogu
法人向けアマゾンビジネスの最終目標はアスクルではなくモノタロウ?

 これまで個人の利用者を主なターゲットとしてきたアマゾンが、いよいよ法人向けのサ …

tenanmon02
天安門の自動車爆破事件。世界が危惧するシリア問題との関連性

 北京の天安門広場で、車が歩道に突入・炎上し5人が死亡した事件について、中国当局 …

nyse
ダウの高値更新でバブル論。だが、米国がバブルだというなら、日本はもっとバブルだ!

 3月6日のニューヨーク株式市場は、前日に続いて史上最高値を更新した。雇用指標が …

siniasumaho
日本のスマホ普及率予測が低いのは高齢化が原因?。それとも固定への過剰投資?

 日本のスマホ普及率が頭打ちになるという市場予測が話題となっている。米国の調査会 …

robot
グーグルが本格的にロボット市場に参入。ズバリ、その目的は軍事用途

 インターネット検索最大手の米グーグルがロボット事業を加速させている。同社は20 …