ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国叩きの一方で大統領自ら投資を呼び込み。フランスのちぐはぐな対応はまるで日本?

 

 フランスのオランド大統領は中国の実業家グループをエリゼ宮(大統領府)に招き、大統領みずから中国企業によるフランスへの投資を呼びかけた(写真)。
 だが現在、中国とEUは中国製太陽光パネルの関税をめぐって激しく対立しており、しかも中国側をダンピングであると避難している急先鋒はフランスである。フランスのちぐはぐな対応に、中国の実業家グループは少々困惑気味だ。

 中国の実業家グループは、世界的コンピュータ企業であるレノボ創業者、中国最大のネット企業アリババドットコム創業者などそうそうたるメンバー。オランド大統領は彼らを前に「フランス側は中国からの投資に何の恐怖心も抱いていない」と、投資を歓迎する意向を強調した。

 中国はドイツとの友好関係が深く、貿易額も大きい。ドイツのメルケル首相は何度も中国を訪問しているが、チベット問題など中国が嫌がる問題についてドイツ側はすべて棚上げするという親密ぶりだ。
 ドイツに先を越されているという批判から、オランド大統領もそれに倣って2013年4月に中国を訪問、チベット問題には一言も触れずフランス製品の売り込みに終始した。中国との関係を重視しつつも、中国訪問に併せてダライラマ氏と会談したサルコジ前大統領とは異なる姿勢を強調している(本誌記事「中国がチベット問題を黙認するオランド大統領に対して最大級のもてなしを実施」参照)。
 最近のオランド大統領は中国のことが頭から離れないのか、6月7日に日本を訪問した際は、日本のことを中国と言い間違えて、関係者を真っ青にさせる「事件」も起こしている。

 だがフランス国内の雰囲気はこれとはだいぶ異なる。フランスはドイツと異なり、海外からの投資の受け入れには消極的だ。労働組合などの既得権益層が強く反対しているからだ。太陽光パネルの価格について、フランスが激しく中国を攻撃するのも同じ理由からだ。
 最近ではフランスの著名リゾート会社が中国資本に買収されるなど変化も出てきているが、まだまだ外国アレルギーが強い状況であることに変わりはない(本誌記事「元大統領の息子が経営する著名リゾート会社を中国が買収。租税回避が真の狙い?」参照)。

 オランド大統領と会談した中国の実業家は、フランス市場に対して、政府の過剰な規制や硬直化した雇用制度に懸念があると述べている。
 外国に対する排他的な姿勢の一方で、大統領自ら投資を依頼するという、ちぐはぐな姿勢は、お金は欲しいが、自国市場は守りたいというフランス人の心理状態をよく表している。これは日本社会にもよく見られる現象である。

 外国資本は受け入れるのか受け入れないのか、対外的にはっきりさせないと、結果的に外国からの資本を効率良く集めることはできない。いい悪いは別として、お金のためなら大方のことには目をつぶるというドイツの方がスッキリしているし、実際に投資や貿易も活発になる。
 フランスや日本は国内の権益維持に敏感である一方、「自国方式は譲れないので、外国からのお金は来ていただかなくて結構です」と言い切れないところに、何ともいえない悲しさがある。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

obamacare
まるで日本の電子政府!オバマケアの中核となるWebサイトでトラブル連発

 米国の医療保険制度改革(いわゆるオバマケア)の中核となるWebサイトが不具合を …

MADEINUSA
米国で進む製造業回帰。背景にあるのは新興国の労働コストとシェールガス革命

 米国で製造業への回帰が進んでいる。主役となっているのは重電や化学などいわゆる重 …

bitcoin
ビットコイン消失事件をきっかけに、規制強化の動きが高まっているが・・・

 仮想通貨ビットコインが大量消失した事件に関し、取引所運営会社社長が逮捕されたこ …

foxconn02
シャープ買収の可能性が高まる鴻海精密工業は、実質的に中国企業?

 経営再建中のシャープは2016年2月4日、国策ファンドである産業革新機構ではな …

beichusenryakutaiwa2015
米中は戦略経済対話を開催。表面的には南シナ海問題で激しいバトルになっているが・・・

 米中は2015年6月23日、両国間の懸案事項について話し合う第7回米中戦略・経 …

Cambodia
最近のアジアへの移住ブーム。以前とはだいぶ様子が違ってきている

 アベノミクスが効果を上げてきていることから、日本の将来を楽観視する声も聞こえ始 …

iryouhi
自業自得患者の自己負担を上げれば医療財政が改善できるというのはまったくの幻想

 テレビ局の元アナウンサーがブログで「自業自得の人工透析患者なんて全員実費負担に …

intelbaytrail
インテル1~3月期決算。データセンター好調も、IoTはまだまだ途上

 半導体世界最大手の米インテルは2015年4月14日、2015年1~3月期の決算 …

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …

mof
安倍政権の樹立に財務省が暗躍?財務省はなぜ政界をコントロールできるのか?

 自民党の政権復帰に財務省が大きな役割を果たしたとの噂が広がっている。財務省は悲 …